<   2016年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ウンピョウ ショウくんの登場
ウンピョウ ショウくん(13歳)がズーラシアから3月22日に天王寺にやってきてくれました。

以前に暮らしていたフーシくんが2013年6月に亡くなって以来、天王寺にはウンピョウが不在になっていたので
ショウくんに会えるのを凄く楽しみにしていました。
そして、4月25日の園のFacebookページ記事で、ショウくんに展示場に試しに出てもらったこと、そして4月26日から
展示を開始することが発表されたのです。
ウンピョウはとても用心深い動物です。上述のFacebook記事にも一日中警戒していたとあります。
以前いた仔たちもも展示場に登場するまではかなりの日数を要していたので、
行っても会えないかもと思いながら、念のため様子を見に行ってきました。
(4月26日撮影)
朝開園直後にヤマネコ長屋に行ってみると、スナドリネコ、ベンガルヤマネコはすでに展示場に出ていました。
ウンピョウの姿はありませんが、展示場内のあちこちに肉が置いてあります。
c0188824_18231429.jpg
c0188824_18242141.jpg

しばらく待っていると、ショウくんが飛び出してきました。
興奮している様子で、強く警戒しています。

c0188824_18253909.jpg
置いてある肉はにおいをかいで確認はしていましたが、舐めたり食べたりはせず通過。
c0188824_18292053.jpg
c0188824_18312023.jpg
激しく警戒しながらグラウンド中を歩き回ります。
c0188824_18343941.jpg
c0188824_18363999.jpg
ガラス面までやってきました。
c0188824_18382677.jpg
c0188824_18391229.jpg
岩棚の洞に入ってみました。警戒は解いてませんが、ちんまり。
c0188824_18412133.jpg
しかしまだ落ち着いていません。
c0188824_18430753.jpg
c0188824_18432682.jpg
その後も、放飼場のあちこちを探索していました。
c0188824_18443628.jpg
c0188824_18455544.jpg
c0188824_18470219.jpg
ちょっと怒られました。ごめんね。

c0188824_18482346.jpg
でもガラスのこちら側の様子に関心があるようです。
c0188824_18492307.jpg
c0188824_18500746.jpg
c0188824_18520671.jpg
このひげが跳ね上がったひげはウンピョウの表情の魅力のひとつですね。。
c0188824_18540276.jpg
結局私が滞在している間に肉に手をつけたところは見れませんでした。
c0188824_18570170.jpg
ちょっと落ち着いてきたみたいです。少し探索の視野が広くなってきました。
c0188824_18531097.jpg
ときどき周りに警戒の目を飛ばすけれど、
c0188824_18592408.jpg
自分の身体をなめて手入れする余裕も出てきました。
c0188824_19002136.jpg
岩棚の場所いっぱい使ってのび~
c0188824_19015336.jpg
そんなことを繰り返して、最後はウトウトし始めたのでした。
c0188824_19024446.jpg
私はこれを見届けて、11時頃園を離れました。

警戒心の強いショウくん、早くこの場所に慣れて、少しでもリラックスできるようになりますように。
観察される方は、静かに見守ってあげてくださいね。
(4月26日撮影)

by rakudateikoraku | 2016-04-26 19:08 | 食肉目 | Comments(0)
ネコにまたたび、マレーグマに樫?
天王寺のマレーグマさんたちが、ゾウ舎に生えているアラカシ(荒樫、カシの一種)の生枝葉をプレゼントしてもらいました。
早速寄ってきました。彼らはこれが大好きなのです。
c0188824_02425713.jpg
嬉しそうな顔のマーサちゃん。
c0188824_02434686.jpg
枝葉をもらうとよくこの態勢になります。一番ラクなのかな。
c0188824_02460235.jpg
マーズくん(左)、マーサちゃん(右)、2頭とももううっとりと夢中に~
c0188824_02483457.jpg

マーサちゃんの食べる様子を見てみましょう。

その後ろ足はなぜ? 笑
c0188824_02495904.jpg
c0188824_02510513.jpg
c0188824_02521055.jpg
うっとり。。。
c0188824_02523691.jpg
c0188824_03010849.jpg

