タグ:ウォンバット ( 8 ) タグの人気記事
祝敬老の日 五月山のウォンバット ワインくん
敬老の日は五月山のウォンバットさんたちを訪ねました
ワインくんは今年28歳のおじいちゃん。人間に例えるなら80歳を超えるでしょう。
なのにこの可愛さと元気さで、それを感じさせません。
c0188824_21450875.jpg
c0188824_22014800.jpg

数年前、飼育下世界最高齢のウォンバット パトリックさんが記事になったのを読みましたが、当時彼は27歳でした。
パトリックさんは今年32歳で亡くなってしまいましたが、今年28歳のワインくんはその後を継ぎそうな勢いの元気なおじいちゃんですね。
c0188824_21490992.jpg
今日もトコトコ歩いていました
c0188824_21592803.jpg
c0188824_21582561.jpg
c0188824_22001188.jpg

元々あまり人前には出てこないワンダーさん。特に今日は夏日で、暑い日が苦手なワンダーさんは外には出てきてもらえませんでした。
ワンダーさんもワインくんと同じ28歳。ふたりとも末永く元気でいてほしいです。
c0188824_22032309.jpg

五月山は現在、ワインくん、ワンダーさんご夫婦と、フクちゃんの3頭が暮らしています。

日本で一番若いフクちゃんは元気そのもの。
c0188824_22155034.jpg
c0188824_22150444.jpg
c0188824_22180983.jpg

関係者の皆さん、Keeper Girlsの皆さんのご尽力やファンの皆さんの幅広いご支援のおかげで、
フクちゃんのお嫁さん候補もやってきてくれることになっていて、
五月山で日本のウォンバットの未来がこれから始まろうとしています。

ワインくん、ワンダーさんご夫婦には、その中心でこれからも元気でいてくださいね。
c0188824_22184436.jpg

(9月18日撮影)






by rakudateikoraku | 2017-09-18 22:28 | 有袋類 | Comments(0)
五月山 ウォンバットさんと黄金の絨毯 2016
今年も、五月山がイチョウで輝く時期になりました。

ワンダーさん

c0188824_03202197.jpg
c0188824_03204239.jpg
c0188824_03210944.jpg
c0188824_03233060.jpg
ワインくん
c0188824_03224754.jpg
c0188824_03250430.jpg

c0188824_03241755.jpg
そしてフクちゃん
c0188824_03301072.jpg
今年もみんな元気でこの季節を迎えられました♪

c0188824_03172427.jpg
(11月26日撮影)


by rakudateikoraku | 2016-11-27 03:31 | 有袋類 | Comments(0)
日本のウォンバットさんたちに会う旅 ~ その3 東山
すこし日にちがあいてしまいました。
日本のウォンバットさん全員に会う旅、最後に訪れたのは名古屋市の東山動植物園です。

こちらで暮らしているウォレスくん、グラウンドに置かれたお気に入りの土管でくつろぐ姿から、ファンからは「土管王子」の愛称でも呼ばれています。

この日私は開園してすぐウォンバット舎に向かったのですが、着いたとき(9:05頃)にはすでに土管の主でした。
c0188824_23321259.jpg
ぐっすり。
c0188824_23365218.jpg
夜行性のウォンバット、夕方までほとんど眠っていました。
昼頃に覗いた時には、寝返りを打っていて、向きが変わっていました(笑)
c0188824_00091508.jpg
夕方。もう目を覚ますかな?
c0188824_00211435.jpg
また寝ました。。。
c0188824_00274459.jpg
突然の目覚め。
c0188824_00333257.jpg
土管から出てきて
c0188824_00400388.jpg
グラウンドに掘ったトンネルに入って
c0188824_00425374.jpg
また出てきて
c0188824_00464415.jpg

