<   2016年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ミライさんおめでとう♪ 京都のキリンの赤ちゃん誕生(2016)
昨日(8月26日)京都のキリン ミライさんが6番目の赤ちゃんを産みました
翌日からパドックに出ているとのことで、短時間ですがさっそく会いに行ってきました。

キリンの赤ちゃんは、生まれてすぐ立ち上がり初乳を飲みます。
生後2日目なので、しっかりと立っていました。
c0188824_13515132.jpg
シマウマのミンディと並ぶとこれくらいの背の高さです。
c0188824_13593797.jpg

深くて大きなお目目が可愛いね~
まだ角は立ちあがっていません。

c0188824_13500237.jpg
長いへその緒
c0188824_13523504.jpg
しっぽの房が個性的です。
左の後ろ脚の様子は少し気になります。
c0188824_13534008.jpg
父キヨミズさんが熱烈な(笑)スキンシップをしてくれていました。
しかしキヨミズさんは優しいですね。
c0188824_13544991.jpg
c0188824_13552034.jpg
それだとゴツゴツが痛くないかな?汗 でも赤ちゃんも逃げることはありません。パパの歓迎が伝わっているのかな。
c0188824_13564645.jpg

メイちゃんともちゃんとごあいさつできました。
c0188824_13574653.jpg
母ミライさんは、赤ちゃんにつきっきりということはなく、ひたすら食べてました。
おっぱいを出さないといけないからね。
c0188824_14011088.jpg
でも時々世話をしにいきます。
c0188824_14014697.jpg
c0188824_14020785.jpg
ママのおっぱいは身体の後ろのほうにあるのですが、生まれて間もない赤ちゃんが前の方からのみに行くのは
もうデフォルトのようなものです 笑
c0188824_14031131.jpg
やっぱりママのそばが安心だね。
c0188824_14034008.jpg
赤ちゃんは寝るのが仕事。元気に育ってね。。。
c0188824_14044827.jpg
(8月27日撮影)

by rakudateikoraku | 2016-08-27 14:06 | キリン | Comments(0)
こんにちは ツキノワグマのツバサくん

八木山のクマ者に、可愛らしい子熊のツバサくんがやってきていました。
やっと会うことができました。
c0188824_08453572.jpg

(追記:その後正式展示が開始されたそうです)

お目目がくりっくり♪ しかもなにやら目線サービスをくれてるような。。。
c0188824_08500912.jpg
c0188824_08490515.jpg
c0188824_08512001.jpg

新鮮な青葉が大好き
c0188824_08584315.jpg
ちょっと味見。。。
c0188824_08550230.jpg
美味しい♪
c0188824_08563172.jpg
あ、見てたの?汗
c0188824_08572930.jpg
草はおもちゃにもなります。
c0188824_09023038.jpg
子熊でも立派な肉球ですね~
c0188824_09033035.jpg
c0188824_09045881.jpg
何回もポーズをとって目線をくれます 笑
c0188824_09062202.jpg
c0188824_09083928.jpg
トコトコ元気に歩き回ることも
c0188824_09104218.jpg
流れる川を模したモートの下に降りてきました。
c0188824_09123442.jpg
えいっ
c0188824_09225954.jpg
土手にとりついたけど
c0188824_09140124.jpg
登れない 汗
ずるずるとモートに落ちました 汗
c0188824_09145901.jpg
楽しかった♪
c0188824_09162866.jpg
一挙一動見守りたくて、なかなかその場を離れられませんでした。
また会いにくるね♪
c0188824_09213254.jpg

さて、ツバサさんくんは今年生まれの保護個体です。
彼がここにやってきた意味をみんなに考えてもらいたいですね。

(8月16日撮影)

by rakudateikoraku | 2016-08-27 09:26 | 食肉目 | Comments(0)
王子 フサオマキザルの赤ちゃんたち(2016年生まれ)
王子のコザル舎のフサオマキザルのところに、群れの個体の家系図が掲示されています。
※丸い柱に貼られていたものをパノラマに無理やり撮影したので、ゆがみはご容赦を。。。
c0188824_23115407.jpg

