人気ブログランキング | 話題のタグを見る
岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)

2021年7月に盛岡から岡崎へ来てくれたヒトミさん。
その後園のSNSで頻繁に彼女の様子をお知らせしてくださっていたのが、2022年2月8日の投稿のあと
しばらく音沙汰がなくなり気になっていました。
なかなか彼女の状況の温度がよくわからず、会いに行ってきました。

岡崎のシンボルはやはり、今年54歳国内第4位の高齢ながら元気に暮らしているゾウのふじ子さんですが、
岡崎の皆さんに愛していただき、ヒトミさんもナンバー2?のポジションに。
岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_05521936.jpg
岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_05554020.jpg
ひとみさんのお家。当然グラウンドには出ていません。
岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_06022149.jpg
岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_06034399.jpg
干し草を置いた部屋の中でひとみさんは座っていました。

岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_07093396.jpg

ちょうどお食事中。
むしゃむしゃ食べてくれていて元気そうに見えます。
なぜこんなに元気なのに立てないんだろう?とむしろ疑問に持つ感じ。
岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_07111516.jpg
立てないながら、床の上でもぞもぞ向きを変えて、窓の外を眺めていました。
岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_06133315.jpg

岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_06183408.jpg
岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_07143478.jpg
飼育員さんがいらっしゃってひとみさんのお世話を始められました。

寝室に入ると声を出して怒りだすひとみさん。こんなに感情を表に出している彼女を見るのは初めて。

座ったままということで床ずれになった「胸のパッド」の傷を消毒したり
虫がつかないように保護する手当が必要ですが、日常のことなので、獣医さんだけでなく飼育員さんも治療に参加されています。
動物にとって医療行為を受けるのは嫌なこと。それをしてくださっている飼育員さんのことを
彼女は警戒しているのです。
岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_07265517.jpg


水をあんまり飲まなくなったので、水分を補うためキャベツを食べてもらっています。
ただ今朝何日かぶりに水を飲んだそうです。それも一気飲み。水を飲んだ後は食が進むとか。
それで今朝はたっぷり牧草を食べてくれていたんですね。

岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_23385831.jpg

キャベツはむしゃむしゃ食べてくれました。
岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_00043629.jpg
岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_00273914.jpg

床材の干し草は交換して清潔を保たないといけません。
掃除の間外に出てもらうということもできないので、
汚れた草を取り除くのもとても苦労されています。
岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_01043121.jpg
その間もお怒りのひとみさん
岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_01123026.jpg

掃除の後ひとみさんはしばらくは起きていたのですが、
岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_01154107.jpg
昼からは干し草のおふとんに寝転んでいました。
岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_01163322.jpg
干し草の敷き方も工夫されていました。
ひとみさん、立ち上がれないけれど、床の上でもぞもぞと動いています。
部屋の隅っこの方で寝転がり、狭いところに挟まって起き上がれなくなったことも
あったそうです。それで部屋の片側に高く積んで、動ける範囲を狭くしているそうです。
また完全に横になってしまうと起き上がり辛くなるので、高く積んだ干し草のおふとんに
もたれかかるように寝てもらっています。


夕方またお世話に来てくださったので、ひとみさんの状況をさらに教えていただきました。

立ち上がれなくなった後、食べる量が減ったり、好物だったはずの笹も食べなくなったり
不安定な時期があり、かなりご苦労いただいていたそうですが、
それは少し改善して安定してきたのだそうです。
私が朝様子を見た時はむしゃむしゃと牧草を食べていて案外元気そうという印象だったのですが、
ある意味具合が良いタイミングでの訪問できたようです。

主食はチモシー、ルーサンといった牧草を食べてもらいます。
他の動物園や牧場でも聞く話ですが、戦争の影響で質の良いものが手に入り辛くなり
苦労されています。
頭絡も取ってあげたいところですが、万一起き上がれなくなった場合の対処のことを
考えてつけたままにされているそうです。状況が悪くなった時にも備えてくださっています。
岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_02183265.jpg


リンゴは今も好物です。
岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_02132818.jpg

寝たきりになったラクダと言えば、野毛山のつがるさんですね。
つがるさんが存命当時の飼育員さんの取り組みを問合わせ、ひとみさんのお世話でも取り入れてくださっています。
つがるさんが大好物だった黒砂糖をあげて、ひとみさんも好んで食べているそうです。

つがるさんはコエンザイムQ10をもらっていたことが有名ですが、
その取り組みに学んで、ひとみさんにもあげてくださっています。
コエンザイムQ10には細胞の活性化の効果があり、傷の治りなどに具合がいいようです。