後ろ足でカキカキ。。。
c0188824_00562085.jpg
c0188824_01005353.jpg
そして、とことこ歩いて
c0188824_01020246.jpg
また土管へ
c0188824_01121696.jpg
まだ寝足りないですか?
c0188824_01135729.jpg
向こうを向いてまたうとうと。。。
c0188824_01163160.jpg
今日はもうこのままかなと思ったら、
むくりと起き上がり、またカキカキ
c0188824_01203135.jpg
土管の狭い中で身体を丸めたままで転回
c0188824_01261421.jpg
またうとうと
c0188824_01294971.jpg
動物園にいると、「動物が寝ていてつまらない」ということをおっしゃる方がよくいらっしゃいます。
動かないという意味ではそうかもしれませんが、動物が気持ちよく眠っている幸せな姿を眺めているのは
とても幸せな時間だと思うのです。そうは思いませんか?
c0188824_01462944.jpg
この時点ですでに閉園時間は過ぎていて、園内には帰宅を促す音楽が鳴り続けていました。
もう今日はこの寝顔が最後かなと帰る準備をしていると、最後に一度だけ顔をあげて挨拶してくれました。
c0188824_01501681.jpg
c0188824_02095745.jpg
(5月3日撮影)

これで現在日本に暮らしている6頭のウォンバットさん全員に会うことができました。

旅を終えて、正味わずか3日(3園)で全員に会えてしまうまでに減ってしまった
ウォンバットさんたちのかけがえなさをひしひしと感じます。
彼らがこれからも健康で暮らしていってくれますように。



by rakudateikoraku | 2016-05-18 02:12 | 有袋類 | Comments(0)
日本のウォンバットさんたちに会う旅 ~ その2 茶臼山
日本のウォンバットさん全員に会う旅、2つ目に訪れたのは長野市の茶臼山動物園です。
私自身これが初めての訪問となりました。

「森の中の動物園」、緑いっぱいの美しい園内。
ウォンバット舎のグラウンドは山の斜面をそのまま生かした形になっています。
c0188824_07103705.jpg

こちらの園には、長野オリンピックを記念して1995年にタロンガから3頭がやってきたくださったのですが、
現在は2頭が暮らしておられます。

まずスミレさん。1991年生まれのおばあちゃんです。
c0188824_07151762.jpg
c0188824_07160352.jpg
c0188824_07140479.jpg

緑いっぱいのグラウンドを、あちこち歩いては新鮮な草をつまみ食い
c0188824_07175783.jpg
c0188824_07182002.jpg
眼の表情が素敵なおばあちゃん
c0188824_07200999.jpg
眠くなってきたみたいです

c0188824_07201977.jpg

観覧路のガラスの壁を隔てたすぐ横で眠ってしまいました。
c0188824_07222085.jpg
草を枕にうとうと
c0188824_07224756.jpg

きっと、緑のいい香りを満喫しながら、いい夢を見てるんだろうな。
私はウォンバットではありませんが、羨ましい気持ちでいっぱいでした。
c0188824_07234151.jpg
あまりに気持ちよさそうなので、横で混ぜてほしくなりました 笑
c0188824_07241184.jpg

そしてもうひとりのおばあちゃん、モモコさん
c0188824_00264749.jpg

タイミングが合わず、この日は寝ているモモコさんにしかお会いすることができませんでした。
c0188824_00423972.jpg
c0188824_00431553.jpg
モモコさんの後ろの地面に大きな穴が開いています。
私が会いに行く前はこの中にすっぽり入っておられたようです。
c0188824_00440784.jpg

午後も遅い時間になってスミレさんが眼を覚ましたようです。
でも、まだ寝ぼけた顔をしてます。
c0188824_00470134.jpg
c0188824_00491349.jpg
c0188824_00500440.jpg
夕方、飼育員さんがやってきました。
c0188824_00533514.jpg
おばあちゃんのスミレさんの健康のためにサプリ?(あるいはお薬)をあげるようです。
c0188824_00554914.jpg
c0188824_00570529.jpg
神妙なお顔。。。
身体のためだから、我慢して飲んでね。。。
c0188824_00572098.jpg

