人気ブログランキング |
カテゴリ:フタコブラクダ( 244 )
東北フタコブツアー2019/5 その3 那須どうぶつ王国のフタコブたち
ウランちゃんがとべ動物園に移動した後の那須のみんながどんな様子なのかを見に行ってきました。

ジェシーちゃんは元気です。あいにくこの日はライドはお休みでした。
c0188824_01021787.jpg
c0188824_01023425.jpg

以前はウマのふれあいグラウンドの隣に3頭が入っていたのですが、
アシュちゃんの姿はそこにはなく、セトくんだけがいました。
那須は涼しい場所ですが、換毛の進み方が凄いですね。
c0188824_00530818.jpg
c0188824_00545246.jpg
そして、この場所でラクダにおやつをあげることはできなくなってしまいました。
オスの大人ラクダとの接触は危険と判断されたようです。
c0188824_00562589.jpg
アシュちゃんは食堂の横のグラウンドにいました。
頭に残った毛が可愛いね~
c0188824_01100611.jpg
c0188824_01171785.jpg
こちらではアシュちゃんに販売されているおやつをあげられます。
ただお隣のウマさんとアシュちゃんの両方から熱い視線を向けられますので
悩ましいです。両方におやつをあげれば解決♪
c0188824_01234512.jpg
c0188824_01252380.jpg
いい食べっぷりだね~
c0188824_01305580.jpg
注意: アシュちゃんやウマさんにおやつをあげることはできますが、グラウンドの特定の面からあげるのは禁止になっているので、
気をつけてくださいね。
c0188824_01291009.jpg
さて、八木山のラッキー、砥部のウランちゃん、那須のセト、アシュちゃんは
同じ便でいっしょに日本にやってきてくれた、ほぼ同世代の子たちです。
つまり今年度でみんなほぼ適齢期になるんです。
フタコブラクダの妊娠期間は約13か月もありますから、まだまだ先の話ではありますが、
新しい血統の新世代のラクダたちの赤ちゃんが日本で誕生するかもしれませんよ。これからが本当に楽しみです。


(5月20日撮影)

by rakudateikoraku | 2019-05-31 01:38 | フタコブラクダ | Comments(0)
東北フタコブツアー2019/5 その2 八木山のラフちゃんとラッキー
絶賛換毛中のラフちゃん(左)とラッキー(右)です。
c0188824_22515362.jpg
やはり若い仔は換毛が早いですね。
c0188824_23075668.jpg
c0188824_23091204.jpg

私が訪問した前日、換毛を手伝ってあげる「ラクダだってクールビズ」のイベントがあったようです。一日違いで、残念。。。
c0188824_23020101.jpg
小枝をくわえて玩具にして楽しんでくれているのが嬉しいです。これは他の園もまねしてほしいですね。
c0188824_01173294.jpg
c0188824_01183121.jpg
c0188824_01202081.jpg



美人顔のラフちゃん
c0188824_23275856.jpg
イケメン風? 味のある髪型のラッキー
c0188824_23522200.jpg
c0188824_00495063.jpg
c0188824_23524150.jpg
いつも一緒にいる印象のふたり
c0188824_23270623.jpg
ラッキー、女の子との適切な距離を学んだように感じました。
いたずらして怒られることもありません。
c0188824_23463676.jpg
c0188824_23472990.jpg
仲良し♡
c0188824_23442435.jpg
ラッキーは3歳と5か月、12月には4歳になります。
幼いうちにやってきてくれたのですが、順調に成長して大人になってくれました。
行動も大人の男っぽく。
c0188824_01051383.jpg
これからが本当に楽しみなふたりです。
c0188824_00590689.jpg

(5月19日撮影)

by rakudateikoraku | 2019-05-30 01:20 | フタコブラクダ | Comments(0)
東北フタコブツアー2019/5 その1 大森山の来来ちゃん再訪
梅雨に入る前に東北各園のフタコブラクダたちの様子を見てきました。

