王子のアミメキリンの女の子(仮称エセル) ふたりのお兄ちゃんとグラウンド練習
2月18日にアメリカから王子にやってきたキリンの女の子
(※現時点で愛称は決まっていません。愛称が決まるまで本ブログではエセルちゃんと仮称します)。
その後何日かごとにグラウンドに出る練習をしているので、様子を見に行ってきました。

3頭のキリンたちは、キリン舎の北側のブロックに区画を分けて過ごしています。
当日は、西側からエセルちゃん、アラシくん、ヒメイチくんの順で入っていました。
西側の出入り口から登場したエセル。出入りは自由になっています。

c0188824_03212998.jpg
出入りについてはそれほど不安そうではありません。少しずつ慣れてきたようです。
c0188824_03215690.jpg
c0188824_03221994.jpg
東側の扉の前までは出て来れます
c0188824_03225790.jpg

この前とおうちの間の決まったコースを往復していました。
おうちの中にいる時間の方が長く、数分ごとに出てきては戻っていく感じ。
c0188824_03312227.jpg
c0188824_03320439.jpg

観覧路側の人間の動きがあると反応して慌てて戻ります。
c0188824_03465503.jpg

ガラス面の前にはまだ出て来れない感じです。
樹葉がつるしてありますが、前日からあって他の個体が食べた、エセルちゃんは口をつけていないとのことでした。
c0188824_03441036.jpg


元からいた2頭のお兄ちゃんたちは窓の外を眺めています。左:アラシくん、右:ヒメイチくん
もともとキリンは窓から外を見るのが好きな動物ですが、エセルちゃんのことが気になるのだと思います。
c0188824_03363552.jpg

窓から見守るアラシくん。
c0188824_03352527.jpg
写真的にはちょっと苦しいけど、3頭が奇跡的に写りました。
c0188824_03400497.jpg
午前中はずっとこんな感じでしたが、昼頃、獣舎清掃のため西側の扉が閉じられました。
不安そうなエセルちゃん。
c0188824_03543464.jpg
c0188824_03575771.jpg
c0188824_03592293.jpg


往復の動きが少し早いです。
c0188824_03570086.jpg
c0188824_03562357.jpg

獣舎内の清掃が終わってお兄ちゃんたちが部屋を移動したようです。
出入り口からアラシくんが姿を見せました。
c0188824_04013213.jpg
寄り添うアラシくん
c0188824_04030971.jpg
なにごとか眼で訴えているようなエセルちゃん
c0188824_04043702.jpg

優しくタッチするアラシくん。
c0188824_04074132.jpg
京都の時はめいちゃん(同居していた女の子のキリン)を追いかけるいたずらっ子というイメージでしたが、こんなことができる優しいおとなキリンになっていたんですね。アラシくんとてもいい顔をしています。
c0188824_04094849.jpg

お兄ちゃんがいるから安心だよ。
錯覚かもしれませんが、不安そうだったエセルちゃんの表情も和らいでいるように感じます。
c0188824_04114063.jpg
c0188824_04131719.jpg
c0188824_04141731.jpg
奥に戻っていくアラシくんを軽く追いかけるようなエセルちゃん
c0188824_04152679.jpg
陰で見守るお兄ちゃん。これはヒメイチくんでしょうか。
c0188824_04165924.jpg
二人のお兄ちゃんに見守ってもらっているエセルちゃん。
c0188824_04193605.jpg



早く中に入りたいエセルちゃん
c0188824_04104308.jpg

北側の出入り口が開きました。収容するのでしょうか?
c0188824_04215610.jpg
びっくりしたのか、いきなり走り出したのでどきどきしましたが、
c0188824_04231626.jpg
すぐ落ち着いて、中に入ってくれました。
c0188824_04252672.jpg

むしゃむしゃとたくさんのごはんを食べています。不安よりもお腹がすいていたようですね。
c0188824_04303682.jpg
獣舎の北側の扉は引き続き開放されていて、自由に出入りできる状態です。こちら側の方が落ち着いているからということのようです。
少し食べたら、また外に出てきました。
c0188824_04344599.jpg

