<   2010年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧
ラフちゃんに大接近 ラクダのスペシャルなガイドイベント
今日、天王寺動物園で フタコブラクダの ちょっとスペシャルなガイドイベントがありました。
c0188824_23244787.jpg


ラクダ舎はひつじ広場の奥にありますが、広場から通じる通路(下の写真)は閉ざされています。これは安全管理上の理由からです。
ああ見えて(フタコブ)ラクダさんは、家畜として飼育されていても気性が荒いと言われています。ひどい時は回し蹴りやキバで噛むとか、危害を加えてしまうこともあります。その上非常に身体が大きく重い動物です。
ラクダさんと仲良くなるには慎重になる必要があるのですね。
c0188824_2372197.jpg


それで、通常はラクダ舎の上の観覧路から観察しています。(下の写真)
でも今日は、ラクダ舎裏の通路の中まで入り、ラクダさんのすぐ近くで目の高さで観察できるという、特別なガイドイベントだったのです。ただし、安全のため、ジャック側まで立ち入ることは許されず、コニーさんとラフちゃん母子の側からの見学でした。
c0188824_2330289.jpg


担当キーパーさんも大変はりきって説明してくださっていました。

目が大きくて、ふわふわでかわいい~
ラフちゃんの背中の毛を少し触らせてもらいました。産毛のように細くてふわふわ~でした。
c0188824_2342993.jpg


正面から目の高さで見ると、いつも上から見ているのとだいぶ印象が違います。
ラフちゃんは背が高くてひょろひょろしていると感じていたのですが、ここで見ると
結構ぽっちゃりさんですね(^^)
c0188824_2331730.jpg

c0188824_2354268.jpg


母子の様子をすぐ近くで感じられて幸せでした。
c0188824_235067.jpg


このイベントを実現してくださった担当さんと関係者の皆さんに感謝です!
でも恒例にして欲しいです~

ところで気になる話を聞きました。
お客さんがラフちゃんにお菓子を与えてしまい、ちょっとお腹を壊していたそうです。
なんて非道いことを。。。
動物は目の前に物を差し出すと食べてしまうので、喜んで食べていると
人間は勘違いをしがちです。でも、本来食べているものとは違いますから
動物は健康を害してしまい、最悪の場合は命にかかわってしまいます。
(園の管理下で許可されている場所・方法以外は)動物園の動物には、決して食べ物
を与えたりしないでくださいね。そんなことをしようとしている人を見かけたら声をかけて
あげてください。
by rakudateikoraku | 2010-03-29 23:56 | フタコブラクダ | Comments(2)
桜のたより
c0188824_22464849.jpg


天王寺動物園のラクダ舎の上は園の中でも桜がきれいな場所のひとつです。
まだ満開ではありませんが十分きれいでした。
ただ、今日は実際には真冬のような寒さでした。。。

次の週末くらいが楽しみですね。

c0188824_22493078.jpg


c0188824_22494962.jpg


c0188824_22552862.jpg


c0188824_22512420.jpg

by rakudateikoraku | 2010-03-29 22:56 | フタコブラクダ | Comments(0)
ぬくぬく、ねむねむ
昨日は、気温こそ低かったものの、暖かい陽射しに照らされて、ガラス張りのネコ舎はぬくぬくで、みんな気持ちよくなってました。。。
c0188824_1422213.jpg


スナドリネコさん 肉球も太陽にかざしてほっこり
c0188824_14105984.jpg

c0188824_1495230.jpg


ウンピョウのフーシもうつらうつら
c0188824_14152046.jpg


次の瞬間おおあくび
c0188824_14172935.jpg

c0188824_14181231.jpg
c0188824_14182786.jpg
c0188824_14184132.jpg

この顔目がコワイです(汗)。。。

外にでていないことも多かったベンガルヤマネコさん。
小柄な姿を初めて見られたお客さんも多かったようで、「カワイイー」の声がかけられていました。
c0188824_14282653.jpg

c0188824_14285277.jpg


ネコさんを見ているうちに、観察しているこちらも気持ちよくなってきちゃいました。
by rakudateikoraku | 2010-03-28 14:33 | 食肉目 | Comments(0)
エランド ルナちゃん
1月にサファリから天王寺動物園にやってきたエランドのルナちゃん。3月の頭頃に長い検疫期間が終わったという話はお聞きしていましたが、やっと会うことができました。
(3月27日撮影)
c0188824_353350.jpg


くろしおさんの記事では、午後に練習をしていたとのことですが、この日は午前中からサバンナに出ていてましたよ。

なきごえの記事にもありましたが、とにかく食いっぷりがよい子という印象です。
片側の角の先が少し欠けて短くなっているので個体識別はたやすいです。あと、身体の茶色がナナさんよりも薄い色です。さすがに若い個体なので、目元とか頬とかのお顔が若いですね。
c0188824_3411146.jpg


少し寂しくなっていた天王寺のサバンナがまた賑やかになりました。
でも、ひとりぼっちだったナナさんがまた元気になったのが、何よりもうれしいです。
c0188824_3574217.jpg


最近は脚も悪くなり最近はサバンナの端の方で座ってじっとしている姿を見ることが多かったのですが、今日はルナちゃんといっしょに行動し、サバンナ内のあちこち広い範囲に移動したりしていました。

c0188824_3513217.jpg

c0188824_3515296.jpg

c0188824_3522066.jpg

by rakudateikoraku | 2010-03-27 23:59 | 偶蹄目 | Comments(0)
ラフちゃんはどこ? ラクダの赤ちゃん生後14日目
(3月21日撮影)
天王寺動物園のラクダ舎を訪れてみると、あ、ラクダの赤ちゃん ラフちゃんが見あたりません!
c0188824_045434.jpg


