シタツンガ タンゴの旅立ち
王子動物園のシタツンガ タンゴくん(3歳)が、今日(8月28日)よその園に旅立ちました。
(8月30日追記 行き先は姫路セントラルパークで、無事到着したとのことです)

c0188824_22445817.jpg
(2013年11月3日撮影)


タンゴとは生まれた直後 からのつきあいでした。
誕生当日はお部屋にこもっていて会うことはできませんでしたが、生後2日目に会うことができました。
c0188824_22523427.jpg
(2011年5月6日撮影 生後2日目)


5月5日に生まれたこの赤ちゃんのお名前候補として、担当飼育員さんに推薦し、採用していただいたのが「タンゴ」の名前でした。
愛着が湧き、頻繁に会いに行って成長を見守ってきました。


c0188824_23122756.jpg
(2012年1月7日)


体毛の色が変わっていく様子。
c0188824_23154746.jpg
(2012年3月3日)


立派な角になっていく様子も見守ってきました。
c0188824_23363255.jpg
(2012年10月7日)


何回も会いに行っていたら、顔見知りになり、毎回挨拶を交わす間柄に。。。
※この仔らにエサやりは一切していません
c0188824_23174531.jpg
(2012年3月17日)

タンゴは少し臆病な個体で、おうちの中に篭っていることは多かったのです。
c0188824_23234400.jpg
それでもすっかり懐いてくれて、会いにいくと寄ってきてこんな表情を見せてくれました。
他のお客さんにもだんだん慣れてきて、最近は「怖がりって書いてあるけど。。。」とお客さんが驚くようになっていました。
c0188824_23292439.jpg
(2014年8月23日)

こんな幼い表情を見せるときもありますが、西隣のニホンジカを挑発したりするような荒々しい(ある意味男らしい)一面もありました。
c0188824_23430315.jpg
(2012年5月27日)

王子はシタツンガ3面のグラウンドを使っていました。これ以上赤ちゃんが増えても飼育する場所がありません。
もう大人になったタンゴですが、特にミサキが生まれた後はずっと、仲間とは分けられたグラウンドでずっと過ごしてきました。
c0188824_23454608.jpg

アスカさんなど他の個体と網越しにコミュニケーションをとることもありましたが、寂しかったはずです。
c0188824_23390785.jpg
移動先の園では、たくさんの仲間たちといっしょに暮らせ、繁殖に参加する機会もあるかもしれません。
新天地で幸せに暮らしてほしいです。

もうこんなに親しく接することはできないけど、また会いにいくね。
c0188824_23500242.jpg



by rakudateikoraku | 2014-08-28 23:52 | 偶蹄目 | Comments(0)
<< 祝 天王寺ケープハイラックスの... 東北フタコブ旅2014夏 そ... >>



ASPアクセス解析