東側に移って食事をした後、大幅に行動範囲が広がりました。
この東側フェンスまでやってきたのは、来園以来これが初めてだと思われます。
c0188824_04382860.jpg
c0188824_04402123.jpg
うろうろして戻ってくると、ヒメイチくんが迎えてくれました。
c0188824_04415087.jpg
c0188824_04425890.jpg
また出て行くエセルちゃんを見送るヒメイチくん
c0188824_04435030.jpg
グラウンドの草を食べていました。この行動もたぶんこの日が初めてでは。
美味しいものがあると認識してくれたのなら、外の世界は単に怖い場所ではなくなりますから
とてもいい感じですね。
c0188824_04453062.jpg
獣舎を観察する余裕もできたようです。
c0188824_04463413.jpg
西側の出入り口をのぞきこんでいると
c0188824_04475478.jpg
獣舎の中で自分から隣のヒメイチくんに挨拶する積極性も出てきました。
c0188824_04492070.jpg
お返しをするヒメイチくん
c0188824_04511243.jpg
ヒメイチくん、それはちょっと気が早いかも。。。エセルちゃんはまだ生後約9ヶ月です。
c0188824_04523001.jpg
アラシくんも親密な挨拶
c0188824_04541981.jpg

エセルちゃんは本当によく食べてくれています。
樹葉を中心としたごはんを用意してくださっているのも嬉しいです。
c0188824_05015639.jpg
c0188824_05034088.jpg


そして、ガラス面の前のこの場所まで、落ち着いて出てきてくれました。
c0188824_04560653.jpg
フェンスの方にも落ち着いて歩いていけます。
c0188824_04573481.jpg

それを見守るヒメイチくん。彼も今日一日で大きくイメージが変わりました 笑
c0188824_04584172.jpg
ふたりのお兄ちゃんの支えもあって、エセルちゃんは今日1日でひとつハードルを越えたように感じました。これからの成長が楽しみです。
お兄ちゃんたちこれからもエセルちゃんをよろしくね♪

(3月11日撮影)

# by rakudateikoraku | 2017-03-12 05:10 | キリン | Comments(0)
ケープハイラックスさんの瞳の形を知っていますか?
ラクダ、ヤギ、シタツンガなど、草食動物の瞳が横長の形をしていることはよく知られています。
c0188824_00592206.jpg
c0188824_00572158.jpg
c0188824_01035765.jpg
先日ケープハイラックスを観察していると、瞳が横長に光っていることに気がつきました。
c0188824_01111614.jpg

そのことをtwitter記事に投稿したのです。 ※現在は削除済み

しかし、読者の方に、まわりの風景の映りこみではないかというご指摘をいただきました。
投稿する前に科学的な根拠を確認していなかったため、自分でも自信がなくなってきて、
慌てて調査してみました。

その添付資料 の "Table S1 List of Species" で、いろんな動物種の瞳の形が網羅的にまとめられています。
われらがケープハイラックス (学名:Procavia capensis) は、Horizontal =水平=横長となっていました。私が目視したのとは違う方法での判断かもしれませんので、私の元の書き込みは軽率だったかもしれませんが、科学的な結論は間違っていなかったようで、胸をなでおろした次第です。

ということで自信を持って(笑)、横長の瞳が表現されているであろう写真をいくつか貼り付けておきたいと思います。 ※拡大したもののピントが甘いのはご容赦を

ひろみつちゃん。
c0188824_01250078.jpg
c0188824_01253994.jpg
ひろみつちゃん
c0188824_01535915.jpg


ひろみつちゃんと母チイちゃん(再掲)
c0188824_01283283.jpg
c0188824_01291627.jpg
ダイくん
c0188824_01264885.jpg
c0188824_01272350.jpg
ひろみつちゃんとズッキーくん
c0188824_01304206.jpg
c0188824_01312075.jpg
(3月9日撮影)









# by rakudateikoraku | 2017-03-12 01:33 | イワダヌキ目 | Comments(0)
チイちゃんおめでとう♪ 京都のケープハイラックスの赤ちゃん(生後3日目)
京都で3月7日にケープハイラックスの赤ちゃんが生まれたので、さっそく会いに行ってきました。
お名前はもう決まっていました。「ひろみつ」ちゃんです♪
c0188824_19590354.jpg
ママはチイちゃんです。一番身体が小さいからつけられた名前。
父親が誰かの確認は難しいそうです。
c0188824_20314850.jpg