今年4月にマナさんが赤ちゃんを産んでいました。その時はおばあちゃんにあたるトワさんが母子にべったりくっつき、
時には自分で赤ちゃんを抱いて世話したりしていたのですが、そのトワさんがつい先日 8月19日に赤ちゃんを産んでいました。

私が訪問したのはまだ生後3日目。生まれたて感のあるくしゃくしゃ加減が可愛らしいです。
c0188824_23204982.jpg

トワさん、さすが群れの中で最年長なので頼もしいお顔のママさんですね~
いつものように、お世話をしたいほかの大人たちが集まっていつもくっついています。
c0188824_23361236.jpg
ママの背中にしがみついて寝ている赤ちゃんをまわりの大人が勝手に触ったり毛づくろいしています。
c0188824_23384462.jpg
なでてあげたり
c0188824_23394260.jpg
顔をすりよせたり
c0188824_23405969.jpg
お世話しているこの大人も充実した表情、群れのみんなで育てていることがわかりますね。
c0188824_23422935.jpg
c0188824_23425861.jpg
まだこんなに小さい身体です。
c0188824_23435828.jpg
ケージの網のところまで来てくれました。
c0188824_23464453.jpg

トワさんも魅力的な表情で、赤ちゃんを産んで若返ったかもしれません。

c0188824_23445296.jpg
そして4月に生まれた赤ちゃんも立派に成長しています。
c0188824_23510253.jpg
c0188824_23511707.jpg
みんな、元気に育ってね。

(8月21日撮影)

by rakudateikoraku | 2016-08-22 23:53 | サル | Comments(0)
続:大森山のトナカイさんを元気にするために:その3 野生のトナカイになる
大森山のトナカイさんを訪ねる旅、この記事この記事の続きです。

水辺に行くと、飛び跳ねたりして元気くん楽しそうです。

c0188824_07083718.jpg
サクラさんについていくのでなく、元気くん自からどんどん入っていきます。
c0188824_07125060.jpg
そこで「もう大丈夫ね」とばかり、サクラさんさらに深いほうへ入っていきます。
c0188824_07201296.jpg
c0188824_07214933.jpg
このあたりは元気くんはほとんど背が立たない深さだと思いますが、ママについていきます。
サクラさん、横目で元気くんを見守ってますね。
c0188824_07224620.jpg
c0188824_07251270.jpg
「だいじょうぶ?」立ち止まって確認するサクラさん
c0188824_07262433.jpg
上陸地点の地形はかならずしも平坦ではないので、元気くん苦労しています。
c0188824_07283085.jpg
サクラさんが飛び上がって上陸すると
c0188824_07292761.jpg

元気くんもそれに続きます♪
c0188824_07301004.jpg

ママをほっといて、楽しそうに森の中に入っていこうとする元気くん、でもすぐ戻ってきました。
c0188824_21093895.jpg
サクラさんにとっても高いと思えるこの土止め
c0188824_21124009.jpg
元気くんも軽々と飛び乗ったのでびっくりです。
c0188824_21135671.jpg
草を食んでいるサクラさんの横で楽しそうに跳ねまわる元気くん
c0188824_21150674.jpg
c0188824_21153238.jpg
そして森の奥の方へ入っていきました。
c0188824_21261529.jpg
美しい緑の中を散歩。
水に入ってサシバエを退け体温も下がりすっきりしているはずです。
その上、この場所は涼しくて新鮮な草もたくさん、サクラさんのお気に入り地なのです。
c0188824_21274427.jpg
c0188824_21214283.jpg

移動しながらあちこちでちょっとずつ食べる、トナカイ本来の活き活きとした姿を見せてくれました。
トナカイが泳ぐ姿も滅多に見れませんが、この野生のような姿もぜひ見てもらえたらと思います。
c0188824_22250619.jpg
元気くんもそのあたりに生えている草を味見していました。
c0188824_21230355.jpg

