オウジ 続報
オウジちゃん、リハビリがんばっているようです。続報が掲出されていました。
ひどい画質ですみません。
c0188824_20292882.jpg

# by rakudateikoraku | 2009-05-07 20:31 | | Comments(1)
リュウオウのイベント
c0188824_2243146.jpg


京都市動物園のアミメキリンのリュウオウちゃん、旅立ちの日が近づいています。
c0188824_22102861.jpg


多くの動物園では1ペアが生活できる程度の場所しかありません。残念ながら、成長したリュウオウちゃんが子孫を残すためには、お嫁さんがいる他所の動物園に行くしかないのですね。
まだ移動のための「箱」は届いていませんでした。いろいろと事情があり手続きが遅れているそうです。でも、ミライさんは既に第2子を身篭っており、この夏には出産を控えていますので、移動のタイムリミットも迫っています。GW明けくらいには行き先など含め明らかにされる模様のようです。

ということで、今日はリュウオウちゃんについてのガイドイベントがありました。

多くの動物園では、事前の告知は何も出ないまま、インサイダー情報を知る一部の人以外誰も知らないうちに、ある日突然いなくなってしまうということがよくあります。でも、単に「キリン」という種を見ているのではなく、個体に思い入れを持つ方は多いと思いますから、もし移動するならちゃんとお別れやお見送りをしたいし、追っかけをする人もいますから、こうしてちゃんと情報を出していただけるのはありがたいことです。

いろんな資料を使って説明してくださいました。これは体重の変化を記録したグラフ。
c0188824_2240610.jpg


最新の体重測定結果。本当に大きくなりました。キヨミズさんの成長はあまり順調でなかったそうですが、リュウオウは1年ちょっとでこの身長になったそうで、おそらくこれからキヨミズよりも大きくなるのでは、ということでした。
c0188824_22124983.jpg


リュウオウちゃんの頭をつけた釣竿を使って、誕生直後の身長をあてるクイズ。ヒントは隣の飼育員さんの身長です。
c0188824_22104992.jpg


キリンさんが座る場所はなぜか個体ごとに決まっているそうです。
c0188824_22441857.jpg


最後に、みんなでリュウオウちゃんへの寄せ書きを。
c0188824_22484711.jpg


飼育員さんの思いも感じられて心温まるイベントでした。

明日3日・4日には、誕生からこれまでの成長の軌跡の写真や動画をまとめたものを、映画として飼育員さんの解説つきで上映してくださるそうですよ。竜王ちゃんのファンの方はぜひ!
私はちょっと行けないので、「ファンの方」、レポートをしていただければ幸いです(笑
c0188824_22111238.jpg

# by rakudateikoraku | 2009-05-02 22:52 | キリン | Comments(2)
大森山のラクダさん その3
興奮冷めやっていないので本日3つめの記事です(w

大森山では、販売されているエサを買ってラクダさんにご飯をあげることができます。
ラクダ舎の前にエサの販売コーナーがあるのですが、そこで財布を出した途端、ラクダさんはドームのエサの場所に移動して、ご飯をもらえるのを待っています。ヘイキューブが大好物のようで、園が出していてるエサを食べている途中でも、見る見るよだれがでてきます。

ケージの一部が「ラクダドーム」という設備になっていて、人間はそこに入ってごはんをあげます。天井が透明アクリルになっていて、上からよだれが降り注ぎます。。
c0188824_16305385.jpg

c0188824_16441785.jpg


間近まで来てくれるので大迫力です。
c0188824_17165094.jpg


我が家のおでかけラクダのラクリとご対面。
c0188824_16555673.jpg


ハート型のかわいい足(偶蹄!)もじっくり観察できます。

c0188824_1722121.jpg


ほんとうにラクダ天国ですね、大満足の一日でした。
# by rakudateikoraku | 2009-04-29 17:03 | フタコブラクダ | Comments(2)
コニーさんのご実家訪問 大森山のラクダさんその2
子沢山の田田(てんてん)母さん、去る2月にお亡くなりになっていました。ひと目お会いしたかったです。
c0188824_12181269.jpg


両親が中国からいらっしゃったので、名前が中国風なんですね。

さてこの動物園は、天王寺のコニーさんのご実家であります。コニーさんは田田さんの血を受け継いでいるのですね。
天王寺ではコニーさんという名前で呼ばれていますが、もしかしたら大森山時代は別の中国風のお名前をもっておられたのではないかという興味がありました。
さっそく管理事務所を訪ねて質問してみたところ、ご存知の方が出てこられて快く説明してくださいました。
大森山から天王寺へは、平成2年(この方のこと知りません)と8年(コニーさんのこと。天王寺に来られたのは平成9年3月29日なので、平成8年度のことと思われます)の2回移動があったそうです。
8年のラクダさんは、飼育員さんのお名前の一部をとって「ノリコ」さんと呼ばれていたそうです。

2年に移動されたラクダさんは大森山では名前をつけておられなかったそうです。
移動前提で育てられている子の扱いは違うということなのかもしれません。
# by rakudateikoraku | 2009-04-29 12:33 | フタコブラクダ | Comments(3)
大森山のラクダさん
秋田の大森山動物園、関西からはちょっと行きにくい所ですが、「大森山はラクダ天国です」というある方の言葉が頭から離れず、遠征してきました。
ラクダ舎はゲートは入ってすぐのところにあります。4月もまもなく末ですが、現地は桜祭りがそろそろ終わりという時期でした。
c0188824_1151298.jpg


ラクダ舎の壁の素敵な飾り
c0188824_12165676.jpg


左が兄の楽楽(らくらく)、右が妹の来来(らいらい)
c0188824_11525099.jpg


2頭は妙に接近していることが多かったです。
c0188824_1774140.jpg

# by rakudateikoraku | 2009-04-29 12:17 | フタコブラクダ | Comments(0)



ASPアクセス解析