ラクダにあげるのは人間用のコエンザイムQ10。それを人間が服用する10倍くらいの量採ります。
決して安くはないサプリですから、お金のことが心配になります。
野毛山では寄付をいただいていたおかげでつがるさんに採ってもらえていました。
横浜市に比べてはるかに規模が小さい岡崎市で、それも無料の動物園ですが、大丈夫か心配になります。

岡崎ではゾウのふじ子さんが暮らしていますが、実はふじ子さんはコエンザイムQ10をもらっていたので、
ふじ子さん用のサプリが元々園にあり、その一部をひとみさんにもあげているので幸い問題はなかったのだそうです。
ひとみさんだけでなく、国内で4番目に高齢なふじ子さんの健康をこのサプリが支えていたのですね。
ゾウではラクダよりさらに多くの量を消費しているはずですが、岡崎市が高齢動物たちを支えてくださっています。

岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_02062970.jpg
春~秋にかけて動物たちを苦しめるサシバエ。
ひとみさんにもサシバエが来てしまうのですが、獣医さんが調合した特製のハッカ油が
虫よけに効果を表しているそうです。鼻筋のところが少し白くなっているのはハッカ油を塗ったところです。
岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_02252191.jpg

治療する飼育員さんと、担当さんの心知らず怒るひとみさん。
献身的にお世話くださって本当に感謝です。ご苦労をおかけしますが、これからもひとみさんをどうかよろしくお願いしますね。
ただごはんをもぐもぐしているところだけも構わないので、ひとみさんの様子をまた知らせていただけたら幸いです。

岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_01332705.jpg
ひとみさん、これから暑くなりさらに条件が厳しくなってしまいますが、
飼育員さんに支えられながら、まずはこの夏を乗り切ってくださいね。

岡崎のヒトコブラクダ ヒトミさんの近況(2022/6)_c0188824_02305166.jpg

(6月25日撮影)


# by rakudateikoraku | 2022-06-27 02:39 | ヒトコブラクダ | Comments(0)
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー
世界ラクダの日についての ズーラシアのtwitter記事 に平日・人数限定でラクダライドの再開の報せが。
しれっと書いてありますが、ソフィーちゃんがついにラクダライドに正式デビューしたということ、
これはラクダ界の大ニュースです。
ソフィーちゃんはライドの練習してきて2019年末くらいにはまもなくデビュー、というくらいまで
来ていたのですがコロナ禍のせいでデビューが延期されてきたのです。
2021年末に実際のお客さんでライドのテストもしていたようですが、また感染が増えて。。
それがついにデビュー!

慌てて様子を見に行ってきました。


現地に着くと、
本当だ、ライドやってる!
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_05232149.jpg

世界ラクダの日の掲示も! ありがとうございます m_O_m
私が訪問したのは6月22日は過ぎていたのですが、まだ掲示してくださっていました。
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_05254975.jpg

多くの動物種について「世界~の日」が制定されています。
その多くは野生下で絶滅の危機に瀕している彼らに思いを馳せ、何ができるか考えるきっかけにしよう
という感じで広められています。
ラクダの場合、ヒトコブラクダはすべて家畜、フタコブラクダは野生下の原生種がまだわずかに残されているものの
ほとんどが野生です。
※オーストラリアのラクダは家畜として持ち込まれたのが野生化しました。

記念日の趣旨も、ラクダの場合は、人のために役立ってくれてきた彼らの重要性を認識しようという
ものです。輸送手段としてのラクダというのはさすがに少なくなりましたが、現在でも一部では現地の人々の
生活の一部となっていますし、近年ではラクダのミルクの価値が認識されてきています。
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_05285660.jpg
また、過酷な環境で生き抜けるラクダの凄い能力も知ってもらいたいですね。
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_05403406.jpg
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_06052661.jpg

この日がライドデビュー4日目のソフィーちゃんはスタッフさんを乗せて練習をしていました。
平日、それもとても暑い日ということもあって、そもそも園内のお客さんはまばら。
ライドの定員10人ということですが、この日はまだ誰もお客さんが来ていませんでした。
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_05482186.jpg

記念写真のポーズをとる技もばっちり。
ただソフィーちゃん自身はカメラはあんまり好きではなさそうでした。
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_05514117.jpg

ずいぶん身体大きくなったね!
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_05541882.jpg
私も早速乗せてもらいました。
ラクダの鞍は個体の身体に合わせて作られた、ソフィーちゃん専用のものです。
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_05570331.jpg

さすが練習を積んできただけあって、ライドデビュー直後ですが危うさのない歩み。
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_06033858.jpg

