人気ブログランキング |
カテゴリ:フタコブラクダ( 241 )
祝!とべのフタコブラクダ飼育復活~ その2 ウランちゃんとブライアンくんのシンクロ
那須からやってきてくれた、オランダ出身のウランちゃん
c0188824_00140373.jpg
そしてはるばるアメリカから来てくれたブライアンくん
c0188824_00043451.jpg
とべには来たばかりで慣れようとしているふたり。
お互いに意識していることが伝わってきます。
c0188824_23483702.jpg
柵越しに身体を伸ばすウランちゃん。
c0188824_23473512.jpg

c0188824_23564269.jpg
ご挨拶のコミュニケーション
c0188824_23465788.jpg
ウランちゃんがさらに身体を乗り出してくれて、ブライアンくんが鼻にタッチ☆
c0188824_01450078.jpg
年上のウランちゃんがブライアンくんを気遣っているようにも見えますね。

さて観察していると、ブライアンくんが飛び跳ねていました。
(動画からのキャプチャなので絵が止まっていません)
c0188824_02132816.jpg

このような行動は若い個体が、嬉しかったりして興奮してきて時々やっているのを見かけます。
(例:ラフちゃんがはねるところ

しかしブライアンくんの様子を見ていると、まるで「ウランちゃん、一緒に踊ろうよ~」と
誘っているかのように、ウランちゃんの様子を見ながら跳ねたり小走りしたりしていたのです。
しまいには、ウランちゃんがブライアンくんに釣られていきます。
その様子を動画でご覧ください。



このふたりはきっと仲良くなれると確信しました。
また会いにくるね~
(3月30日撮影)

by rakudateikoraku | 2019-04-11 02:26 | フタコブラクダ | Comments(0)
祝!とべのフタコブラクダ飼育復活~ その1 はじめましてブライアンくん
とべ動物園のラクダ系譜はヒトコブラクダのブービーくんが2017年に亡くなってからしばらく途絶えていたのですが、
以前はヒトコブ・フタコブ両方が暮らしていたそうで、フタコブラクダの飼育は16年ぶりだそうです。
早速会いに行ってきました。

まずブライアンくん。「ブライアン・御結び」(おむすび)という日本名もつけてもらっていました。
(※このブログではブライアンと呼称させていただきます。)
彼は、まだ1歳にもなっていないのに、はるばるアメリカから日本にやってきてくれました。
感謝するとともに、大切にして応援していきたいと思います。
c0188824_00513175.jpg
凛々しい少年ラクダさん。
c0188824_00563777.jpg
c0188824_00534517.jpg
c0188824_01010620.jpg
c0188824_02015551.jpg


2月に来日し春になって初めての換毛が始まったので、毛の感じがぼろぼろですが、
これはフタコブラクダの正常な状態です。初夏までには完全に夏毛になるはず。
c0188824_01000250.jpg
c0188824_01034917.jpg
ラクダのこぶの立ち方や形の個性があります。
幼いブライアンくんのこぶはまだへちょってなってるけど、成長につれて立派になってくれるはずです。
c0188824_01314551.jpg

そしてウランちゃん。
彼女には那須時代に何回か会っていたので(来園後2017/5, 2017/9, 2018/4 ほか)
場所を変えて久しぶりの再会です。
c0188824_01105414.jpg
寒い那須から来てくれたのですが、まだ換毛は始まっていませんでした。
c0188824_01115157.jpg
幼い時から頭の褐色の毛が繊細で美しい個でした。大きくなったね~
c0188824_01450142.jpg
c0188824_01130082.jpg
「超べっぴんさん」♪ この担当さんはラクダ審美眼をお持ちのようで素晴らしい!
ウランちゃんの展示開始のニュース報道でもこの文言が使われていました。

ウランちゃんは、那須のセトくんアシュちゃん、八木山のラッキーくんと一緒にオランダから来てくれました。
ラッキーくんは2015/10/12と具体的な誕生日がわかっているのですが、
ウランちゃんの正確な生年月日は那須側も把握していなかったようです。
今後は来園日3月11日がウランちゃんの記念日になりそうです。
c0188824_01150468.jpg