大森山へは秋田駅からのバスも走っていますが、
最近はいつもJR線羽越線新屋駅から徒歩で向かい、開園時間より十分早く現地に着くようにしています。
c0188824_22482037.jpg
開園時間9時より前に着くと、公園側ビジターセンターに入れます。
ビジターセンターのテラスの正面にはラクダ舎があり、開園前でもテラスから様子を眺められます。
まだ8時30分頃だったのに、来来ちゃんの姿がありました。
以前出勤直後の状態を見た時はグラウンドで干し草を食べていたのですが、この時はグラウンドに座っています。
c0188824_23125265.jpg
c0188824_23201207.jpg
立ち上がって水を飲んでます。この様子を近くで見たかったのに~
※過去記事「大森山のラクダさん再訪~その2 ラクダはすごい勢いで水を飲む」参照
c0188824_23465476.jpg
開園時間になったのでラクダ前に駆け付けました。来来ちゃんは座っています。
c0188824_23545897.jpg
c0188824_23571018.jpg

大森山のラクダ舎では、販売されているおやつのペレットを「ラクダドーム」という場所でラクダにあげることができます
以前だと、ラクダ舎前の販売場所で財布から100円玉を出している音だけで、ラクダたちが立ち上がって集まってきてくれたものでした。
しかしこの日の来来ちゃんは座ったままでした。
ペレットのカップを見せても座っていました。
c0188824_00003680.jpg
ペレットをどんどん転がして数分様子を見ていると
c0188824_00085696.jpg
やっと立ち上がってドームまで歩いてきて、おやつを食べてくれました。
c0188824_00104104.jpg
c0188824_00142524.jpg
c0188824_00163026.jpg
いったんスイッチが入るとおやつをどんどん食べてくれました。
c0188824_00201119.jpg
おやつを食べた後、ラクダドームの天井をぺろぺろするのも以前のまま
c0188824_00232050.jpg

途中でラクダドームのすぐ脇に座り込んでいました。
c0188824_00335278.jpg
営業対応も座ったまま
c0188824_00350533.jpg
そのうち寝転がってしまいました。
c0188824_00381016.jpg
ふかふかの砂の上に気持ちよさそうに寝ている来来ちゃん
c0188824_00405480.jpg
来来ちゃん、以前に比べると座っている時間が長いと感じます。
ラクダは500kg近い体重なので、支える脚に負担がかかり、高齢になってくると脚が弱りがちです。
5月2日に14歳になったばかり来来ちゃん。この位だとまだ高齢というほどではないですが、
そろそろ気をつけてあげないといけません。

飼育員さんにお聞きしたところ、最近の来来ちゃんは夜寝室に戻るのではなく、
終日グラウンドで暮らしてもらっているそうです。それで早朝からグラウンドに姿があったのですね。
柔らかい砂のグラウンドであれば、長い時間座ったり寝ていることになっても負担が軽いです。

ラクダ舎の更新された解説掲示を見ると、脚への負担に気を配ってお世話してくださっている様子がよくわかります。
来来ちゃんを大切にしてくださって感謝です。
c0188824_01034567.jpg
通常は寝室に帰ってからごはんをもらっていたのですが、
この日閉園直前に様子を見に行くと、お外でたくさんの干し草をもらっていました。
c0188824_01071985.jpg
来来ちゃん、これからも元気で長生きしてくださいね。

(5月18日撮影)



by rakudateikoraku | 2019-05-23 01:19 | フタコブラクダ | Comments(0)
祝!とべのフタコブラクダ飼育復活~ その2 ウランちゃんとブライアンくんのシンクロ
那須からやってきてくれた、オランダ出身のウランちゃん
c0188824_00140373.jpg
そしてはるばるアメリカから来てくれたブライアンくん
c0188824_00043451.jpg
とべには来たばかりで慣れようとしているふたり。
お互いに意識していることが伝わってきます。
c0188824_23483702.jpg
柵越しに身体を伸ばすウランちゃん。
c0188824_23473512.jpg

c0188824_23564269.jpg
ご挨拶のコミュニケーション
c0188824_23465788.jpg
ウランちゃんがさらに身体を乗り出してくれて、ブライアンくんが鼻にタッチ☆
c0188824_01450078.jpg
年上のウランちゃんがブライアンくんを気遣っているようにも見えますね。

