タグ:UAE ( 13 ) タグの人気記事
祝 世界ラクダの日 (6月22日) / Celebrate World Camel Day (June 22)
今年の世界キリンの日(6月21日)は、いくつかの園でイベントが開催されて例年になく盛り上がっていたようです。

そしてその翌日の今日6月22日は世界ラクダの日ですよ!!

日本でのラクダは飼育数が少なくなってきていて、将来国内では絶滅の危機もささやかれるまでになっていましたが、ここ数年(私立の園が中心ですが)厳しい規制をクリアして何頭かやってきてくれており、また盛り返す機運が高まっていると思います。

ラクダ飼育園の関係者のみなさま、この機会を活用して、愛らしいラクダさんたちををぜひ盛り上げて行っていただきたいです。

次の記事では、国内の各施設で現在暮らしているラクダさんたちをご紹介したいと思います。

写真は、久しぶりに登場、UAEの砂漠で出会ったラクダさんの画像です♪
ちなみにUAEにいるラクダはすべて飼育下の個体であり、野生や野良ではありません。
c0188824_01043233.jpg
c0188824_01053064.jpg
(2015年2月撮影)

by rakudateikoraku | 2016-06-22 01:25 | 偶蹄目 | Comments(0)
アル・アイン動物園のリカオンさん~その1
UAE滞在中にアル・アイン動物園を訪問する機会がありました。
c0188824_02043476.jpg

その中で印象に残った動物展示のひとつがリカオンでした。私自身リカオンをしっかり見たのはここが初めてだったのです。

UAEではいろんなことがありすぎて、整理が終わらないまま1年以上経ってしまいましたが、
昨年ズーラシアの「アフリカのサバンナ」エリアに導入されたリカオンの展示を見ていて、アル・アインでの生き生きとした姿が思い起こされ、
1年前の内容ではありますがご紹介しておこうと思います。
c0188824_02063441.jpg
リカオンは、砂の塊を模した壁で囲まれた広いグラウンドの中で暮らしています。観覧者は壁にあけられたガラス窓から観察します。
中東だけあって砂地が多いですが、結構大きな池や岩場などの変化もつけてあります。
訪問したのは2月ですが、日中の陽射しは相当なものです。
でも、グラウンド壁の近くには日陰ができるようになっています。
c0188824_02114226.jpg
c0188824_02120687.jpg
こんな立派な木も維持できています。アル・アインは砂漠の中のオアシスのところにできた町なので、水は豊富なのです。
木陰がいい感じです。
c0188824_02131111.jpg
季節やタイミングがよかったのか、みなさん太陽の下で楽しそうにしていましたよ。
c0188824_02233848.jpg
c0188824_02235402.jpg
c0188824_02275760.jpg
c0188824_02295700.jpg


日陰でくつろぐみなさん。日陰大事です。
c0188824_02265909.jpg
c0188824_02290839.jpg


一頭のリカオンさんが、ガラス窓のところに様子を見に来てくれました。
c0188824_02163439.jpg
c0188824_02172243.jpg
ガラス越しに少し遊んでもらいました(映りこみ失礼。。。)
c0188824_02185432.jpg
c0188824_02192813.jpg
私が訪問した時は本当に元気に動き回っていました。
別の時にアル・アインを訪問したお友達が見た時はもっとまったりしていたということなので、
私は本当にラッキーだったのだと思います。



先般リカオンの繁殖が成功したズーラシアでも、将来、このくらい元気に群れで遊ぶ姿を見てみたいですね。

つづく。。。
(2015年2月8日撮影)

by rakudateikoraku | 2016-03-10 02:42 | 食肉目 | Comments(0)
砂漠にラクダを追いかけて

UAEのはなももさんのお宅に滞在させていただいていたある日、砂漠にドライブに連れて行っていただきました。
私もサンドバギー初運転です。
この車、ナンバーがなく公道は走れませんが、そもそも砂漠を走るのに免許は要りません。

c0188824_23494096.jpg

途中、砂漠の真ん中に車を停めてまわりを観察する機会がありました。
c0188824_23570549.jpg
砂漠は不毛な地のイメージですが、その中で逞しく生きる命がたくさんあることに気がつかされます。
c0188824_00100588.jpg
足跡
c0188824_00112368.jpg
c0188824_00120324.jpg

さらに進んでいくと、ラクダの隊列が見えてきました。一気にテンションが上がります~
c0188824_00133425.jpg
c0188824_00182820.jpg
c0188824_00203599.jpg
UAEにいるラクダさんはすべて飼育されており、この方々は野生のラクダではありません。
放牧されているラクダさんが、毎日決まったコースで散歩して出かけていき、また決まったコースで帰っていくのです。
ついつい「ラクダキャラバン」と呼んでしまいますが、放牧だからキャラバンというわけでもないですね。