お顔がデレデレです 笑
c0188824_02542141.jpg
だから、なぜその後ろ足?
c0188824_02545682.jpg
もりもり食べるマーサちゃん、もうご満悦です♪
なぜかジャズダンスかヨガのようなポーズになるのが笑えます。
c0188824_02583055.jpg
マーズくんも、明らかにいつもと違うスイッチが入った、陶酔の表情でした。
c0188824_03030309.jpg
c0188824_03033236.jpg
c0188824_03035045.jpg
c0188824_03040466.jpg
生枝葉が美味しいという以外に、ネコにまたたびのように、この木には何か特別な成分があるのではないか
と思うくらいに喜んでいましたよ。

(4月24日撮影)

by rakudateikoraku | 2016-04-26 03:07 | クマ科 | Comments(0)
京都のヤブイヌ パパヤちゃんの赤ちゃん その3~ぼくらは家族
京都のヤブイヌの赤ちゃん パパマルちゃんの4月17日の様子、この記事この記事のつづきです。

密林のように草が生い茂ったヤブイヌ舎のグラウンドは、興味深いものでいっぱい。
パパマルちゃん、あちこち探って遊んでいました。
c0188824_01282421.jpg
c0188824_01442462.jpg
c0188824_01283949.jpg
c0188824_01300634.jpg

両親が奥のパドックに戻ってもついていかずにひとりで遊んでいる時もあります。
c0188824_01311885.jpg
両親が戻ってくるとお互いを確認
c0188824_01315774.jpg
楽しかったことを報告しているのかな? 熱心に様子をうかがうパパヤちゃんとデンマルくん。
c0188824_01331449.jpg

甘えてくるパパマルちゃんを受け止めるパパヤちゃんとデンマルくん。
ちゃんと親の顔をしていることに感動しました。
c0188824_01483468.jpg
優しいママです。
c0188824_01502969.jpg
c0188824_01511416.jpg

男の子と向き合うパパは、やっぱりパパの顔をしています。

c0188824_01455087.jpg

ずんずん進むデンマルくんについていくパパマルちゃん
c0188824_01552412.jpg
パパについて土管を登っちゃいます
c0188824_01554870.jpg

それを優しく見守るパパヤちゃん
c0188824_01564770.jpg

小さくても、もう、立派な群れの一員です♪
c0188824_01390402.jpg

パパマルちゃんは、鶏頭などの肉をもう食べているそうです。
これからものすごいスピードで成長していく赤ちゃんの様子から目が離せません。
(4月17日撮影)

by rakudateikoraku | 2016-04-20 01:58 | 食肉目 | Comments(0)
京都のヤブイヌ パパヤちゃんの赤ちゃん その2
京都のヤブイヌの赤ちゃん パパマルちゃんの4月17日の様子、この記事のつづきです。

ヤブイヌ舎のグラウンドを走り回るパパマルちゃん。
c0188824_23461938.jpg
c0188824_22370245.jpg
子犬の身体に見合わない大きな起伏や障害物をものともせず跳び越えていきます。
c0188824_23421084.jpg
c0188824_23425532.jpg
こんな段差だって登れるよ♪
c0188824_23483892.jpg
c0188824_23502807.jpg
c0188824_23562175.jpg
c0188824_23523101.jpg

まったくの主観ですが、ヤブイヌの魅力の表情のひとつは白目だと思います。
c0188824_00192190.jpg

正面から見たお顔はこんな可愛いオメガ(口元の表情)でした。
c0188824_00133973.jpg

つづく
(4月17日撮影)


by rakudateikoraku | 2016-04-19 00:20 | 食肉目 | Comments(2)
京都のヤブイヌ パパヤちゃんの赤ちゃん その1
京都で2月11日に生まれたヤブイヌの赤ちゃん、3頭生まれたものの2頭が亡くなり、
そして性別が男の子と判明したため、お名前の投票があったのですが、昨日(4月17日)に発表がありました。