さて観察していると、ブライアンくんが飛び跳ねていました。
(動画からのキャプチャなので絵が止まっていません)
c0188824_02132816.jpg

このような行動は若い個体が、嬉しかったりして興奮してきて時々やっているのを見かけます。
(例:ラフちゃんがはねるところ

しかしブライアンくんの様子を見ていると、まるで「ウランちゃん、一緒に踊ろうよ~」と
誘っているかのように、ウランちゃんの様子を見ながら跳ねたり小走りしたりしていたのです。
しまいには、ウランちゃんがブライアンくんに釣られていきます。
その様子を動画でご覧ください。



このふたりはきっと仲良くなれると確信しました。
また会いにくるね~
(3月30日撮影)

by rakudateikoraku | 2019-04-11 02:26 | フタコブラクダ | Comments(0)
祝!とべのフタコブラクダ飼育復活~ その1 はじめましてブライアンくん
とべ動物園のラクダ系譜はヒトコブラクダのブービーくんが2017年に亡くなってからしばらく途絶えていたのですが、
以前はヒトコブ・フタコブ両方が暮らしていたそうで、フタコブラクダの飼育は16年ぶりだそうです。
早速会いに行ってきました。

まずブライアンくん。「ブライアン・御結び」(おむすび)という日本名もつけてもらっていました。
(※このブログではブライアンと呼称させていただきます。)
彼は、まだ1歳にもなっていないのに、はるばるアメリカから日本にやってきてくれました。
感謝するとともに、大切にして応援していきたいと思います。
c0188824_00513175.jpg
凛々しい少年ラクダさん。
c0188824_00563777.jpg
c0188824_00534517.jpg
c0188824_01010620.jpg
c0188824_02015551.jpg


2月に来日し春になって初めての換毛が始まったので、毛の感じがぼろぼろですが、
これはフタコブラクダの正常な状態です。初夏までには完全に夏毛になるはず。
c0188824_01000250.jpg
c0188824_01034917.jpg
ラクダのこぶの立ち方や形の個性があります。
幼いブライアンくんのこぶはまだへちょってなってるけど、成長につれて立派になってくれるはずです。
c0188824_01314551.jpg

そしてウランちゃん。
彼女には那須時代に何回か会っていたので(来園後2017/5, 2017/9, 2018/4 ほか)
場所を変えて久しぶりの再会です。
c0188824_01105414.jpg
寒い那須から来てくれたのですが、まだ換毛は始まっていませんでした。
c0188824_01115157.jpg
幼い時から頭の褐色の毛が繊細で美しい個でした。大きくなったね~
c0188824_01450142.jpg
c0188824_01130082.jpg
「超べっぴんさん」♪ この担当さんはラクダ審美眼をお持ちのようで素晴らしい!
ウランちゃんの展示開始のニュース報道でもこの文言が使われていました。

ウランちゃんは、那須のセトくんアシュちゃん、八木山のラッキーくんと一緒にオランダから来てくれました。
ラッキーくんは2015/10/12と具体的な誕生日がわかっているのですが、
ウランちゃんの正確な生年月日は那須側も把握していなかったようです。
今後は来園日3月11日がウランちゃんの記念日になりそうです。
c0188824_01150468.jpg

ウランちゃんの方のグラウンドにはロープで柵がされています。
c0188824_01382657.jpg
昔ここで暮らしていたラクダさんがモートに落ちたことがあったらしく、安全対策とのことです。
c0188824_01371041.jpg
でもウランちゃんには格好の暇つぶしのおもちゃです。
c0188824_01363496.jpg
c0188824_01404579.jpg