チイちゃんと赤ちゃん。
小柄なチイちゃんと比べても本当に小さい赤ちゃん。
c0188824_20485495.jpg
ママに密着♪
c0188824_20495311.jpg
c0188824_20503861.jpg
c0188824_20375039.jpg
その双子は体重100gにも満たない未熟児だったそうです。
今度うまれた赤ちゃんは、ハイラックスの赤ちゃんの標準的な体重よりは小さいそうですが、それでも163.2gと倍近く。
赤ちゃんの体重163.2からお名前は「ひろみつ」と名づけられました。
今度こそきっと元気に育ってくれるようにとの飼育員さんの願いも込められたお名前だと思います。

小さくても身体の作りはおとなと同じように見えます。
c0188824_21123717.jpg
c0188824_20293483.jpg

展示場の中はたくさんの段差があります。赤ちゃんにすれば体高の10倍以上はあるでしょう。
c0188824_20535103.jpg
c0188824_20550733.jpg
ママはあまり赤ちゃんのことを気にかけずに下に飛び降りました。
それを追って軽々と赤ちゃんも下へジャンプ。
c0188824_20575070.jpg
いろいろ面白そうなものが落ちています。興味しんしんの表情の赤ちゃん。
c0188824_20592113.jpg
とりあえずかじる真似。
c0188824_21004274.jpg
そうしている間にママは先に上に上がっちゃった。
こんな高いところ登れるのかな?
c0188824_21032316.jpg

ジャンプ♪ これは失敗。
c0188824_21044794.jpg
失敗しても何回もジャンプします
失敗してもめげずに何回でもジャンプします。
c0188824_21061898.jpg
今度はうまく取り付けたようです。
c0188824_21091829.jpg
生まれながらにこの運動能力。親が教える様子もなく、自分で練習して跳躍する力をつけていくのは凄いです。
c0188824_21112997.jpg
ママが移動するとすぐそばにくっつきます。やさしく世話をするチイちゃん。
c0188824_21160345.jpg
ごはんの時間になりました。
赤ちゃんはまだおっぱいをもらっていますから、果物は食べられません。
c0188824_21203362.jpg

ダイくん、果物うまうま。そこにぺとっとくっつく赤ちゃんが可愛いです。
群れのリーダー的なダイくん、赤ちゃんが近くに来ても優しく挨拶したりやり過ごしたりして流石です。
c0188824_21223149.jpg

チイちゃんがいるとおっぱいをもらいにいきます。乳房は足の付け根にあります。
c0188824_21253314.jpg
こうしてお尻をくっつけるのが大好き♪
c0188824_21271198.jpg

またジャンプ!
c0188824_21320963.jpg

赤ちゃんと大人たちとの関係は興味深いものがありました。

ズッキーくん、写真に撮れませんでしたが、食事中にそばにきた赤ちゃんにかみついて追い払った様子も目撃しました。
しかし今回はそばにきた赤ちゃんを優しくペロリ。
c0188824_20251698.jpg
離れていく赤ちゃんと入れ替わりに、ちいちゃんがやってきてズッキーに挨拶するのが面白いです。
c0188824_20265584.jpg
c0188824_20282831.jpg

シェルターにいたズッキーくん(中央)を母子で訪問(笑)
c0188824_21303514.jpg
寒くなってきたのか密着して暖をとるおとなたち。その間に挟まってあたたかそうです。
c0188824_21400698.jpg
c0188824_21415835.jpg


ダイくんの横に並んだ後は、
c0188824_20044654.jpg
ズッキーくんの横にぺっとり
c0188824_20061567.jpg
首のところをくんくんした後
c0188824_20071969.jpg
ズッキーくんのあごの下に潜り込みました。
c0188824_20084857.jpg
あごと一体化(笑)
こうして暖をとっているんでしょうね。生後3日目でその知恵を持っていることに驚かされます。
c0188824_20155497.jpg