ウランちゃんの方のグラウンドにはロープで柵がされています。
c0188824_01382657.jpg
昔ここで暮らしていたラクダさんがモートに落ちたことがあったらしく、安全対策とのことです。
c0188824_01371041.jpg
でもウランちゃんには格好の暇つぶしのおもちゃです。
c0188824_01363496.jpg
c0188824_01404579.jpg

ブライアンくんとウランちゃんが並ぶとこの位体格が違います。
c0188824_01195779.jpg
ご挨拶。
ふたりで暮らすのもだいぶ慣れたようで、このような行動を見たのはこの1回だけでした。
c0188824_01421754.jpg
朝いらっしゃった担当飼育員さんからニンジンのおやつをもらっています。
関係づくりをちゃんとやっていただいていて流石です。
c0188824_01552770.jpg
c0188824_01530308.jpg
担当さんが離れると、切ない感じの目で追いかけていました。
心理的に担当さんをよりどころにしてくれているようです。
c0188824_01580369.jpg
c0188824_01583326.jpg

担当さんがお昼のごはんを入れてくれました。
緑が豊富な園内で採れた新鮮な野草もらえて美味しそう~
c0188824_01493372.jpg
樹枝も(カシの仲間?)
c0188824_01500307.jpg
c0188824_01502912.jpg
担当さんがグラウンドにごはんもって入ってくると
ブライアンくんは全力で走ってきました。危ない笑
c0188824_02102253.jpg
c0188824_02110678.jpg
ブライアンくんは干し草(チモシー)大好き
c0188824_02114697.jpg
c0188824_02130419.jpg
美味しそうに食べてくれていて何よりです。
c0188824_02135122.jpg
樹枝も嬉しそうでした。
c0188824_02150192.jpg
大きな枝を食べるのがおもちゃ的にも楽しそうです。
c0188824_02161000.jpg
スキンシップの練習。ブライアンくんは担当さんに懐いているようなので大丈夫ですね。
c0188824_02175483.jpg
ブライアンくんは野草はあまり好まないらしいのですが、食べる練習もしています。
c0188824_02200503.jpg
つづく。。。
(3月29日撮影)


by rakudateikoraku | 2019-03-30 02:24 | フタコブラクダ | Comments(0)
ジャックの選り好み
天王寺のおじいちゃんラクダのジャックです。
c0188824_12360944.jpg
ラクダの繁殖シーズンのこの季節、毎年ジャックはほとんどごはんを食べなくなります。
ジャックがおじいちゃんになってもそれは変わりませんでした。
朝ラクダ舎に行ってみると、前日の青草がまだいっぱい残っていました。
c0188824_12373015.jpg
新しいごはんを入れてくださっているのに反応なし。
c0188824_12382187.jpg
昼前にごはんの台までやってきましたが、
c0188824_12401228.jpg
青草だけでなく、ジャックの大好物の練り餌もおいてあるんだけど、ジャックは食べません。
鳩が集まってついばんでいるのを見ています。
c0188824_12414651.jpg
練り餌に少しだけ口をつけただけで、その場を離れました。
c0188824_12424264.jpg
c0188824_12440782.jpg
でも、
c0188824_12460056.jpg
グラウンドに生えてる草の新芽は食べているジャックでした。
c0188824_12470756.jpg
選り好みして、一番食べたいものだけ少しずつ食べているジャック。
あんまり食べないことは毎年心配になりますが、だいじょうぶだね♪
c0188824_12490031.jpg
(3月21日撮影)

by rakudateikoraku | 2019-03-27 12:51 | フタコブラクダ | Comments(0)
雪の大森山のラクダさん再訪(2019/2)
冬季休園中の大森山で週末だけ開園している「雪の動物園」
c0188824_22513176.jpg
今年の冬は秋田でも雪が少なかったそうですが、私が訪問する前の日くらいからまとまった雪でした。
c0188824_23001993.jpg
c0188824_23015495.jpg
朝からかなり降ってます
c0188824_23023068.jpg

