日本のウォンバットさんたちに会う旅 ~ その1 五月山
日本のウォンバットさんはとても少なくなってしまいました。
以前だと九州、関東にもいらっしゃったのですが、現在は関西・中部の3園のみで暮らしています。
まだお会いしていない方がいるので、ふと全員にお会いしておかねばと思い、旅に出ました。

※この機会なので公知の情報もまとめていますのでご了承ください。

最初に訪れたのは、普段からお世話になっている五月山動物園です。
小さな入園無料の動物園ですが、ウォンバットの飼育にとても力を入れていて、ウォンバットの繁殖にオーストラリア以外で始めて成功した業績(1992年)も残しています。

まず、一番フクちゃん♂(2004年生まれ)。
c0188824_03261096.jpg

ウォンバットさんのふだんの歩き方は、とことこと練り歩く感じですが、
c0188824_03312373.jpg
c0188824_03350830.jpg
身体が浮いているように見えるくらい、軽快に走っていることもあります。
c0188824_03374181.jpg

若くて元気な男子なので、自分のグラウンドや寝室に入ってくる飼育員さんに対して縄張り意識とかもありますが、
その飼育員さんにカキカキしてもらうのも大好きで、その場所で待っていたりします。
c0188824_03402395.jpg

かわいい欠伸。
c0188824_03424053.jpg
フクちゃんのあくびはふだんからよく見れますが、ベロ出しはこの日初めて見ました。
c0188824_03435169.jpg
日向で眠くなってきたようです。
c0188824_03443942.jpg

次は、丸いお顔がチャーミングなワインくん(1989年生まれ)です。ウォンバットは飼育下では寿命20年程度と言われているのでかなりのお年寄り、飼育下の最年長です。
c0188824_03505635.jpg

ワインくんのグラウンドは、春にはデイジーの花がたくさん咲きます。
その中をのんびり歩くワインくん。
c0188824_03540822.jpg
c0188824_04035086.jpg

このトンネルの周りを回るのがワインくんのお気に入りの散歩コースのひとつです。
c0188824_03593955.jpg
c0188824_03574174.jpg

血気盛んなフクちゃんのグラウンドを掃除するときは、先にフクちゃんをお部屋に収容しておかなければなりません。しかし、穏やかなワインくんは、横で飼育員さんが掃除していても特に気にしていません。
c0188824_04020545.jpg
身体を左右に揺すりながら歩くのですが、特にカーブを曲がる時に身体を傾ける姿が、私は大好きです。
c0188824_04063823.jpg

最後に、ワンダーさん♀(1989年生まれ)。
小柄な身体と大きなお耳。
c0188824_04103541.jpg
ワインくんとご夫婦で、現在はワインくんと隣あったお家で過ごしています。
c0188824_04260106.jpg
可愛いおばあちゃんです♪
c0188824_04114240.jpg
春の日差しを浴びて、芝生の上でのんびり~
c0188824_04135332.jpg
突然ワンダーさんが平たくなったのでびっくり。
この写真が歪んでいるのではなく、伏せの姿勢だとこれくらい平たく、低くなります。
c0188824_04152395.jpg

のびをしてるみたいです。気持ちよさそうなお顔。
c0188824_04155130.jpg
痒いところを後ろ足でカキカキ。胸元でも前足を使わず(使えず?)後ろ足でかきます。
c0188824_04182301.jpg
ワンダーさん活発に歩き回っています。
c0188824_04213684.jpg
訪問した日は見れませんでしたが、このワインくんのグラウンド沿いに早いスピードで走っていることもあります。
c0188824_04221995.jpg


個性的な3頭のウォンバットさんたち。これからも元気でいてくださいね。
(4月29日撮影)


by rakudateikoraku | 2016-05-07 04:28 | 有袋類 | Comments(0)
<< 日本のウォンバットさんたちに会... 王子のシマウマ 風ちゃんと、最... >>



ASPアクセス解析