ブライアンくんとウランちゃんが並ぶとこの位体格が違います。
c0188824_01195779.jpg
ご挨拶。
ふたりで暮らすのもだいぶ慣れたようで、このような行動を見たのはこの1回だけでした。
c0188824_01421754.jpg
朝いらっしゃった担当飼育員さんからニンジンのおやつをもらっています。
関係づくりをちゃんとやっていただいていて流石です。
c0188824_01552770.jpg
c0188824_01530308.jpg
担当さんが離れると、切ない感じの目で追いかけていました。
心理的に担当さんをよりどころにしてくれているようです。
c0188824_01580369.jpg
c0188824_01583326.jpg

担当さんがお昼のごはんを入れてくれました。
緑が豊富な園内で採れた新鮮な野草もらえて美味しそう~
c0188824_01493372.jpg
樹枝も(カシの仲間?)
c0188824_01500307.jpg
c0188824_01502912.jpg
担当さんがグラウンドにごはんもって入ってくると
ブライアンくんは全力で走ってきました。危ない笑
c0188824_02102253.jpg
c0188824_02110678.jpg
ブライアンくんは干し草(チモシー)大好き
c0188824_02114697.jpg
c0188824_02130419.jpg
美味しそうに食べてくれていて何よりです。
c0188824_02135122.jpg
樹枝も嬉しそうでした。
c0188824_02150192.jpg
大きな枝を食べるのがおもちゃ的にも楽しそうです。
c0188824_02161000.jpg
スキンシップの練習。ブライアンくんは担当さんに懐いているようなので大丈夫ですね。
c0188824_02175483.jpg
ブライアンくんは野草はあまり好まないらしいのですが、食べる練習もしています。
c0188824_02200503.jpg
つづく。。。
(3月29日撮影)


by rakudateikoraku | 2019-03-30 02:24 | フタコブラクダ | Comments(0)
ジャックの選り好み
天王寺のおじいちゃんラクダのジャックです。
c0188824_12360944.jpg
ラクダの繁殖シーズンのこの季節、毎年ジャックはほとんどごはんを食べなくなります。
ジャックがおじいちゃんになってもそれは変わりませんでした。
朝ラクダ舎に行ってみると、前日の青草がまだいっぱい残っていました。
c0188824_12373015.jpg
新しいごはんを入れてくださっているのに反応なし。
c0188824_12382187.jpg
昼前にごはんの台までやってきましたが、
c0188824_12401228.jpg
青草だけでなく、ジャックの大好物の練り餌もおいてあるんだけど、ジャックは食べません。
鳩が集まってついばんでいるのを見ています。
c0188824_12414651.jpg
練り餌に少しだけ口をつけただけで、その場を離れました。
c0188824_12424264.jpg
c0188824_12440782.jpg
でも、
c0188824_12460056.jpg
グラウンドに生えてる草の新芽は食べているジャックでした。
c0188824_12470756.jpg
選り好みして、一番食べたいものだけ少しずつ食べているジャック。
あんまり食べないことは毎年心配になりますが、だいじょうぶだね♪
c0188824_12490031.jpg
(3月21日撮影)

by rakudateikoraku | 2019-03-27 12:51 | フタコブラクダ | Comments(0)
雪の大森山のラクダさん再訪(2019/2)
冬季休園中の大森山で週末だけ開園している「雪の動物園」
c0188824_22513176.jpg
今年の冬は秋田でも雪が少なかったそうですが、私が訪問する前の日くらいからまとまった雪でした。
c0188824_23001993.jpg
c0188824_23015495.jpg
朝からかなり降ってます
c0188824_23023068.jpg

一面の真っ白のラクダ舎
c0188824_23081818.jpg
ラクダが雪の上に倒れてる!

c0188824_23092728.jpg

その上に雪が降り積もってる!大丈夫か????
c0188824_23140560.jpg
むくり、「ん?呼んだ?」
c0188824_23180423.jpg
あくびしてる~
c0188824_23193843.jpg