スミレさんはまだお外にいたいようなので、飼育員さんは、おうちの扉をあけたままにして帰られました。

閉園時間も近づいてきた頃、おうちに向かってスミレさんが斜面を降りていきます。
五月山も東山もグラウンドにそれほどアップダウンはないので、新鮮な光景でした。
c0188824_00583447.jpg
c0188824_01002202.jpg
c0188824_01035063.jpg
今日もお疲れ様~
c0188824_02391559.jpg

この園のお二方も高齢。どうかお元気でお過ごしくださいね。

初めて訪問する園ということで園全体を見て回ったのですが、
次回訪問するときは、ウォンバット舎での時間をもっとたくさんとって、
この気持ちのいい場所をウォンバットさんといっしょに満喫したいと思いながら園をあとにしました。

(5月1日撮影)

by rakudateikoraku | 2016-05-11 02:48 | 有袋類 | Comments(2)
日本のウォンバットさんたちに会う旅 ~ その1 五月山
日本のウォンバットさんはとても少なくなってしまいました。
以前だと九州、関東にもいらっしゃったのですが、現在は関西・中部の3園のみで暮らしています。
まだお会いしていない方がいるので、ふと全員にお会いしておかねばと思い、旅に出ました。

※この機会なので公知の情報もまとめていますのでご了承ください。

最初に訪れたのは、普段からお世話になっている五月山動物園です。
小さな入園無料の動物園ですが、ウォンバットの飼育にとても力を入れていて、ウォンバットの繁殖にオーストラリア以外で始めて成功した業績(1992年)も残しています。

まず、一番フクちゃん♂(2004年生まれ)。
c0188824_03261096.jpg

ウォンバットさんのふだんの歩き方は、とことこと練り歩く感じですが、
c0188824_03312373.jpg
c0188824_03350830.jpg
身体が浮いているように見えるくらい、軽快に走っていることもあります。
c0188824_03374181.jpg

若くて元気な男子なので、自分のグラウンドや寝室に入ってくる飼育員さんに対して縄張り意識とかもありますが、
その飼育員さんにカキカキしてもらうのも大好きで、その場所で待っていたりします。
c0188824_03402395.jpg

かわいい欠伸。
c0188824_03424053.jpg
フクちゃんのあくびはふだんからよく見れますが、ベロ出しはこの日初めて見ました。
c0188824_03435169.jpg
日向で眠くなってきたようです。
c0188824_03443942.jpg

次は、丸いお顔がチャーミングなワインくん(1989年生まれ)です。ウォンバットは飼育下では寿命20年程度と言われているのでかなりのお年寄り、飼育下の最年長です。
c0188824_03505635.jpg

ワインくんのグラウンドは、春にはデイジーの花がたくさん咲きます。
その中をのんびり歩くワインくん。
c0188824_03540822.jpg
c0188824_04035086.jpg

このトンネルの周りを回るのがワインくんのお気に入りの散歩コースのひとつです。
c0188824_03593955.jpg
c0188824_03574174.jpg

血気盛んなフクちゃんのグラウンドを掃除するときは、先にフクちゃんをお部屋に収容しておかなければなりません。しかし、穏やかなワインくんは、横で飼育員さんが掃除していても特に気にしていません。
c0188824_04020545.jpg
身体を左右に揺すりながら歩くのですが、特にカーブを曲がる時に身体を傾ける姿が、私は大好きです。
c0188824_04063823.jpg

最後に、ワンダーさん♀(1989年生まれ)。
小柄な身体と大きなお耳。
c0188824_04103541.jpg
ワインくんとご夫婦で、現在はワインくんと隣あったお家で過ごしています。
c0188824_04260106.jpg
可愛いおばあちゃんです♪
c0188824_04114240.jpg
春の日差しを浴びて、芝生の上でのんびり~
c0188824_04135332.jpg
突然ワンダーさんが平たくなったのでびっくり。
この写真が歪んでいるのではなく、伏せの姿勢だとこれくらい平たく、低くなります。
c0188824_04152395.jpg