母パパヤちゃんと父デンマルくん、両親の名前を受け継いだ「パパマル」です。
c0188824_07544829.jpg
c0188824_07510211.jpg
c0188824_07541422.jpg
前回訪問した際は奥のパドックにいたのですが、すでにグラウンドに出てくるようになっていて姿を見ることができました。
パパヤちゃんの面影を感じるお顔。
c0188824_07564668.jpg


グラウンドにあるU字溝に隠れているのが好きなので、両親が奥のパドックに走っていっても
U時溝に残っていたりします。両親が迎えに行くと、顔を出してくれるのです。
父デンマルくんと
c0188824_08013837.jpg
母パパヤちゃんと
c0188824_07592700.jpg

(つづく)

by rakudateikoraku | 2016-04-18 08:05 | 食肉目 | Comments(0)
こんにちは コアラのウメちゃんの赤ちゃん(2016年)
王子のコアラ ウメちゃんに赤ちゃんが生まれ出袋したと発表がありました
園を訪れている方々から赤ちゃんを見れたという報告が聞かれるようになってきたので、
会いにいってきました。

昨年9月に生まれてから既に半年以上経過していて、母であるウメちゃんが大切に育て来ました。

c0188824_01364441.jpg

ウメちゃんの区画にはマットが敷かれています。赤ちゃんが落下する事故に備えて念のための対策ですが、
ウメちゃんががっちりガードしているので、安全に、すくすくと育っていたようです。
c0188824_01581839.jpg
開園直後にコアラ舎を訪れたら、ウメちゃんは目を覚ましていて、止まり木の上の方にいました。
ウメちゃんはユーカリの葉に隠れるようにガードを固くしていることが多い仔なので、こんな状態で会えることは少ないです。
c0188824_01372710.jpg
しばらくして下に下りてきて、定位置に座りました。
c0188824_01433324.jpg
c0188824_01442125.jpg
2時間近くがまんして見守っていると、胸元に赤ちゃんの寝顔が見えました。
c0188824_01454058.jpg
一般のお客さんに、あんまり動かない、寝てばかりと言われてしまうコアラ。
それは事実ですが、タイミングが合えば、実はとてもよく動く動物でもあります。
しばらく見ていると、ウメちゃんが止まり木の上でうろうろし始めました。
c0188824_01485049.jpg
大きいおなか。半年経ってますから、赤ちゃんもきっと大きくなっているでしょう。
c0188824_01500874.jpg
c0188824_02012757.jpg
飼育員さんが新鮮な朝ごはんを持ってきてくれました。
c0188824_02022590.jpg
活発になるウメちゃん
c0188824_02032517.jpg

美味しそう~ 赤ちゃんのためしっかり食べてね。
c0188824_02042924.jpg

お腹ちょっと落ち着いたみたいです。
c0188824_02080413.jpg
気がつくと、おなかのところに赤ちゃんの気配が。
c0188824_02090772.jpg
赤ちゃんはママの胸の中で結構動いていました。
c0188824_02094894.jpg
c0188824_02103312.jpg
光が当たると、こんなネコみたいな瞳になることもあるのですね!
c0188824_02134112.jpg
ユーカリの葉が気になるのかな?
c0188824_02164441.jpg
そして、可愛いお顔を見せてくれました。
c0188824_02190573.jpg
c0188824_02200609.jpg
c0188824_02212404.jpg

c0188824_02223470.jpg
掲示にもあったように、赤ちゃんは用心深いママに守られ、もう少しの間お腹の袋の中に入ったり外に出てきたりしながら
成長します。もう少しすれば完全にママの袋から出て、お顔をもっとよく見せてくれるでしょう。
元気に育ちますように。。。

(4月16日撮影)

by rakudateikoraku | 2016-04-17 02:27 | 有袋類 | Comments(0)
ニニーちゃん やすらかに
今日(4月16日)王子動物園のふれあい広場を訪ねたところ、リャマのニニーちゃんの姿がありません。
スタッフさんに尋ねたところ、4月12日に亡くなっていました。
※訃報の掲示は制作中とのことで、今日の時点では現地の表示はありません。

c0188824_00131522.jpg
(2016年3月6日)