記念写真も、ポーズをとってきっちり静止してくれました。
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_06154082.jpg
お客さんが少なかったこともあい、たっぷり近くでソフィーちゃんを見せていただけました。
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_06235053.jpg

ラクダのチャームポイントのひとつは耳だと思います。(個人の感想です)
毛の感じが白くてきれいなソフィーちゃんは特に可愛いです。
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_06242430.jpg

おやつをあげた時、多くのラクダは口先で掴むのですが、
ソフィーちゃんは手をくわえて歯で取ろうとするクセがあります。
だから食べる時はこんな可愛いお口に♡
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_06203850.jpg

帽子も似合ってるよ♪
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_06284872.jpg

2014年生まれのソフィーちゃんとは、2015年に那須に彼女がやってきて以来のおつきあい。
当時の彼女はきれいな目をした美少女ラクダでした。
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_06075847.jpg
(この写真のみ2015年8月撮影)

それがこんなに立派になって、娘が就職して初出社の日を迎えたような気分で、感激です。
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_05382066.jpg
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_06100861.jpg

ソフィーちゃん、ライドの仕事を通しこれから多くの人にラクダのことを伝えてあげてください。
そしてたくさんの人がラクダのことを好きになってもらえたらいいね!
ズーラシアのヒトコブラクダ ソフィーちゃんのライド正式デビュー_c0188824_06332810.jpg

(6月24日撮影)



# by rakudateikoraku | 2022-06-25 06:41 | ヒトコブラクダ | Comments(0)
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その2 カモミールちゃんの季節
カモミール(カミツレ)の花が満開の頃に誕生したのでその名前をもらった、尾道のカモミールちゃん。
5月25日で1歳になりました、おめでとう♪
※いろいろ滞っていて、記事にするが遅くなってしまいました。

彼女に初めて会ったのは生後2か月経った7月でしたが、今年はちょうど花が咲く季節に訪問できました。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その2  カモミールちゃんの季節_c0188824_01243476.jpg
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その2  カモミールちゃんの季節_c0188824_01435218.jpg

人によって育てられたので、今も人との距離は近いです。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その2  カモミールちゃんの季節_c0188824_01332834.jpg
私にも親しくしてくれます。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その2  カモミールちゃんの季節_c0188824_01312321.jpg

至近距離からこの目で見つめられるとメロメロになります。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その2  カモミールちゃんの季節_c0188824_01383173.jpg
ロバたちの健康のためブラッシングもしてあげるのですが、カモミールちゃんはブラッシングは苦手です笑
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その2  カモミールちゃんの季節_c0188824_01410530.jpg

まわりに人がいないと寂しがってしまうので、
ご主人が作業で牧場内を移動する時にはその近くまでお散歩に連れていくことも多いです。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その2  カモミールちゃんの季節_c0188824_01402817.jpg
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その2  カモミールちゃんの季節_c0188824_01473807.jpg
人から離れたところでひとりでいる練習。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その2  カモミールちゃんの季節_c0188824_01494812.jpg

この時はひとりで落ち着いていてくれました。
人間は彼女からは見えない少し離れた場所で談笑していました。その声が聞こえていたので
人間が近くにいると理解してくれたようです。

尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その2  カモミールちゃんの季節_c0188824_01513343.jpg

人間と同じように、他のロバたちとも一緒に暮らせるようになれますように。
ゆっくりずつでいいからね。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その2  カモミールちゃんの季節_c0188824_01554505.jpg
これからも元気で成長してね!
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その2  カモミールちゃんの季節_c0188824_02004240.jpg



# by rakudateikoraku | 2022-06-15 02:02 | 奇蹄目 | Comments(0)
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族
尾道のロバ牧場をひさしぶりに訪問してきました。
牧場へ続く坂道を上っていくと、緑の斜面でのんびり草を食んでいるロバたちが見えてきました。

尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_08313841.jpg

最初に出迎えてくれたのはダルボンさん
優しい性格で包容力があります。私は彼のことが大好きです。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_02062895.jpg
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_02053903.jpg


牧場の広い斜面で、生えている草から好きなところを選んで食べる、幸せな朝食時間です。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_02104681.jpg
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_02125764.jpg

美人タイプのアントーニャちゃん♀
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_02174791.jpg
実はアントーニャちゃんのお腹の中には新しい命が芽生えて育っています。
だいぶお腹も下がってきてますね。元気な赤ちゃん産んでね!
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_09291723.jpg

ロバファミリーの長男ロッサくん
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_09351604.jpg

実は、出産する個へのストレスを避けるなどのため、
ロッサくんはしばらく愛媛のあるお宅で預かってもらうことになっています。
その前に挨拶しておきたいと思ったのが今回の訪問の目的でした。
産まれてからずっと家族で暮らしてきたですが、がんばってきてね。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_09362155.jpg