一面の真っ白のラクダ舎
c0188824_23081818.jpg
ラクダが雪の上に倒れてる!

c0188824_23092728.jpg

その上に雪が降り積もってる!大丈夫か????
c0188824_23140560.jpg
むくり、「ん?呼んだ?」
c0188824_23180423.jpg
あくびしてる~
c0188824_23193843.jpg

「ラクダは暑い砂漠で暮らしている」というイメージを持たれている方は少なくないと思います。
確かにヒトコブラクダは中東の砂漠、オーストラリアの砂漠等で暮らしていますが、
フタコブラクダはモンゴル等のより寒い方の地域で暮らしています。
もふもふの冬毛で、これくらいの雪や寒さはへっちゃらな来来ちゃん♀です。
c0188824_23204708.jpg
起き上がって座りました。

c0188824_23314342.jpg
c0188824_00091831.jpg
あまつさえ、雪食べてます。
c0188824_01025781.jpg
過酷な砂漠でも頼りになる「砂漠の舟」とも呼ばれるラクダ。
フタコブラクダさんは真冬の雪が降る中でも逞しく生きていました。
c0188824_23270414.jpg
c0188824_01083971.jpg




午後になって雪は上がりました。
「来来~」と呼びかけると
c0188824_01100503.jpg
ん?
c0188824_01104223.jpg
c0188824_01115662.jpg
「はーい♪」
c0188824_01181234.jpg
c0188824_01205274.jpg

グラウンドには来来の姿しかありません。
ずっと来来といっしょに暮してきた兄の楽楽は、昨年夏頃から目に見えて体調が落ちていました。
懸命のケアをしていただいていたのですが、病のため残念ながら私が訪問する前月の1月5日に、16歳の若さで亡くなりました。(共同記事
c0188824_01240860.jpg
兄妹ですがいつも一緒にいた仲良しのふたりでした。
当時、大森山のラクダ舎を訪ねた一般客の私が声をかけたくらいではあんまり反応してはくれませんでした。
こんなに反応してくれるのは、今はひとりで寂しいのかも?
何回も話しかけてあげました。
c0188824_01432659.jpg
c0188824_01472229.jpg
c0188824_01440043.jpg
全国に散らばっていた子孫の中には天王寺に嫁いだコニーさんがいます。そしてこのブログでよく登場するラフちゃんはコニーさんの娘、つまり大森山の血筋、蘭泉さんと田田さんの末裔でもあるのです。

来来は彼らの最後の子、12番目の子です。その意味でも、来来には長生きしてほしいと願っています。
13歳ですからまだまだ若いですからね。
来来、これからも元気でね。
c0188824_01562667.jpg
c0188824_01570963.jpg
c0188824_01580624.jpg
(2月9日撮影)

by rakudateikoraku | 2019-02-26 02:18 | フタコブラクダ | Comments(0)
ラフちゃん&ラッキーの近況(2019/02)~その3 いちゃいちゃ?
いつも一緒のラフちゃんと、ラッキー
c0188824_01424854.jpg
ラッキーが座り込み、ラフちゃんが寄り添って立っています。
c0188824_01235603.jpg
ラッキーのにおいをかいでいる?
c0188824_01274643.jpg
ラフちゃん表情が楽しそうだね
c0188824_01282566.jpg
で、ラッキーは何してるんですか?
c0188824_01320639.jpg
それ、ラフちゃんにお乳をもらおうとしてる!
ラフちゃんはママじゃなくてフィアンセだよ~
c0188824_01334734.jpg
ラフちゃん、その場を離れて。。。
行っちゃうの?と見つめるラッキー
c0188824_01365364.jpg
回り込んでやっぱりラッキーのそばに寄り添うラフちゃん
c0188824_01373122.jpg
見つめあうふたり。
ゆっくり、ゆっくり、もっと仲良くなってね。
c0188824_01391374.jpg
(2月11日撮影)



by rakudateikoraku | 2019-02-23 02:10 | フタコブラクダ | Comments(0)
ラフちゃん&ラッキーの近況(2019/02)~その2 ふたりの個性
今回は、ラフちゃん(右)とラッキー(左)のいろんなことを比べてみましょう。
c0188824_01354021.jpg
機嫌がいい時は口角があがった感じのラフちゃん
c0188824_01300196.jpg