「ラクダは暑い砂漠で暮らしている」というイメージを持たれている方は少なくないと思います。
確かにヒトコブラクダは中東の砂漠、オーストラリアの砂漠等で暮らしていますが、
フタコブラクダはモンゴル等のより寒い方の地域で暮らしています。
もふもふの冬毛で、これくらいの雪や寒さはへっちゃらな来来ちゃん♀です。
c0188824_23204708.jpg
起き上がって座りました。

c0188824_23314342.jpg
c0188824_00091831.jpg
あまつさえ、雪食べてます。
c0188824_01025781.jpg
過酷な砂漠でも頼りになる「砂漠の舟」とも呼ばれるラクダ。
フタコブラクダさんは真冬の雪が降る中でも逞しく生きていました。
c0188824_23270414.jpg
c0188824_01083971.jpg




午後になって雪は上がりました。
「来来~」と呼びかけると
c0188824_01100503.jpg
ん?
c0188824_01104223.jpg
c0188824_01115662.jpg
「はーい♪」
c0188824_01181234.jpg
c0188824_01205274.jpg

グラウンドには来来の姿しかありません。
ずっと来来といっしょに暮してきた兄の楽楽は、昨年夏頃から目に見えて体調が落ちていました。
懸命のケアをしていただいていたのですが、病のため残念ながら私が訪問する前月の1月5日に、16歳の若さで亡くなりました。(共同記事
c0188824_01240860.jpg
兄妹ですがいつも一緒にいた仲良しのふたりでした。
当時、大森山のラクダ舎を訪ねた一般客の私が声をかけたくらいではあんまり反応してはくれませんでした。
こんなに反応してくれるのは、今はひとりで寂しいのかも?
何回も話しかけてあげました。
c0188824_01432659.jpg
c0188824_01472229.jpg
c0188824_01440043.jpg
全国に散らばっていた子孫の中には天王寺に嫁いだコニーさんがいます。そしてこのブログでよく登場するラフちゃんはコニーさんの娘、つまり大森山の血筋、蘭泉さんと田田さんの末裔でもあるのです。

来来は彼らの最後の子、12番目の子です。その意味でも、来来には長生きしてほしいと願っています。
13歳ですからまだまだ若いですからね。
来来、これからも元気でね。
c0188824_01562667.jpg
c0188824_01570963.jpg
c0188824_01580624.jpg
(2月9日撮影)

by rakudateikoraku | 2019-02-26 02:18 | フタコブラクダ | Comments(0)
ラフちゃん&ラッキーの近況(2019/02)~その3 いちゃいちゃ?
いつも一緒のラフちゃんと、ラッキー
c0188824_01424854.jpg
ラッキーが座り込み、ラフちゃんが寄り添って立っています。
c0188824_01235603.jpg
ラッキーのにおいをかいでいる?
c0188824_01274643.jpg
ラフちゃん表情が楽しそうだね
c0188824_01282566.jpg
で、ラッキーは何してるんですか?
c0188824_01320639.jpg
それ、ラフちゃんにお乳をもらおうとしてる!
ラフちゃんはママじゃなくてフィアンセだよ~
c0188824_01334734.jpg
ラフちゃん、その場を離れて。。。
行っちゃうの?と見つめるラッキー
c0188824_01365364.jpg
回り込んでやっぱりラッキーのそばに寄り添うラフちゃん
c0188824_01373122.jpg
見つめあうふたり。
ゆっくり、ゆっくり、もっと仲良くなってね。
c0188824_01391374.jpg
(2月11日撮影)



by rakudateikoraku | 2019-02-23 02:10 | フタコブラクダ | Comments(0)
ラフちゃん&ラッキーの近況(2019/02)~その2 ふたりの個性
今回は、ラフちゃん(右)とラッキー(左)のいろんなことを比べてみましょう。
c0188824_01354021.jpg
機嫌がいい時は口角があがった感じのラフちゃん
c0188824_01300196.jpg

お口半開きのことが多いラッキー 笑
c0188824_01251013.jpg

寝室などに水場が用意されているのに、2頭とも、朝の寝室の清掃の時間にホースの水をもらうのが好きです。
(ラクダは新鮮な水が大好きです)