先週末にも元気そうな姿を見たところだったので、突然のお別れがまだ信じられない思いですが、
彼女の思い出を書き残そうと思います。

ニニーちゃんと言えば、どうしてもこの掲示のことに触れなくてはなりません。
注意喚起のためのこの看板のために、誤解を受け、お客さんが必要以上にニニーちゃんを恐れたり、
また逆に挑発の対象になった面があり、気の毒でした。
c0188824_23361461.jpg
c0188824_23261220.jpg
(2016年2月21日)

アルパカやリャマなどラクダ科の動物は、警戒したり怒った時にツバを飛ばすことがあります。
ニニーちゃんは特に神経質な性格だったため、なにかの拍子にツバを飛ばされた方もいらっしゃったようです。
しかし、適切な距離をとり不用意に近づき過ぎない、えさやりでじらしたりしない、脅かしたりしない、というように
正しい付き合い方をしている人はニニーちゃんと仲良くできました。ニニーちゃんにおやつをあげた方も多かったと思います。
c0188824_23340683.jpg
私自身もニニーちゃんと記念写真を撮ったり楽しく過ごした思い出がよみがえります。

ニニーちゃんはふれあい広場の仲間たちとは親しい時間を過ごしていました。
ウサギさんと(2014年1月6日)
c0188824_23172086.jpg
ウコッケイさん、ホロホロチョウさんと(2014年1月12日 「ニニちゃんといっしょ」
c0188824_23135265.jpg
アヒルさんと(2014年4月11日)
c0188824_23092394.jpg
鳩さんと(2014年5月4日)
c0188824_23114047.jpg
何年もの間、ふれあい広場にはリャマはニニーちゃんだけだったのですが、
2014年に若いサニーちゃんがやってきて、最近は広場で同居していました。
(2016年1月23日 右:サニーちゃん、左:ニニーちゃん)
c0188824_00072648.jpg
まだ若いサニーちゃんは、まだ人間とつきあうのはまだ十分慣れていなかったのですが(現在トレーニング中)、
ニニーちゃんといっしょなら落ち着いて過ごすことができました。
また、神経質と言われてきたニニーちゃんですが、サニーちゃんと同居するようになってから表情が穏やかになったような
気がしました。


ふれあい広場の四季の中でのんびり暮らしてきたニニーちゃんでした。

新緑といっしょに(2014年5月24日)
美しくて大きな目が印象的な仔でした。
c0188824_23490660.jpg

夏の柳の緑といっしょに(2015年9月12日)
c0188824_23442479.jpg
c0188824_23455390.jpg
c0188824_00185747.jpg

秋の青空と(2015年10月25日)
c0188824_00014459.jpg

紅葉を背に(2010年11月23日)
c0188824_23511248.jpg

園内の桜が満開の日のニニーちゃん(2016年4月3日)
c0188824_23234506.jpg

最後にニニーちゃんに会った日(4月10日)
園内の桜もまだいっぱいで、サニーちゃんとお花見でした。
c0188824_23040120.jpg


今日(4月16日)は、サニーちゃんはパドックに入ってひとりで寂しそうにしていました。
ニニーちゃんがいっしょでないと落ち着いていられないのだそうです。
c0188824_23010762.jpg
c0188824_23012799.jpg
桜を見るとニニーちゃんを思い出すね。
さびしいけど、また元気になってほしいな。。。。
c0188824_23055496.jpg
(ここまで2016年4月16日撮影)