近くで見せていただきました。
c0188824_00293414.jpg
行きたい方に歩いている彼ら、邪魔をしないなら特に危ないこともありません。
やあ、こんにちは♪
c0188824_00322650.jpg
特に個体を示すタグなどがついている訳ではないのですが、飼育している方はちゃんと個体識別されているとかで、びっくりです。
c0188824_00331237.jpg
ラクダたちは砂丘に囲まれた平坦な広い場所にやってきました。ここは彼らが昼間過ごす場所だそうです。
思い思いにしています。
c0188824_00364835.jpg
ラクダさんたちが通り過ぎた後、足跡をチェック。
c0188824_00380403.jpg
c0188824_00393738.jpg
ふたたび車を走らせ、砂丘の上から見守ります。
c0188824_00410277.jpg
c0188824_00414925.jpg
ラクダたちの自由な時間。。。
c0188824_00433213.jpg
ん?
ラクダたちが列を作って歩き始めました。
c0188824_00444533.jpg
車を走らせ追いかけます。
砂丘からのダウンヒル♪ 初のオフロード、どきどきすることもありましたが楽しいです。
c0188824_00491374.jpg
先回りして待っていると、ラクダの隊列がやってきました。
c0188824_00510252.jpg
c0188824_00541711.jpg
実際に目の前にやってくると、これはテンションがあがりっぱなしですよ。
c0188824_00560440.jpg
右方向へ歩いていたラクダの歩みが、ここでいきなり乱れました。右側からラクダ使いさんがやってきたのです。
c0188824_00585631.jpg


どうも放牧のラクダさんたちは、おうちに帰るにはまだ早かったようです。
ラクダ使いさん、昼間の場所へ戻るようラクダの群れを追います。
c0188824_01060626.jpg
でも、ラクダたちは元の方に戻るは嫌そうで、「えー?」という声が聞こえてきそうなくらいで、
なかなかその場から動こうとしません。
c0188824_01104826.jpg
そのうちあきらめて、元の方へ歩いていきました。
c0188824_01141346.jpg
それにしても、このラクダ使いさんが、
馬を走らせるかのごとく、白いラクダを自在にあやつる様が本当にかっちょいい!
c0188824_01020139.jpg
c0188824_01025634.jpg
c0188824_01080814.jpg


by rakudateikoraku | 2015-03-28 01:18 | ヒトコブラクダ | Comments(2)
ラクダ幼稚園 その3~帽子がお似合い
前回の記事で登場したやんちゃな子ラクダ、ご主人がかぶっている帽子をおもちゃにしようとしています。
c0188824_01075191.jpg
じゃあ、かぶってみる?
ザフラーナ (左側)が羨ましそうにしています(笑)。
c0188824_01104111.jpg
ちゃんと顔作ってるね (^^)
c0188824_01121913.jpg
ね、似合ってるでしょ♪
c0188824_01140195.jpg
ザフラーナも可愛い~みんな帽子が似合ってるね♪
c0188824_01153839.jpg

by rakudateikoraku | 2015-03-21 01:18 | ヒトコブラクダ | Comments(0)
ラクダ幼稚園 その2~やんちゃ子ラク
はなももさんのお宅で今シーズンの2番目に生まれた子ラクダです。
c0188824_01180479.jpg
c0188824_01175147.jpg

私の滞在時点では、まだ幼かったので、ザフラーナ 以外の子ラクダには名前がつけられていませんでした。
この仔も名前はまだなかったのですが、私の滞在中もっとも多くの時間戯れた仔です。

この、何かいたずらを企んでいるかのような不敵な表情。
c0188824_01241677.jpg

私は、遊び相手か、よいおもちゃと認識されていたようです(笑)
私を見ると、ロックオン
c0188824_01281047.jpg

どんどん迫ってきて
c0188824_01302689.jpg
まとわりついて遊んでくれるのは嬉しいのですが、
c0188824_01423550.jpg
c0188824_01411898.jpg

腕など身体をかんでくれます(汗)
c0188824_01345761.jpg
がっつり。。。
c0188824_01354071.jpg
c0188824_01434283.jpg
ヒトコブラクダには牙はないし、まだ子供でかむ力も弱いので、別に痛くはありませんでした。
※真似したい人、真似できる環境の人はあんまりいないと思いますが、万一真似される方は自己責任でお願いします。

痛くはないのですが、ただじっとかんでいるだけでなく振り回しますし、最後には暴れて飛び跳ねるので、カメラとか蹴飛ばされるとキケン。。。

やられてばかりでも面白くないので、こちらも防御します。

c0188824_01515537.jpg
c0188824_01475754.jpg


でも
そこまでしてかみたいのかい?
c0188824_01380656.jpg


by rakudateikoraku | 2015-03-19 07:47 | ヒトコブラクダ | Comments(0)
愛しのザフラーナ
はなももさんのお宅で今シーズンに生まれた子ラクダ ザフラーナ♀(撮影時 生後3ヶ月)です。
c0188824_06283931.jpg

ザフラーナの母親は、ザフラーナを産んでそんなに日が経たないうちに亡くなってしまったのです。
それで人間が親代わりになって育てられています。
私が滞在していた当時、今シーズン生まれた幼いラクダたちにはまだ名前がつけられていなかったのですが、
そういうこともあってこの仔だけは名前をつけてもらっていました。名前は、花をつける植物の「サフラン」にちなんでいます。

