京都市動物園 ヤブイヌの赤ちゃんグラウンドデビュー
3月20日、京都市動物園のヤブイヌ ケンタとコモモの赤ちゃんが、グラウンドデビューしました。

園でひらかれていたイベントのNPOブースを訪問した際、その日の朝に出てきたことをリッピさんに教えていただきました。
その後ヤブイヌ舎前で粘って見ていました。

20日に園を出た後、別の用事から飲み会に行って深夜帰宅、翌日もまた別の動物園に出かけたりしているうちに、動物園のブログ記事や、リッピさんの記事に先を越されてしまいました。

親が赤ちゃんをくわえて連れ出してくるところ


親を追いかけて自分で出てきたところ


網が厳しすぎ~
おうちの入口の前だけでいいのでアクリル板にしてほしいなー

赤ちゃんの話ではないですが、おもしろいと思ったのはヤブイヌの走るリズムは3拍子みたいなんですよね。
横で観察されていた飼育員さんが、走る姿に合わせて「ズンタッタ ズンタッタ ♪」と口ずさんでおられたのですが、妙に合っていました。ヤブイヌを観察される時にはお試しを~
by rakudateikoraku | 2010-03-21 23:16 | 食肉目 | Comments(2)
Commented by asitaharedayo at 2010-03-22 00:11
ワルツなんだぁ~^^
今日は寒かったのか何度か見に行っても出ているところには遭遇できませんでした。
Commented by rakudateikoraku at 2010-03-22 00:33
リッピさん、お疲れ様です。
そうですか、昨日はラッキーでしたね!飼育員さんが皆喜んでおられたのがとても印象的でした。
ヤブイヌさんの走りに3拍子をあわせるのは、実はちょっとコツが要ります。ズン「タッター」が詰まり気味というか。。。あの方のは絶妙でした。
<< ぼさぼさ。 ファーストコンタクト >>



ASPアクセス解析