続:大森山のトナカイさんを元気にするために:その2 母子で水泳
大森山のトナカイさんを訪ねる旅、この記事の続きです。

その時に水に入ってくれたのはサクラさんでした。
今年になって元気くんが生まれて、いつも赤ちゃんと一緒にいるサクラさんを池に連れていってあげることはできなくなっていました。
元気くんはグラウンドに置いた小さいプールに入ってくれるのですが、サクラさんはなぜか怖がってこのプールに入ろうとしません。
サクラさんと元気くん2頭一緒に池に泳ぎに行けたら。。。

実は私が訪問する数日前に初めて2頭で泳いだということでしたが、この日2回目の試行を見学しました。

飼育員さんがグラウンドにやってくると、池の方に行きたいサクラさんはもうお待ちかねです。
元気くんはママにいつもぴったりくっついています。
c0188824_00221366.jpg
c0188824_00225832.jpg
池との間を移動するため、サクラさんの頭絡にリードをつけます。
c0188824_00244871.jpg
元気くんは頭絡ではなく、子犬用の首輪をつけています 笑
c0188824_00254041.jpg
ではみんなで池の方までお散歩です♪
c0188824_00262651.jpg
そこが快適な場所だと覚えているので、無理に引っ張っていかなくても、サクラさんはついてきてくれます。
元気ちゃんはママにくっついていきます。

c0188824_00265137.jpg
c0188824_00291243.jpg

トナカイたちと見学のお客さんとともに、「とりっこの水辺」から奥に入っていきます。

c0188824_00374106.jpg
c0188824_00401015.jpg
水辺まで連れてきたらリードをはずして見守ります。
c0188824_00442403.jpg
c0188824_00460615.jpg
ひとりでどんどん池に入っていくサクラさん
c0188824_00471572.jpg
c0188824_00472559.jpg
ママどこいくの?
c0188824_00475600.jpg
慌ててついていく元気くん
c0188824_00484670.jpg
c0188824_00495287.jpg
なぜか、サクラさん岸の方をガン見しています。
c0188824_00544307.jpg
あれ?サクラさん、こちらの方へ急旋回してきます。
c0188824_00554593.jpg
それを懸命に追いかける元気ちゃん
c0188824_00573617.jpg
上陸してきました
c0188824_00581029.jpg
どうも、飼育員さんが持っていたペレットに気がついてしまったからだったようです。
このペレットの本来の使い道は、対岸に渡ったトナカイさんを呼び戻すためです。(参考: 去年の記事)
c0188824_01001914.jpg
動画でどうぞ

一度は成功したと聞いてはいましたが、まだ生後2ヶ月の元気くんが、躊躇なくサクラさんについて泳いでいく様子には驚かされました。

またサクラさんも、後ろをふりかえる様子もなくどんどん進んでいくのがすごいです。
柴田飼育員によると、群れで行進する性質のトナカイにも個体によって個性があるそうです。サクラさんと異なり、ルドルフくんや雁木さんは、
自分から水に入っていくことはないが、飼育員や他のトナカイ個体が池に入っていくとついていくのだそうです。
そうすると、サクラさんは天性のリーダー型、頼もしいママさんですね~

つづく
(8月15日撮影)

by rakudateikoraku | 2016-08-18 03:20 | 偶蹄目 | Comments(0)
<< 続:大森山のトナカイさんを元気... 続:大森山のトナカイさんを元気... >>



ASPアクセス解析