しばらくこのトナカイの楽園を満喫した後、サクラさんが突然池に入ってこちらに泳ぎ始めました。
もしかしたらまたサシバエがついたのかもしれません。置いてきぼりになりかけた元気くん、気がついて
あわてて泳いで追いかけていました。
c0188824_00222173.jpg



背も立たないような池を泳ぎ、生まれてはじめて自然の草を自分で選んで食べた経験。
この日1日だけで、元気くんはひとまわり成長したはずです。

(8月15日撮影)

by rakudateikoraku | 2016-08-21 00:42 | 偶蹄目 | Comments(0)
続:大森山のトナカイさんを元気にするために:その2 母子で水泳
大森山のトナカイさんを訪ねる旅、この記事の続きです。

その時に水に入ってくれたのはサクラさんでした。
今年になって元気くんが生まれて、いつも赤ちゃんと一緒にいるサクラさんを池に連れていってあげることはできなくなっていました。
元気くんはグラウンドに置いた小さいプールに入ってくれるのですが、サクラさんはなぜか怖がってこのプールに入ろうとしません。
サクラさんと元気くん2頭一緒に池に泳ぎに行けたら。。。

実は私が訪問する数日前に初めて2頭で泳いだということでしたが、この日2回目の試行を見学しました。

飼育員さんがグラウンドにやってくると、池の方に行きたいサクラさんはもうお待ちかねです。
元気くんはママにいつもぴったりくっついています。
c0188824_00221366.jpg
c0188824_00225832.jpg
池との間を移動するため、サクラさんの頭絡にリードをつけます。
c0188824_00244871.jpg
元気くんは頭絡ではなく、子犬用の首輪をつけています 笑
c0188824_00254041.jpg
ではみんなで池の方までお散歩です♪
c0188824_00262651.jpg
そこが快適な場所だと覚えているので、無理に引っ張っていかなくても、サクラさんはついてきてくれます。
元気ちゃんはママにくっついていきます。

c0188824_00265137.jpg
c0188824_00291243.jpg

トナカイたちと見学のお客さんとともに、「とりっこの水辺」から奥に入っていきます。

c0188824_00374106.jpg
c0188824_00401015.jpg
水辺まで連れてきたらリードをはずして見守ります。
c0188824_00442403.jpg
c0188824_00460615.jpg
ひとりでどんどん池に入っていくサクラさん
c0188824_00471572.jpg
c0188824_00472559.jpg
ママどこいくの?
c0188824_00475600.jpg
慌ててついていく元気くん
c0188824_00484670.jpg
c0188824_00495287.jpg
なぜか、サクラさん岸の方をガン見しています。
c0188824_00544307.jpg
あれ?サクラさん、こちらの方へ急旋回してきます。
c0188824_00554593.jpg
それを懸命に追いかける元気ちゃん
c0188824_00573617.jpg
上陸してきました
c0188824_00581029.jpg
どうも、飼育員さんが持っていたペレットに気がついてしまったからだったようです。
このペレットの本来の使い道は、対岸に渡ったトナカイさんを呼び戻すためです。(参考: 去年の記事)
c0188824_01001914.jpg
動画でどうぞ

一度は成功したと聞いてはいましたが、まだ生後2ヶ月の元気くんが、躊躇なくサクラさんについて泳いでいく様子には驚かされました。

またサクラさんも、後ろをふりかえる様子もなくどんどん進んでいくのがすごいです。
柴田飼育員によると、群れで行進する性質のトナカイにも個体によって個性があるそうです。サクラさんと異なり、ルドルフくんや雁木さんは、
自分から水に入っていくことはないが、飼育員や他のトナカイ個体が池に入っていくとついていくのだそうです。
そうすると、サクラさんは天性のリーダー型、頼もしいママさんですね~

