人気ブログランキング |
大森山のトナカイさん再訪(2019/02)その3~千葉から来たトナカイたちと群れのみんなの近況
大森山で暮らしている6頭のトナカイさんたちの冬の姿を紹介していきましょう。
雁来ちゃん(左の赤い頭絡、2013年6月12日釧路生まれ)と息子の春来ちゃん(2018年4月28日大森山生まれ)
c0188824_01111685.jpg
仲良し母子です。
c0188824_01121554.jpg
c0188824_01122959.jpg

ルドルフくん(2013年5月21日生まれ)
立派な角の持ち主なのですが、角が落ちてすっかりおとなしくなっていました。
c0188824_01201578.jpg
人懐こいのは同じ
c0188824_01205400.jpg

元気くん(2016年6月14日生まれ、故サクラさんの最後の子)。2歳でもうすっかり大人の仲間入り。
本来♂のトナカイはもっと早く角が落ちるのが普通ですが、2月なのにまだ角が残っています。
昨年夏に訪問した時はルドルフくんと元気くんで同居していたのですが、今回は別居していました。
c0188824_01004653.jpg
大人になったけど甘えん坊で近寄ってきます。ただこの角で近づいてくると危ないです。
c0188824_01083451.jpg
グラウンドから遠いところにいると、構ってほしそうな目で見つめていました。
c0188824_01065598.jpg

ルイくんとコマチさんは、千葉市動物公園の「家畜の原種ゾーン」の閉鎖 に伴い、
昨年6月大森山動物園に移動していたトナカイ さんです。

昼頃トナカイ舎の真ん中のグラウンドをのぞいてみると、ルイくんの姿がありました。
(2010年5月21日 多摩生まれ、撮影時8歳)
c0188824_00082927.jpg
c0188824_00371505.jpg

隣のフェンスの方へ
c0188824_00033032.jpg

春来ちゃんがやってきて、ルイくんと会話していました。
c0188824_00063321.jpg
舌を出しているルイくん。挨拶しているみたい。
c0188824_00074303.jpg

座って休んでいる雁来ちゃんと春来ちゃん、その向こう側でルイくんが水を飲んでいます。
c0188824_00111083.jpg
c0188824_00114901.jpg
振り向いたルイ君と目が合いました。
c0188824_00135645.jpg
ウシっぽい。。。
c0188824_00144763.jpg
c0188824_00164371.jpg
こちらを見ながら
c0188824_00170992.jpg
歩いてきました
c0188824_00173472.jpg
ルイくん、間近に来てくれました。
トナカイは「馴鹿(じゅんろく)」とも言われ、その名の通り人懐こい性格です。
このグラウンドのところは人通りが少ないので、私が珍しかったのかも。
c0188824_00185129.jpg
大きな目ともふもふしたお口が可愛いね~
c0188824_00190439.jpg

さて、コマチさん(2003年5月24日大森山生まれ 撮影時15歳)小屋の中にいることが多く、
グラウンドではレアキャラになっているそうです。
何回か見に行ったら、午後に1度だけ会うことができました。


雪を食べています。片方の角が少し残っています。
c0188824_00482854.jpg
c0188824_00531640.jpg
c0188824_00555623.jpg

暑い千葉からやってきた2頭が秋田の気候や環境、飼育方法にすっかり馴染んでいたのでよかったです。
特にコマチさんは高齢ですが、これからも健やかに暮らしてもらいたいです。

みんな、またやってくる夏に備えてしっかり身体を作っておいてくださいね。
(2月10日撮影)



by rakudateikoraku | 2019-03-05 01:29 | 偶蹄目 | Comments(0)
<< カバの出目丸ちゃん 独り立ちへ 大森山のトナカイさん再訪(20... >>



ASPアクセス解析