実は、コニーさんのコブの陰に隠れていました。
きっと、コニーさんがジャックや人間たちから隠そうとしていたのだと思います。
実際、入場口側からラクダ舎に上がってきたお客さんたちが、ラクダ前を通り過ぎたところで初めてラフちゃんに気がつき、口々に驚いていました。
c0188824_047527.jpg


でも、こんなところ見ていると、また先日のように下敷きにならないかとヒヤヒヤしてしまいますが、
コニーさんも要領はわかってきたみたいで、母子とも落ち着いていました。
c0188824_0514362.jpg


仲睦まじい母子です。
c0188824_058872.jpg

c0188824_0582311.jpg


ラフちゃん、来るたびに大きくなっているような気がします。
担当さんも「1日休んで出てきたら大きくなっている」っておっしゃっていました。
授乳の具合も今週になってよくなってきているように感じました。一回の授乳時間がすごく長くなっていますし、
授乳中に母子がシッポをぶんぶん振っていて、ごきげんな感じでした。

早くも、グラウンドの草や干草を口にして噛んでいる様子が観察されました。ただ、まだうんちは母乳ベースということで、まだ草を実際に食べて消化するところまではいっておらず、母親の様子をまねて草を食べる練習をしているのではないかということでした。
by rakudateikoraku | 2010-03-23 01:07 | フタコブラクダ | Comments(0)
シマウマ ラブちゃんの来園2
開花が発表された翌日に訪問した王子動物園では、桜が咲き始めていました。
気象庁が桜の開花を判断する「基準木」は王子動物園の中にあるそうですから確実です。
c0188824_0232019.jpg


さて、先日の記事に書いたチャップマンシマウマのラブちゃん、目隠しの間から顔を見せてくれました。
すごく落ち着いた様子でした。
西側の凪斗ちゃんがいる側との間もヨシズが立てられているのですが、早速ご両人はヨシズをはさんでお互いの様子を感じているようでした。

c0188824_0284094.jpg


c0188824_032113.jpg

by rakudateikoraku | 2010-03-22 23:59 | 奇蹄目 | Comments(0)
オメガ
c0188824_1252070.jpg


動物のお口のカワイさを愛でる人達は、口吻のことをオメガと呼びます。
要は (^ω^) ということですね。
先日、オメガの写真集を出された方の様子をTVで見ましたが、ご夫婦で撮影に出かけられ、ωを美しく撮るために奥様がレフ板を立てたりしている様子に圧倒されました。

正しいオメガ写真は、口のところにピントが合わせるそうです。動物写真の鉄則として目にピントを合わせるのとは全くの正反対の方向性です。
これを撮っている時はオメガ写真を目指していたのですが、つい常識が邪魔をしてしまいましたね。

ところで、ケープハイラックスさんは、イワダヌキ目になるのですね。
カテゴリをつけようとして、初めてそんなのがあるのを知りました。
by rakudateikoraku | 2010-03-22 01:27 | イワダヌキ目 | Comments(0)
おとこまえ フーシ
c0188824_0552965.jpg


草陰に身を潜めて(いるつもり)
c0188824_0542155.jpg


うるうる
c0188824_0535649.jpg

あのケージの配置でこの角度からお顔を狙うのは、いろいろと大変です。。。

フーシ君、慎重な様子はあいかわらずですが、最近はあまりピリピリとした感じはなくなってきましたね。

ところで、ズーラシアからお嫁さんとなる「にゃんこ」ちゃんが来てくれていますね。
ウンピョウは単独行動をする動物だそうですから、バックヤードでもまだお見合いはしていないかもしれません。仲良く暮らしてくれたらいいですね。
by rakudateikoraku | 2010-03-22 01:15 | 食肉目 | Comments(0)
ぼさぼさ。
c0188824_0363332.jpg


ツル舎を覗いてみたら、昨年生まれたカンムリヅルの赤ちゃんです。
先日、この記事でカッコよくキメていたのと同じ子とは思えません(汗)

いままでは両親と三羽で暮らしておられたのが、今日見たときは赤ちゃんだけ別のケージに分けられていました。きっとひとり立ちの日が近づいているのでしょうね。
by rakudateikoraku | 2010-03-22 00:44 | | Comments(0)
京都市動物園 ヤブイヌの赤ちゃんグラウンドデビュー
3月20日、京都市動物園のヤブイヌ ケンタとコモモの赤ちゃんが、グラウンドデビューしました。

園でひらかれていたイベントのNPOブースを訪問した際、その日の朝に出てきたことをリッピさんに教えていただきました。
その後ヤブイヌ舎前で粘って見ていました。

20日に園を出た後、別の用事から飲み会に行って深夜帰宅、翌日もまた別の動物園に出かけたりしているうちに、動物園のブログ記事や、リッピさんの記事に先を越されてしまいました。

親が赤ちゃんをくわえて連れ出してくるところ


親を追いかけて自分で出てきたところ


網が厳しすぎ~
おうちの入口の前だけでいいのでアクリル板にしてほしいなー

赤ちゃんの話ではないですが、おもしろいと思ったのはヤブイヌの走るリズムは3拍子みたいなんですよね。
横で観察されていた飼育員さんが、走る姿に合わせて「ズンタッタ ズンタッタ ♪」と口ずさんでおられたのですが、妙に合っていました。ヤブイヌを観察される時にはお試しを~
by rakudateikoraku | 2010-03-21 23:16 | 食肉目 | Comments(2)



ASPアクセス解析