シタツンガファミリーとの再会の挨拶
口蹄疫発生で、全国の牧場や動物園で偶蹄目の動物たちが隔離されたりするなどしていました。
王子動物園の北園にあるシタツンガ舎は、人間の通路と動物の距離が非常に近いため、
柵が設けられて分離されていました。感染防止のためとはいえ、シタツンガのみんなに近づけないのは寂しい日々でした。

先日の宮崎での非常事態解除を受け各地の動物園からふれあいなどの再開が報じられていました。
電話して聞いてみたら、王子動物園でもふれあいが再開されたということで、シタツンガファミリーともまた交流できるかと思い、早速行ってきました。(8月1日撮影)

今日の神戸の天気は、晴れ時々曇。朝曇っていたので、シタツンガのみんなも外でごはんを食べていたのですが、食べ終わる頃には陽射しがまた強くなり、みんな小屋に戻ってしまいました。

小屋で過ごすときは、サツキさんが門番のように入口付近に座っていることが多いです。
c0188824_181811.jpg


粘っていると、クララちゃんが顔をのぞかせました。
c0188824_0293530.jpg

c0188824_0304960.jpg


目があいました
c0188824_0323695.jpg


また近くまで来てくれたので、しっかり挨拶を交わすことができました。
c0188824_0352549.jpg


シタツンガ舎の柵には、夏の暑さをしのげるよう、グラウンドに散水する設備ができていました。
c0188824_044319.jpg


地面が濡れているのは、散水のためです。
これが動いていると、シタツンガさんがいそいそ集まってきて、動きが生き生きしています。
c0188824_0411699.jpg


ミストを浴びながら涼しげに歩くアラシくん。水辺の動物という感じでいいですね。
c0188824_071262.jpg


サツキさんとミナトちゃん。濡れた柵のしずくを舐めてます。
c0188824_0205289.jpg


アスカさんとミナトちゃんの仲良し母子。最近のミナトちゃんは「びびり」になっているそうです。
この日も鳩が飛んだとかちょっとしたことで、びくっと反応して走って逃げてました。
いつもアスカさんと行動をともにしています。
c0188824_0454183.jpg


アスカさんはとてもフレンドリーだったのが、隔離している間に私のことを忘れて
しまったのか最近はちょっと冷たかったのですが(泣)、近づいてきたら
思い出してくれたようで、挨拶を交わすことができました(幸)
アスカさんが挨拶してくれると、ミナトちゃんも寄ってきて挨拶してくれました。

サツキさんと、ミナトちゃん、クララちゃん。
まだこれくらい身体の大きさが違います。
いつかお嫁に行ってしまうであろうミナトちゃん、今の姿を目に焼き付けておこうと思います。
c0188824_165642.jpg


今日はサツキさん以外全員と挨拶を交わすことができました。
3ヶ月ぶりだけど、これで思い出してくれたかなー。。。
by rakudateikoraku | 2010-08-02 01:14 | 偶蹄目 | Comments(2)
Commented by うびい at 2010-08-02 21:49 x
こらくさんがファミリーと再会できてほんとに良かったです。
ハイジちゃんと言う名もずっと覚えておきます。
ミナトちゃんがお嫁に行ったらお嫁入り先までこらくさん、きっと行っちゃいますよね~^^
Commented by rakudateikoraku at 2010-08-03 00:25
うびいさん、コメントありがとうございます。
王子ほど、シタツンガさんに接近できる(そして運がよければ挨拶ができる)園を私は知りません。たとえ会いに行っても、遠くから見守るだけになりそう。。。
でも、、、、
行かないといけないところが増えてうれしい悲鳴です(汗)
<< 母の背中で 登頂のラフちゃん >>



ASPアクセス解析