ホースからの水を直接受けて飲むのが好きなラッキー
c0188824_01131687.jpg
なぜかコンクリート打ちの床の水をすするのが好きなラフちゃん。
きれいな水を飲んでほしいんだけどね。
c0188824_01200904.jpg
グラウンドに枝が積んであるのをおもちゃにするラフちゃん、楽しそう。
c0188824_01451155.jpg
c0188824_01462990.jpg
そんな様子を見ているラッキーは、
c0188824_01472723.jpg
ラフちゃんの真似をして遊び始めました。
c0188824_01481696.jpg
c0188824_01492222.jpg
若いラッキーはラフちゃんのやっていることを見ていて学んだり、真似たりしています。
ラフちゃんはお姉さん(あるいはお母さん?)役も兼ねているかもしれません。

ラッキーも楽しそう。
c0188824_01524269.jpg



ハズバンダリートレーニング(健康管理のためのトレーニング)きっちりやってくださっています。
c0188824_23010968.jpg
体温測定してもらうラフちゃん
c0188824_22392817.jpg
協力してくれてありがとう♪
c0188824_22510985.jpg
ラッキーもちゃんとトレーニングしてもらっています。
ラッキーの方がむしろお利口さんなのだそうです。
c0188824_23570876.jpg
c0188824_00271850.jpg

まだ3歳と若いラッキーは、この柵の隙間から頭を出せます。
c0188824_00485578.jpg

ラフちゃんは身体が大きくなり、数年前からこの柵の隙間に頭が通らなくなっています(汗)
c0188824_00294698.jpg
こんなふたり。ラッキーの成長とともになじんでいっていると感じます。
(つづく)
(2月8日撮影)


by rakudateikoraku | 2019-02-22 01:56 | フタコブラクダ | Comments(0)
ラフちゃん&ラッキーの近況(2019/02)~その1 らぶらぶ?
真冬のラフちゃんとラッキーに会いに来ました。
冬毛に立派なこぶのラフちゃん、今日も元気いっぱい。
c0188824_00513262.jpg
c0188824_00514921.jpg



ラッキーは昨年10月に3歳になりました。
成長して身体も大きくなった上に冬毛でもふもふのラッキー。
来園当初のきゃしゃな姿(2017年5月)や、夏毛の姿(2018年8月)と見比べてみてください。
c0188824_23430888.jpg
ラッキーはぽかーんとお口を開けていることが多いです(笑)
よく見るとつぶらで可愛い目をしています。
c0188824_23472433.jpg
ラフちゃん(左)と並んでも体格は同じくらいか、少し大きいかなというくらいに。
c0188824_23585980.jpg
フレーメンも頻繁に。どんどん男っぽくなってるラッキーです。
c0188824_00055425.jpg
c0188824_00063722.jpg

ラフちゃん(右)にぴったり寄り添うラッキー(左)
c0188824_21360945.jpg
歩くラフちゃんに着かず離れずくっついていきます。
c0188824_21375813.jpg
なんですか、そのドヤ顔は。。。
c0188824_22001691.jpg

ラッキーは間違いなくラフちゃん大好きのようです。
こうしていると仲睦まじく見えますね。
c0188824_22054703.jpg
c0188824_22150187.jpg
ラフちゃんはラッキーが密着し過ぎなのが嫌なのかも。。。
c0188824_22213147.jpg
ラフちゃんに噛みついているラッキー。
でもこれは、ラッキーにとっては喧嘩というより遊びのように見えます。
c0188824_22272764.jpg
ラフちゃんも、ラッキーが一緒にいることが楽しいように見えました。
c0188824_22371853.jpg
あんまりしつこいと怒られるよ?
c0188824_00130459.jpg

ケンカ気味に
c0188824_00202672.jpg
さらに追っかけっこに発展。。。
c0188824_00230820.jpg

でもその直後にまた並んで立っていたり。
微妙な距離のふたり。
c0188824_00453691.jpg
いつも一緒のふたりのこれからに期待です。
c0188824_00470648.jpg

(つづく)
(2月8日撮影)



by rakudateikoraku | 2019-02-20 00:54 | フタコブラクダ | Comments(0)



ASPアクセス解析