神戸どうぶつ王国のシタツンガの赤ちゃん
神戸どうぶつ王国のシタツンガの赤ちゃんの展示が10月10日から開始されると発表されました
神戸にいる3頭のシタツンガさんは全員メスなので、突然の知らせにびっくりして、早速様子を見に行ってきました。
c0188824_00475962.jpg

赤ちゃんはアニーさんの娘です。アニーさんのそばにくっついていました。
c0188824_00320944.jpg

くりくりっとした目が可愛いです。
c0188824_00341507.jpg

赤ちゃんは9月2日生まれ、すでに離乳が終わっているとのことでした。
お話をうかがったところ、アニーさんは今年の春に他の動物園から移動してきたのですが、その時にすでにおなかの中に命が宿っていたようです。

ペリカンラグーンの島は、木の枝など障害物も多いのですが、元気に乗り越えます。たくましく育っていました。
c0188824_00513643.jpg
c0188824_00514926.jpg
ママについていく赤ちゃん
c0188824_00551898.jpg

あんまり赤ちゃんのことを気にはとめず、ペリカンラグーンの島から池の中に入っていくアニーさん。
c0188824_00492041.jpg
アニーさんは池の上の木の葉が食べたかったようです。
赤ちゃんは水に入ろうかどうか、躊躇しています。
c0188824_00563066.jpg

ママについていくため、赤ちゃんも勇気を出して水に入りました。
c0188824_00574169.jpg
c0188824_00583748.jpg
何かに驚いて池の中を走ってまた陸に上がっていきました。
c0188824_01001383.jpg

ママといっしょに島の木の枝を食べてます。
c0188824_01005150.jpg
赤ちゃんをなめてあげるアニーさん
c0188824_01022807.jpg
c0188824_01025377.jpg
他のシタツンガさんたちと。
左からプララさん、ニコちゃん、赤ちゃん、アニーさん
c0188824_01042163.jpg

柔和でのんびりしているように見えるシタツンガさんですが、特にこの場所はたくさんの動物たちと同居していることもあり、
子育て中は神経質になっています。
ニコちゃん(右)とにらみ合うアニーさん。
c0188824_01092100.jpg
c0188824_01095819.jpg
最近ペリカンラグーンの中の島までお客さんが上陸できるようになったので、シタツンガさんを間近に見れるチャンスがあるかもしれません。
でも臆病な動物なので、追いかけたりせずに静かに観察してあげてくださいね。
c0188824_01145429.jpg
(10月11日撮影)


by rakudateikoraku | 2015-10-15 01:15 | 偶蹄目 | Comments(0)
<< ツシマヤマネコのみやこちゃん、... 天王寺の新入りコビトマングース... >>



ASPアクセス解析