<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
フーシ君の偵察 2
飼育員さんのスパルタ教育も緩急があるようで(笑)、この日はお部屋への戸が開放されていました。そのため、ほとんどの時間フーシ君は部屋にこもったままでした。
でも、園内をまわってから戻って見てみると、放飼場においてあった肉もいつのまにかなくなっていたので、気の向いた時に出てきていたようです。次に通りかかった時にしばらく粘っていると、入口付近に気配が。。。
(2010年2月14日撮影)

c0188824_1172144.jpg

c0188824_1174753.jpg
c0188824_118695.jpg

c0188824_1202680.jpg


表に出てきたら陽が差して暖かいのに、そんなところであくびをしているなんてもったいない。。。
c0188824_1192319.jpg


しばらく根競べが続きそうですね。。。
c0188824_1182947.jpg

by rakudateikoraku | 2010-02-15 01:23 | 食肉目 | Comments(0)
フーシ君の偵察
この日も部屋への戸を閉められてしまった、フーシ君。昼ごろになって偵察に出かけました
(2010年2月13日撮影)

c0188824_0543350.jpg


c0188824_0544893.jpg


c0188824_0534458.jpg


ガラス面まで出てきました。用心深くゆっくりです。表側ではお客さんがへばりついて見ているのですが、そちらの視線はあまり気になっていないようです。
c0188824_0562495.jpg


放飼場のすみずみまで歩いてみる
c0188824_0574770.jpg


上の方も。。。
c0188824_0583585.jpg


ここまで登りましたが、すぐ戻っていきました。
c0188824_059514.jpg


行動半径はかなり広がったものの、どこまでも用心深い様子がお客さんの笑いを誘っていました。
リラックスしてくれるにはもう少し時間がかかりそうですね。
by rakudateikoraku | 2010-02-15 01:02 | 食肉目 | Comments(0)
2本の嘴
クロエリセイタカシギさん
c0188824_2223031.jpg

先端恐怖症の人にはたまらない絵かも。。。
上等なお箸のように、あの細いくちばしの一番先まで、ぴしっと合わさっているのが美しいです。

ナベヅルさん
c0188824_2393833.jpg

この方の上くちばしは折れたそうです。ネットを検索してみてもその話は何年も昔のことのようで、これまで生き抜いてこられたのですね。そのたくましさは、セイタカシギさんとは違う美しさです。
by rakudateikoraku | 2010-02-14 23:26 | | Comments(0)
おっさん マーズ
c0188824_82250.jpg


マレーグマのマーズくん、お客さんが少ない冬の日で気が緩んだか、陽だまりの中でおっさん臭く座り込んでました。でも、お客さんが集まり始めると、気まずそうに?ゆっくり歩きはじめました。
by rakudateikoraku | 2010-02-14 08:25 | クマ科 | Comments(0)
これでもあくびです
c0188824_04632.jpg

天王寺動物園にやってきたウンピョウのフーシ君のあくびです。
すごい犬歯ですね。ウンピョウさんの犬歯はネコ科の中でもっとも長いそうですよ。

新しい環境に徐々に慣れてもらうため、2月6日に訪問した時には、放飼場とお部屋の間が開放されていたのですが、怖いのか寒いのか、フーシ君は部屋の中にこもったままでした。飼育員さんがちょっと挑発されたとき一瞬顔を出した様子をchiroさんが紹介されています。

続けて2月7日に訪問した時には、放飼場に置かれたエサの肉を食べに出たときに、飼育員さんがお部屋との間の戸を閉めてしまい、部屋に戻れなくなってしまいました。スパルタですねー

とても用心深く、お部屋の入り口と戸の間のすごく狭いところに身を隠して、陰から外の様子をうかがっていました。寒い日なので細かくふるえていました。
c0188824_0391962.jpg


粘ってじっと見ていると、少し首を伸ばしてまわりの様子を観察し始めました。
さらに粘ってみていると、お部屋の入口から半径50cmくらいの範囲で、外に出て様子をうかがって、また入口の隙間に戻るというのを繰り返していました。おかげで全身の美しい姿を見ることができました。
神秘的な雰囲気です。
c0188824_115390.jpg

c0188824_0495656.jpg

c0188824_0455943.jpg


すこしづつ慣れていってくれるよう、驚かさずに静かに見守ってあげたいですね。

(2009年2月7日撮影)
by rakudateikoraku | 2010-02-09 01:11 | 食肉目 | Comments(4)
アヒル軍団のご帰宅
c0188824_0443773.jpg


姫路市立動物園には、たくさんのアヒルさんが暮らしています。

奥のふれあい広場。子どもさんが追い掛け回しています(汗)
c0188824_0482835.jpg


入口を入ったすぐの池。8羽もいらっしゃいました。来るたびに増えているような気がします。。。
c0188824_0461826.jpg

c0188824_0451921.jpg


この入口の子たちは、飼育員さんがお迎えにきて、毎朝自分で歩いておうちからここに出勤してきて、夕方にはおうちに歩いて帰るのです。
この通勤の話を聞いていて前から見たかったのですが、この日うまい具合にその場面に出くわすことができました。(1月31日撮影)


時間は決まっていないそうですが、夕方池のところで待っていたら見れるかもしれませんよ。
でも、アヒルさんはゆっくり歩いて帰りたいそうですから、見かけても追いかけたりしないでね。
by rakudateikoraku | 2010-02-05 00:58 | アヒル | Comments(0)



ASPアクセス解析