タグ:ウンピョウ ( 19 ) タグの人気記事
フーシ 木に登る
今晩2つ目の投稿です。

天王寺動物園 ウンピョウのフーシくん。
行動範囲がどんどん広がってきてはいたのですが、
これまでのところm本来の生態である樹上生活の姿を見せてくれるには
至っていませんでした。

今日天王寺に行ってみると、ウンピョウ舎内の止まり木の配置がすこし変えられていました。
担当さんがいろいろ工夫してくださっているようです。
止まり木の上にいても、植えてある樫の木の葉で姿を隠しやすくなっていました。

これは期待できそうと思って、何回か立ち寄ってみたら、
フーシくんさっそく見せてくれました!

植えてある樫の木の下で、上を見上げていると思ったら。。。
c0188824_0261793.jpg



樫の木をすごい速さでよじのぼって一番上に。(途中はあまりの速さで撮影間に合わず)
登るとしたら後ろの岩から、と思っていたのですが、表から行きました。
ガラス面への写り込みはご容赦を。。
c0188824_0311731.jpg


一番上で誇らしげ(?)にカメラサービス(笑)
c0188824_0321616.jpg


止まり木の一番上で、樫の木の葉を食いちぎってました。
c0188824_0332924.jpg


この後も、何回か止まり木のところや、その手前の岩場でくつろいでいるところが見られましたよ。
c0188824_0335721.jpg


いよいよ樹上が行動範囲となってきたフーシくん、今後の動きが見逃せません。

おまけ
フーシくん、隣のアジアゴールデンキャットさん(ケンくん)のことが気になるのか、時々そちら側の柵をよじのぼっていますが、今日はかなり高いところまで登っていました。
c0188824_04213100.jpg


この高いところから。。。
c0188824_0431593.jpg


一気にジャンプ!
c0188824_044015.jpg

by rakudateikoraku | 2010-05-16 00:45 | 食肉目 | Comments(0)
溝の中のフーシ
まだ5月なのにまるで夏日のような暑さ。
天王寺動物園 ウンピョウのフーシくん、この日は放飼場の溝にはまってのびていました。
寝顔に緊張感がまるで感じられませんね。
c0188824_19229.jpg
c0188824_191348.jpg
c0188824_192243.jpg


(5月8日撮影)
by rakudateikoraku | 2010-05-10 01:12 | 食肉目 | Comments(0)
上をめざすフーシ
天王寺動物園 に昨年11月にやってきた、ウンピョウのフーシくん。
ウンピョウさんは樹上で生活していると聞いていたのですが、用心深いため、放飼場の限られた場所で過ごしていました。放飼場に置いてある木の棒にも、以前見た時には、偵察の一環でちょっと様子を見に行った程度でした。
でもだんだんリラックスしてくれているようで、動く範囲が広くなってきました。
c0188824_13175.jpg


この日は、上の空間に強い興味があったようで
c0188824_195019.jpg


c0188824_129987.jpg


この水場で水を飲んでいるのは初めて見ました。
c0188824_1304737.jpg


お手入れも忘れません
c0188824_1321937.jpg


そのまま上っていって、自然に、止まり木に乗りました。
写真には収められなかったけど、ここからさらに上を見てましたよ。
c0188824_1112878.jpg

c0188824_1114820.jpg


樹上生活まで、もう一息といったところでしょうか。気長に見守りたいと思います。

(5月3日撮影)
by rakudateikoraku | 2010-05-08 01:50 | 食肉目 | Comments(0)
自然体のフーシ
c0188824_1184283.jpg


ウンピョウ舎の植栽がだいぶ伸びてきて、身を隠しやすくなったためか
フーシくんの表情が以前より自然になったような気がします。
c0188824_1123294.jpg


でも美しい整ったお顔も時々見せてくださいな
c0188824_1121476.jpg



この日のフーシくんは、なぜか柵のところによじ登って立ち上がり、
隣のアジアゴールデンキャットさんの様子をうかがっていました。
c0188824_113732.jpg

c0188824_1132931.jpg

立体的に動いているのはいい兆候ではあります。

ウンピョウさん、木登りが得意で樹上で暮らすということなのですが、
フーシくんが舎内に置いてある木に登ったところは見たことがありませんでした。
近くまで偵察に来ていたことはありますが)
お客さんからは見づらくなるかもしれないけれど、植栽をさらに工夫すれば、本来の行動をもっと引き出せるかもしれませんね。樹上生活に適した長いしっぽを活用するところや、木の上からぶら下がるところとか、見てみたいです。

ところで、2月にやってきた「にゃんこ」ちゃん♀、まだ放飼場には登場してくれていません。緊張が解けていないそうです。
ウンピョウさんの神経質な様子はこれまでのフーシくんの行動で伝わってきていましたが、メスに強いストレスがかかるので、オスメスの出会いというのはさらに神経を使うようです。(参考: Clouded Leopard Husbandry Guidelines
繁殖を期待されているかもしれませんが、まずはリラックスして暮らせるようになってくれたらいいですね。