つづく
(8月15日撮影)

by rakudateikoraku | 2016-08-18 03:20 | 偶蹄目 | Comments(0)
続:大森山のトナカイさんを元気にするために:その1 元気くんの誕生と取り組みの進化
半年ぶりに大森山のトナカイの森をたずねました。
c0188824_20393786.jpg

前回の訪問(2016年2月)以降、大森山のトナカイの群れに新しい命が生まれていました。ルドルフくんとサクラちゃんの息子 元気くんです。
c0188824_20390852.jpg
このペアには2年前にも赤ちゃんが生まれたのですが、赤ちゃんは夏の暑さを乗り切ることができずに亡くなってしまいました。
昨年訪問した際に見学した、大森山動物園の柴田飼育員がご尽力されている、トナカイの健康管理の取り組みについて、このブログで紹介しました(その1 その2 その3)。それが展開され、今年の母子の健康に生かされていることを期待して訪問しました。

元気くん、はじめまして~
もう角が生え始めています。
c0188824_20511313.jpg
小さくてもウシ系のお顔です 笑
c0188824_22100951.jpg
そして母サクラさん。高齢出産で産んだ元気くんとともにこの夏をがんばっています。
c0188824_22181436.jpg
暑さ対策は進化していました。トナカイさんが多くいるエリアには日陰とミストの設備、そして送風機。
人員体制やいろんな理由で連れていけないこともあるし、もっと日常的に使える水場があれば、ということで
小さいプールを設置されていました。水を入れると元気くんが自発的に活用していました♪
c0188824_22355982.jpg
そしてこのプールは、トナカイさんが水を飲む場所としても使っています 笑
c0188824_22393629.jpg

こういう取り組みが功を奏しているようで、元気くんはこの暑い夏を乗り切りつつあります。一日観察しているとまだ授乳もありましたが、エサの食べっぷりも十分。すくすくと成長していています。
c0188824_12523410.jpg

立派な角を持っているのは、ルドルフくんです。
虫よけスプレー製品で、動物にも使える良いものが見つかったということで、こまめにふきかけてあげています。
1~2時間ほどはサシバエの被害を抑制できるそうです。でも効果がずっと継続的に維持されるわけではないので、
一日の中で何回も対処が必要、ご苦労さまです。。。
c0188824_22371622.jpg
虫よけスプレーをかけてもらっているのは、もう一頭の♀ 雁来(カリキ)さん。
雁来さんが首に巻いているのは、体温をセンサーで常時計測し無線で発信する装置です。大森山動物園、岩手大学、株式会社アーズの共同研究(大森山Facebook記事)で、暑さに弱いトナカイの体温実態を調べようという取り組みです。想像に頼らず実測値にもとづいて判断や対処を行えるようになれば、飼育上のいろんな取り組みの効果も科学的に評価することができ、素晴らしいです。
※雁来さんの体温センサーのデータは、アーズさんの会社のWebサイトで公開されているので、(今のところ)どなたでも雁来さんの体温のトレンドをご覧になれます。このデータが公開されていることも凄いことですね。

c0188824_22381516.jpg
つづく。。。
(8月15日撮影)


by rakudateikoraku | 2016-08-17 12:58 | 偶蹄目 | Comments(0)
王子 シマウマの赤ちゃん誕生(2016)
王子のシマウマのラブさんが今朝(8月8日)元気な赤ちゃんを産みました。
c0188824_23092064.jpg

ラブさんが身ごもっていることは以前からわかっていました。標準的な妊娠期間だと6月末頃が予定日でしたが、それから1カ月過ぎ、お腹は大きくなっていてもなかなか生まれる兆候がわからず、ファンのみなさんは気をもんでいたのです。


これは昨日(8月7日)王子を訪問した際のラブさんの様子です。
もうおなかはパンパン。
c0188824_23133838.jpg
ここには写真は載せませんが、おしりの様子を見ていてもう出産は近いと確信していたのですが、翌朝に元気な赤ちゃんが生まれたと、お友達から知らせがありました。いてもたってもいられず、仕事を早めに終えて夕方会いに行ってきました。