これが京都の群れの全員です。おとなも赤ちゃんも全員身体をくっつけて暖をとっています。
赤ちゃんは群れで育てる感じなのでしょうか?興味深いです。
c0188824_20144429.jpg
ちいちゃん(左)とダイくん(右)。
c0188824_20170252.jpg
ちいちゃんは、赤ちゃんがそばにいなくても大丈夫なのかな?
と思っていたら、ちいちゃんがすっく!と立ち上がって
c0188824_20183319.jpg
身体の向きを変えて、赤ちゃんのそばに座りました。(左:ちいちゃん、右:ズッキーくん)
c0188824_20194131.jpg
ハイラックスの赤ちゃんは何度か見たことがありますが、生後何日も経っていない仔を見るのは初めてでした。
元気に育ちますように。。。
c0188824_21370955.jpg

(3月9日撮影)

# by rakudateikoraku | 2017-03-09 21:44 | イワダヌキ目 | Comments(0)
ラフちゃんの近況(2017/2)~その1

今冬もラフちゃんに会うことができました。
この春(3月8日)で7歳。ラフちゃんは成長して、母コニーさんに似た美しいレディになりました。
c0188824_00541573.jpg
c0188824_00560685.jpg
コブもしっかりとして元気そのものです。
c0188824_01043928.jpg
食欲も十分。食欲は美しいコブの源です♪
c0188824_01120443.jpg


特別に獣舎に入れていただくことができました。
中で待っていると、期待に満ちた目で近づいてきてくれました。
c0188824_01091985.jpg
なにか美味しいものくれるんでしょ?
c0188824_01142506.jpg
はいどうぞ♪
以前はこういう時食パンをあげることが多かったと思いますが、
樹葉をもらっていました。健康のためにはそのほうがいいので、心配りが嬉しいです。
c0188824_01160546.jpg
嬉しそう~
c0188824_01183858.jpg
どんどん食べてね。
c0188824_01200576.jpg
トレーニングの成果♪
c0188824_01213191.jpg
やっぱり食パン好きなのでした。
伸ばした口先が可愛いです。
c0188824_01220614.jpg
やっぱり流した水を飲むのが好きです。
c0188824_01253693.jpg
食いしん坊も健在です。
まだ足りないって書いてある顔。
c0188824_01273511.jpg
身を乗り出すラフちゃん
c0188824_01280609.jpg
c0188824_01290201.jpg
おーいしー♪
c0188824_01301502.jpg
ラクダの口の動きは本当に面白いです。
c0188824_01311715.jpg
つづく。。。
(2月9日撮影)



# by rakudateikoraku | 2017-03-09 01:34 | フタコブラクダ | Comments(0)
冬の盛岡ヒトコブラクダさん訪問
盛岡を真冬に訪問してきました。
ここは日本のヒトコブラクダの北限。こんな寒冷地でヒトコブさんが暮らしていることが驚きだったのですが、雪が降る真冬の暮らしぶりを見てみたかったのです。
この園は冬季は休園していますが、2日間だけ臨時開園する日になんとか訪問することができました。新雪が積もった日でした。
c0188824_23264031.jpg

雪が積もったグラウンドの真ん中にヒトミさんがいました。
c0188824_23331754.jpg
雪が積もったグラウンドで草を食べています。
c0188824_23340776.jpg
ヒトコブといえば、暑い国の砂漠にいるイメージ。
この光景は初めて見るとなかなか衝撃的です。

滞在中も雪が降っている時間があったのですが、健気にがんばっていました。
c0188824_23404538.jpg
c0188824_23421128.jpg


前回訪問した時(2015年8月)は、ヒトシくん ヒトミさんの夫婦で暮らしておられたのですが、
伴侶を亡くした後ヒトミさんの元気がないという噂を聞いていたので心配していたのです。
なんとか再会することができました。
ひとりで寂しいけれど、また会いに来ますね。だから健康で長生きしてください。
c0188824_23301094.jpg
(2017年2月11日撮影)


# by rakudateikoraku | 2017-03-07 23:45 | ヒトコブラクダ | Comments(0)



ASPアクセス解析