ラクダは数ヶ月すれば草も食べ始めますが、母乳は1年近く飲みます。幼いザフラーナにはまだまだミルクが必要なので、
人間が哺乳瓶で与えています。なお与えているのは牛のミルクです。
間近で見ると、すごいスピードで吸っていて驚きました。


私もミルクをあげさせていただきました。
c0188824_06475325.jpg
まだ口寂しいので、哺乳瓶の口のところだけでも吸い付きます(笑)
c0188824_06460285.jpg
人工哺育になった仔は「人間になってしまい」、他の動物と一緒に暮らせないということになりがちです。
でもザフラーナを育てるのに、彼女が自立していって他のラクダたちと一緒に暮らしていけるよう心配りされていました。
それで、他の子ラクダたちといっしょに暮らせるようになり、お友達もできて仲良くしていました。
c0188824_06562902.jpg
c0188824_06572497.jpg

一緒に暮らせるようになったといえ、目が届かない夜の間に他のラクダたちとトラブルがないよう、
夜は一頭だけ分けられたお家で休んでいます。
朝一番に出してあげると、もうこれ以上ない喜びようで飛び跳ねて出てきました。







by rakudateikoraku | 2015-03-15 07:00 | ヒトコブラクダ | Comments(0)
ラクダ保育園
また、はなももさんのおうちに滞在していたときの話を続けます。

かわいい園児たち。
c0188824_00563224.jpg
c0188824_00571273.jpg
でもまだ乳幼児なので、ママといっしょの時間もたっぷり。

赤ちゃんはママに登りたがるものだよね。
c0188824_01112420.jpg
ママだいすき~
c0188824_01055500.jpg
c0188824_01062662.jpg

そしておっぱいの時間
c0188824_01164761.jpg
c0188824_01134250.jpg
ラクダのおっぱいを近くで見たことがありますか?まるで乳牛さんみたい、こんなに立派なんです。
c0188824_01325931.jpg
このおっぱいはね、
c0188824_01351447.jpg
ぼくだけのものだからね♪
c0188824_01352442.jpg

by rakudateikoraku | 2015-03-13 01:37 | ヒトコブラクダ | Comments(0)
うさぎのペティさん その2 animal
はなももさんのところで一緒に暮らしているウサギのペティさんについての続きです。

ごはんを終わって眠くなったのか欠伸。でもどこか品がある感じ
c0188824_02282770.jpg

テーブルの下とか、気に入ったところでほっこり

c0188824_02315026.jpg
まるまる。。。
c0188824_02330294.jpg
しっぽ。。。
c0188824_02341008.jpg
くつろぐ時は足を投げ出すこともあります。
c0188824_02354887.jpg
c0188824_02370194.jpg
c0188824_02381303.jpg
身体が延びてたり。
c0188824_02403180.jpg

丸まってたり。
c0188824_02393602.jpg
ちょっとした仕草のすべてが愛らしい方でした。
c0188824_02415339.jpg

by rakudateikoraku | 2015-03-04 02:44 | ウサギ | Comments(0)
うさぎのペティさん その1
UAEと日本とでは5時間の時差があります。
はなももさんのお宅に滞在させていただいた当初は、身体がほぼ日本の時計に同期しているので、21時(日本時間の2時)前には眠りについたものの、早朝3時(日本時間の8時)頃に目が覚めてしまいました。
リビングに出てくると、カーペットの上にうさぎが座っていました。いっしょに暮らしているペティ(ペティペティ)さんです。みなさん寝静まった深夜のリビングで撮影会をやっていました。(笑)
c0188824_12492729.jpg
c0188824_12504602.jpg
ご主人にハグしてもらうペティさん、愛されています。
c0188824_12525750.jpg

やってきたあびさんに挨拶しようとするペティさん。ペティさんはあびのことが大好きなんです。
c0188824_12560043.jpg
ペティさんのごはんの草をあびも食べています。
その横で乙女な目をしているペティさんです。
c0188824_12582768.jpg



by rakudateikoraku | 2015-03-03 12:59 | ウサギ | Comments(0)
あび
はなももさんのところでいっしょに暮らしているたくさんの猫たち。
でもほとんどの子は家の中に入ることを許されておらず、基本的に外で暮らしています。

お家の中で暮らしている一頭があび(あびあび)。
c0188824_01454359.jpg
c0188824_01465019.jpg
c0188824_02025585.jpg


私が訪問したのは冬でした。暑いイメージの中東ではあっても、冬は冬。暖房をつけてもらい、その前でくつろいでいました。
c0188824_01495912.jpg
c0188824_01512968.jpg
c0188824_02062062.jpg

あんまり気持ちよさそうなので、私も絨毯に寝転んで、横にちょっとお邪魔させてもらいました(添い寝状態で撮影 笑)
c0188824_01552031.jpg


by rakudateikoraku | 2015-03-03 02:11 | ネコ | Comments(0)



ASPアクセス解析