着いてみると、赤ちゃんが昼寝している横で、ラブさんはモリモリ干し草を食べていました。赤ちゃんにおっぱいをあげないといけないから、たくさん食べてね。
c0188824_23163966.jpg
真夏の一番暑い時期に生まれて少し心配していたのですが、シマウマ舎はごらんのとおり日陰がたくさんあり、その点はよかったです。
でも、赤ちゃんは呼吸が粗く、やはり暑さが苦しそうです。

誕生したシマウマの赤ちゃんを何頭も見てきました。その都度訪れるお客様たちは、誕生直後の赤ちゃんの大きさにみな驚かれます。
計測して比較したわけではないので私個人の主観にすぎませんが、いままで見た中で一番身体がしっかりしているような感じを受けました。
c0188824_23190176.jpg
ラブさん、お食事中も、時々振り返って赤ちゃんの様子を確認しています。
これまで4頭の仔馬を育て上げたベテランママさん。今回もとても安定しています。
c0188824_23215819.jpg
サシバエでもくるのか、暑さで寝苦しいのか、時々身体を起こしたり、
足でけとばしたりしている赤ちゃん。
c0188824_23230564.jpg
立ちあがった赤ちゃん、さっそくおっぱいをもらいます。
ゴキュゴキュと大きい音をたてながら元気に飲んでたので一安心です。
c0188824_23270560.jpg
甲斐甲斐しく世話をするラブさん。(悪条件でのスマホ写真なので、画質はご容赦を)
c0188824_23273638.jpg
甘えんぼさん♪
c0188824_23282866.jpg

大きいと言っても、ラブさんのお腹の下をくぐりぬけることができます。
c0188824_23292842.jpg
c0188824_23301187.jpg
ラブさん、赤ちゃんをお披露目してくれました♪
はじめまして~ 生まれてきてくれてありがとう♪
c0188824_23304626.jpg

ラブさんは赤ちゃんの好きなようにさせているのですが、ちょっと急な動き方をすると、素早く反応してそばに寄り添います。
c0188824_23314225.jpg
どうしたの?ママといっしょならだいじょぶだよ~
c0188824_23324466.jpg

仲良し親子です。(赤ちゃんの性別はまだ確認されていないとのこと)
c0188824_23335996.jpg
元気に大きくなってね♪
c0188824_23345117.jpg
(8月8日撮影)



by rakudateikoraku | 2016-08-08 23:35 | 奇蹄目 | Comments(2)
王子のボブキャット ソラちゃん 練習中
この記事でご紹介した、王子のボブキャットさん のソラちゃん、平日の限定した時間に外に出る練習を続けています。
仕事を休んで会いにいってきました。

キリリと結んだおくち、警戒は怠りません。
c0188824_00553482.jpg
c0188824_01143792.jpg

ソラちゃんは部屋のまわりの人間や鳥などの様子をとてもよく観察して、それに反応しているようです。
c0188824_01130766.jpg
なじみのある人がいるとガラス面までやってきてくれることもあるし、
c0188824_01011070.jpg
かげに隠れて様子をうかがっていることも。
c0188824_00485223.jpg
c0188824_00502917.jpg
遠くを歩いている飼育員さんを観察しているようです。
c0188824_01042457.jpg
さすがヤマネコの仲間、こんな岩場は軽々と登っていきます。
c0188824_01062353.jpg
c0188824_01070855.jpg
展示場の一番高い位置。ここまでくるとリラックスできるのでしょうか?あくびを連発。
c0188824_01075457.jpg
c0188824_01093414.jpg
おくちの中まで見せてくれました(笑)
c0188824_01112273.jpg
ソラちゃんは本当は遊びたい盛りなのかもしれません。
c0188824_01155153.jpg
また遊んでね♪
c0188824_01181460.jpg
(7月25日撮影)

by rakudateikoraku | 2016-08-03 01:21 | 食肉目 | Comments(0)



ASPアクセス解析