ニニーちゃん、笑顔でサニーちゃんを見守ってあげてね。
(2010年11月26日)
c0188824_23524570.jpg


by rakudateikoraku | 2016-04-16 23:56 | 偶蹄目 | Comments(0)
カバの出目吉ちゃん(1歳8ヶ月)~その3:夢の中へ
お昼ごはんを食べ終わったナミコさんと出目吉ちゃん。
おなかいっぱいになって、2頭とも眠くなってきたみたいです。
c0188824_01423821.jpg
我慢できなくなったナミコさん
c0188824_01435803.jpg
c0188824_01441320.jpg
ママにぴったりくっついたまま、出目吉ちゃんも据わります。
c0188824_01501133.jpg
眠いのをがまんしている顔だね。。。
c0188824_01510627.jpg
ぼくはね、
c0188824_01521396.jpg
まだ眠くないよ!
c0188824_01524563.jpg
c0188824_01534413.jpg
c0188824_01543789.jpg
ここで電池が切れたようです(笑)
c0188824_01550783.jpg
c0188824_01554967.jpg

ぐっすり。
c0188824_01472258.jpg
この日ちょうど満開になった桜の下で、ママといっしょにお昼寝。いい夢見てね。。。
c0188824_01482602.jpg
(4月3日)

by rakudateikoraku | 2016-04-08 01:56 | 偶蹄目 | Comments(2)
カバの出目吉ちゃん(1歳8ヶ月)~その2:背中でステップ♪
子カバは母カバの背中に乗るのが大好き。
c0188824_23584913.jpg
身体が大きく重くなった出目吉ちゃんは、ママの背中に登っていても
c0188824_00080259.jpg
すぐずり落ちてしまいます。
c0188824_00091999.jpg
力も強くなったので、そんな時は華麗なジャンプで登ります(笑)
c0188824_00225793.jpg
c0188824_00232151.jpg
c0188824_00241364.jpg
「あらよっ」と掛け声が入りそうな勢いです。

動画でもどうぞ。(飛び乗るのは1:05付近)

(4月3日撮影)

by rakudateikoraku | 2016-04-08 00:26 | 偶蹄目 | Comments(0)
カバの出目吉ちゃん(1歳8ヶ月)~その1:母子のあそび
王子のカバの仲良し母子 ナミコさん(奥)と出目吉ちゃんです。
c0188824_01330941.jpg
出目吉ちゃんはもう1歳と8ヶ月、ずいぶんと大きくなりました。
出目吉ちゃん、牙もだいぶはっきり生えてきました。
c0188824_01495189.jpg

ナミコさんがこれまでに産んだ子供(ナナミちゃん、出目太ちゃん)たちは、もっと若いうち、1歳と数ヶ月くらいで親元を離れて他の動物園に旅立っています。
王子のカバの赤ちゃんがこのくらいまで大きくなって、ママさんといっしょに暮らしている
姿を見せてもらえるのは、私にとっては出目吉ちゃんが初めてです。

お口を大きく開けて競い合う遊び、以前なら赤ちゃんの遊びにナミコさんがつきあってあげているという感じでしたが、
出目吉ちゃんが大きくなって、競い合うレベルが少し上がったような気がします。
c0188824_01524296.jpg
手加減しているナミコさん、「ママより大きいよ♪」と出目吉ちゃん
c0188824_01562273.jpg
「まだまだ負けないわよ」
c0188824_01572386.jpg
それに張り合おうとする出目吉ちゃん
c0188824_01583008.jpg
おくちの大きさだとまだ負けてしまうから、身体を高くして対抗します。
c0188824_01595035.jpg
「どう?ママ、すごいでしょ?」
c0188824_02005343.jpg
まだまだね♪とナミコさん
c0188824_02012997.jpg
「ぼくだって!」と精一杯背伸びする出目吉ちゃん
c0188824_02021642.jpg
「ママ、これでどう?!」
c0188824_02030444.jpg
もちろん身体の大きさはまだまだ差がありますから、直接勝負してナミコさんが負けることはないのですが、
c0188824_02060550.jpg
うまく手加減して出目吉ちゃんにも花を持たせてあげる、優しいママさん。
c0188824_02070472.jpg
やっぱりママが大好き♪ な出目吉ちゃん、そしてわが子を自慢してくれるナミコさんです。
c0188824_02102746.jpg
つづく
(4月3日撮影)

by rakudateikoraku | 2016-04-07 02:14 | 偶蹄目 | Comments(0)



ASPアクセス解析