(4月11日撮影)
by rakudateikoraku | 2010-04-23 02:04 | 食肉目 | Comments(0)
無防備のフーシ
ウンピョウのフーシくん。
来園した当初はきわめて慎重な様子だったのですが、
最近はキャラが変わってきたようです(笑)

男前モード
c0188824_243075.jpg

少し前の写真と比べると、おひげ「ぼーぼー」がましになったような気もします。

リラックスモード
c0188824_2105182.jpg


おいおい、くつろぎすぎでしょ(笑)
c0188824_26373.jpg


完全にネコです。多くのお客さんが「この仔飼いたい~」とおっしゃっていました。
c0188824_27746.jpg



おまけ。フーシくんの肉球のアップです。
c0188824_2123560.jpg


(4月17日撮影、肉球のみ4月11日撮影)
by rakudateikoraku | 2010-04-18 02:14 | 食肉目 | Comments(0)
おとこまえ フーシ
c0188824_0552965.jpg


草陰に身を潜めて(いるつもり)
c0188824_0542155.jpg


うるうる
c0188824_0535649.jpg

あのケージの配置でこの角度からお顔を狙うのは、いろいろと大変です。。。

フーシ君、慎重な様子はあいかわらずですが、最近はあまりピリピリとした感じはなくなってきましたね。

ところで、ズーラシアからお嫁さんとなる「にゃんこ」ちゃんが来てくれていますね。
ウンピョウは単独行動をする動物だそうですから、バックヤードでもまだお見合いはしていないかもしれません。仲良く暮らしてくれたらいいですね。
by rakudateikoraku | 2010-03-22 01:15 | 食肉目 | Comments(0)
フーシ君の偵察 2
飼育員さんのスパルタ教育も緩急があるようで(笑)、この日はお部屋への戸が開放されていました。そのため、ほとんどの時間フーシ君は部屋にこもったままでした。
でも、園内をまわってから戻って見てみると、放飼場においてあった肉もいつのまにかなくなっていたので、気の向いた時に出てきていたようです。次に通りかかった時にしばらく粘っていると、入口付近に気配が。。。
(2010年2月14日撮影)

c0188824_1172144.jpg

c0188824_1174753.jpg
c0188824_118695.jpg

c0188824_1202680.jpg


表に出てきたら陽が差して暖かいのに、そんなところであくびをしているなんてもったいない。。。
c0188824_1192319.jpg


しばらく根競べが続きそうですね。。。
c0188824_1182947.jpg

by rakudateikoraku | 2010-02-15 01:23 | 食肉目 | Comments(0)
フーシ君の偵察
この日も部屋への戸を閉められてしまった、フーシ君。昼ごろになって偵察に出かけました
(2010年2月13日撮影)

c0188824_0543350.jpg


c0188824_0544893.jpg


c0188824_0534458.jpg


ガラス面まで出てきました。用心深くゆっくりです。表側ではお客さんがへばりついて見ているのですが、そちらの視線はあまり気になっていないようです。
c0188824_0562495.jpg


放飼場のすみずみまで歩いてみる
c0188824_0574770.jpg


上の方も。。。
c0188824_0583585.jpg


ここまで登りましたが、すぐ戻っていきました。
c0188824_059514.jpg


行動半径はかなり広がったものの、どこまでも用心深い様子がお客さんの笑いを誘っていました。
リラックスしてくれるにはもう少し時間がかかりそうですね。
by rakudateikoraku | 2010-02-15 01:02 | 食肉目 | Comments(0)
これでもあくびです
c0188824_04632.jpg

天王寺動物園にやってきたウンピョウのフーシ君のあくびです。
すごい犬歯ですね。ウンピョウさんの犬歯はネコ科の中でもっとも長いそうですよ。

新しい環境に徐々に慣れてもらうため、2月6日に訪問した時には、放飼場とお部屋の間が開放されていたのですが、怖いのか寒いのか、フーシ君は部屋の中にこもったままでした。飼育員さんがちょっと挑発されたとき一瞬顔を出した様子をchiroさんが紹介されています。

続けて2月7日に訪問した時には、放飼場に置かれたエサの肉を食べに出たときに、飼育員さんがお部屋との間の戸を閉めてしまい、部屋に戻れなくなってしまいました。スパルタですねー

とても用心深く、お部屋の入り口と戸の間のすごく狭いところに身を隠して、陰から外の様子をうかがっていました。寒い日なので細かくふるえていました。
c0188824_0391962.jpg


粘ってじっと見ていると、少し首を伸ばしてまわりの様子を観察し始めました。
さらに粘ってみていると、お部屋の入口から半径50cmくらいの範囲で、外に出て様子をうかがって、また入口の隙間に戻るというのを繰り返していました。おかげで全身の美しい姿を見ることができました。
神秘的な雰囲気です。
c0188824_115390.jpg

c0188824_0495656.jpg

c0188824_0455943.jpg


すこしづつ慣れていってくれるよう、驚かさずに静かに見守ってあげたいですね。

(2009年2月7日撮影)
by rakudateikoraku | 2010-02-09 01:11 | 食肉目 | Comments(4)



ASPアクセス解析