のびをしてるみたいです。気持ちよさそうなお顔。
c0188824_04155130.jpg
痒いところを後ろ足でカキカキ。胸元でも前足を使わず(使えず?)後ろ足でかきます。
c0188824_04182301.jpg
ワンダーさん活発に歩き回っています。
c0188824_04213684.jpg
訪問した日は見れませんでしたが、このワインくんのグラウンド沿いに早いスピードで走っていることもあります。
c0188824_04221995.jpg


個性的な3頭のウォンバットさんたち。これからも元気でいてくださいね。
(4月29日撮影)


by rakudateikoraku | 2016-05-07 04:28 | 有袋類 | Comments(0)
ワンダーさんと黄金のじゅうたん

紅葉の季節、五月山のイチョウも綺麗に色づいて、グラウンドに美しい絨毯を敷いています。
ウォンバットのワンダーさんがその上を小走りに散歩していました。
気温が下がってきて、かなり長い時間お外で会うことができました。

c0188824_03024376.jpg
c0188824_03075344.jpg
c0188824_03070110.jpg

このフェンス沿いはワンダーさんがよく通るコースなのですが、お顔を隣のグラウンドの方に向けて歩いていることも
多いです。隣で暮らしているワインくんのことが気になるのかな?
c0188824_03050506.jpg

(11月14日撮影)
by rakudateikoraku | 2015-11-15 03:14 | 有袋類 | Comments(0)
ウォンバットのゴロさん
ウォンバットのゴロさんに会いに行ってきました。
ゴロさんは九州でただおひとりでがんばっておられます。
ウォンバットは皆それぞれがアイドルなのですが、ゴロさんもまた個性的で魅力的な方でした。

園には午後に入ったのですが、ゴロさんはおうちの中で、ベッドを兼ねた干し草に夢中でした。
c0188824_23115261.jpg
c0188824_23125346.jpg

干し草に飽きたのか、グラウンドに出ていきます。
c0188824_23145739.jpg
c0188824_23160879.jpg
23歳のゴロさん、ゆっくりした、でも軽やかな歩みで、緑が美しいグラウンドを、気ままにとことこ。
c0188824_23184416.jpg
c0188824_23052119.jpg
c0188824_22595894.jpg
けなげに咲く花を楽しんでいるのでしょうか。
c0188824_23011304.jpg

c0188824_22563738.jpg
陰からちらりと顔をのぞかせる、お茶目な表情も見せてくれました。
c0188824_22574594.jpg
ごはんの時間です。
お腹が空いていたのでしょうか、ごはんが入っているお皿を足でひっくり返したり、静かに荒らぶるゴロさん。
c0188824_23245694.jpg
c0188824_23224635.jpg
でも食事が進むにすれ、表情がどんどん優しくなっていきました。
c0188824_23290758.jpg

その笑顔にそこで見ていたみんなが癒されました。

c0188824_23312050.jpg

ゴロさん、また会う時まで元気でいてくださいね。
(4月24日撮影)


by rakudateikoraku | 2015-04-24 23:33 | 有袋類 | Comments(0)
深夜のウォンバットをライブで眺める「うぉんばっとTV」
池田市の五月山動物園のウォンバットを24時間観察できるライブカメラ「うぉんばっとTV」というサービスができていました。
帰宅してから深夜PCをいじっている時に気がついてアクセスしてみると、画像はあまり鮮明ではないですが動き回っているのが見えておもしろいです。天王寺サバンナゾーンのライブ映像と違い、夜でも見えます。
おもしろいのは、こんな深夜(現在1:45)にも関わらず、私以外に10名近い方が同時にアクセスされていること。

それにこのサービス、ユーザがライブカメラにアクセスすると、現在入園無料で運営されている動物園にスポンサーさんから募金がされるという仕組みがあって素敵です。(スポンサー集めはこれからみたいですが、たくさん集まればいいですね。
by rakudateikoraku | 2009-05-13 01:46 | 有袋類 | Comments(0)



ASPアクセス解析