群れのリーダー プラテーラ母さんと二コラくん(2021/9/7生まれ)。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_09354716.jpg

二コラくんはとても人懐こい個です。座っているととことこ近寄ってきてくれます。

尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_09443356.jpg


生後8か月、すくすくと育ってきてくれた二コラくんですが、
近いうちにこの牧場を離れ、他のところに移動することが決まっています。
その前に彼に会いたかったのが今回の訪問のもうひとつの目的でした。
移動先でもきっと大切にしてもらい、また現地の皆さんを笑顔にしてくれることでしょう。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_09424525.jpg

移動も近づいているのですが、時々まだお乳をもらっていました。
子育て上手なプラテーラ母さん、これまでの子はプラテーラさんが断乳のタイミングを決めて
それ以降は決してお乳を飲むことを許しませんでした。二コラくんはまだ許してもらっているのですね。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_09462201.jpg
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_09493465.jpg


リーダーでベテランのお母さん、どっしりしています。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_09393080.jpg
プラテーラさんもお腹が下がってますね。。。
実はここにも新しい命が芽生えています。会える日を楽しみに待っていますよ。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_09375937.jpg


プラテーラさんの第3子 ジロくん(バロン ジロ、2020/8/28生まれ)
いろんな意味で男らしくなりました。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_09303347.jpg
かなりのやんちゃさんです。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_09290539.jpg


二コラくんと戯れるジロくん。いまのうちにいっぱい一緒に遊んでおいてね。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_09243132.jpg
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_09493951.jpg


ロバだけでなく、ヤギにも動きがありました。
2月にヤギのキリちゃんが双子の赤ちゃんを産んでいていました。
朝はママと一緒にうとうと。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_01243946.jpg

私に気がついたようです。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_01263995.jpg
立春の日に生まれたので、りっちゃんとはるちゃんと名づけられました。
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_01420344.jpg

懐こい子たち。訪れるお客さんたちをメロメロにしているようです笑
尾道のロバ牧場再訪(2022/5)~ その1 新しい家族、巣立っていく家族_c0188824_01463838.jpg
つづく


# by rakudateikoraku | 2022-05-26 09:46 | 奇蹄目 | Comments(0)
シタツンガのタンゴの子供たち
王子動物園で生まれ、2014年に姫路セントラルパークに移動したシタツンガのタンゴを覚えていますか?
誕生直後から成長を見守り送り出した子なので、その後の様子が気になっていました。
数頭が分かれて暮らしている王子と違って、多数の個体が群れで暮らしている姫路だと、他個体と仲良くして
くれているか、ライバルに負けてないかと、なおさら心配です。
シタツンガのタンゴの子供たち_c0188824_10154754.jpg
(2011年5月6日、誕生2日目)
シタツンガのタンゴの子供たち_c0188824_10170227.jpg

(2012年2月撮影)


シタツンガのタンゴの子供たち_c0188824_10130914.jpg
(2013年11月)

最近姫路セントラルパークに訪問した際に質問したところ、元気にしていて、繁殖にも参加していると聞きました。
子孫ができているならそろそろ見れる頃に様子を見に行きました。

タンゴ近影。角を補修してもらっています。
男の勲章といったところでしょうか。王子から送り出した時は少年のような顔でしたが、イケメンになりましたね!
シタツンガのタンゴの子供たち_c0188824_10232929.jpg

子ツンガたち。
王子のように♂♀ペアではなくて、群れの中での繁殖なので
明確にタンゴの子と確定はされていないようでしたが、たぶんそうだろうとのこと。
草食の子の可愛さは格別ですね。
シタツンガのタンゴの子供たち_c0188824_10272919.jpg
シタツンガのタンゴの子供たち_c0188824_10262809.jpg


シタツンガのタンゴの子供たち_c0188824_10313759.jpg
シタツンガのタンゴの子供たち_c0188824_10321491.jpg
シタツンガのタンゴの子供たち_c0188824_10374206.jpg
この子はたぶん男の子じゃないかな?幼い時のタンゴの面影を感じます。
シタツンガのタンゴの子供たち_c0188824_10394347.jpg
夕方になったら飼育員さんに促されておうちに帰っていきました。
シタツンガのタンゴの子供たち_c0188824_10405404.jpg

タンゴが子孫繁栄している様子を見れて嬉しかったです。
また会いに来るね。
(2022年4月撮影)

# by rakudateikoraku | 2022-05-04 10:46 | 偶蹄目 | Comments(0)



ASPアクセス解析