お口半開きのことが多いラッキー 笑
c0188824_01251013.jpg

寝室などに水場が用意されているのに、2頭とも、朝の寝室の清掃の時間にホースの水をもらうのが好きです。
(ラクダは新鮮な水が大好きです)

ホースからの水を直接受けて飲むのが好きなラッキー
c0188824_01131687.jpg
なぜかコンクリート打ちの床の水をすするのが好きなラフちゃん。
きれいな水を飲んでほしいんだけどね。
c0188824_01200904.jpg
グラウンドに枝が積んであるのをおもちゃにするラフちゃん、楽しそう。
c0188824_01451155.jpg
c0188824_01462990.jpg
そんな様子を見ているラッキーは、
c0188824_01472723.jpg
ラフちゃんの真似をして遊び始めました。
c0188824_01481696.jpg
c0188824_01492222.jpg
若いラッキーはラフちゃんのやっていることを見ていて学んだり、真似たりしています。
ラフちゃんはお姉さん(あるいはお母さん?)役も兼ねているかもしれません。

ラッキーも楽しそう。
c0188824_01524269.jpg



ハズバンダリートレーニング(健康管理のためのトレーニング)きっちりやってくださっています。
c0188824_23010968.jpg
体温測定してもらうラフちゃん
c0188824_22392817.jpg
協力してくれてありがとう♪
c0188824_22510985.jpg
ラッキーもちゃんとトレーニングしてもらっています。
ラッキーの方がむしろお利口さんなのだそうです。
c0188824_23570876.jpg
c0188824_00271850.jpg

まだ3歳と若いラッキーは、この柵の隙間から頭を出せます。
c0188824_00485578.jpg

ラフちゃんは身体が大きくなり、数年前からこの柵の隙間に頭が通らなくなっています(汗)
c0188824_00294698.jpg
こんなふたり。ラッキーの成長とともになじんでいっていると感じます。
(つづく)
(2月8日撮影)


by rakudateikoraku | 2019-02-22 01:56 | フタコブラクダ | Comments(0)
ラフちゃん&ラッキーの近況(2019/02)~その1 らぶらぶ?
真冬のラフちゃんとラッキーに会いに来ました。
冬毛に立派なこぶのラフちゃん、今日も元気いっぱい。
c0188824_00513262.jpg
c0188824_00514921.jpg



ラッキーは昨年10月に3歳になりました。
成長して身体も大きくなった上に冬毛でもふもふのラッキー。
来園当初のきゃしゃな姿(2017年5月)や、夏毛の姿(2018年8月)と見比べてみてください。
c0188824_23430888.jpg
ラッキーはぽかーんとお口を開けていることが多いです(笑)
よく見るとつぶらで可愛い目をしています。
c0188824_23472433.jpg
ラフちゃん(左)と並んでも体格は同じくらいか、少し大きいかなというくらいに。
c0188824_23585980.jpg
フレーメンも頻繁に。どんどん男っぽくなってるラッキーです。
c0188824_00055425.jpg
c0188824_00063722.jpg

ラフちゃん(右)にぴったり寄り添うラッキー(左)
c0188824_21360945.jpg
歩くラフちゃんに着かず離れずくっついていきます。
c0188824_21375813.jpg
なんですか、そのドヤ顔は。。。
c0188824_22001691.jpg

ラッキーは間違いなくラフちゃん大好きのようです。
こうしていると仲睦まじく見えますね。
c0188824_22054703.jpg
c0188824_22150187.jpg
ラフちゃんはラッキーが密着し過ぎなのが嫌なのかも。。。
c0188824_22213147.jpg
ラフちゃんに噛みついているラッキー。
でもこれは、ラッキーにとっては喧嘩というより遊びのように見えます。
c0188824_22272764.jpg
ラフちゃんも、ラッキーが一緒にいることが楽しいように見えました。
c0188824_22371853.jpg
あんまりしつこいと怒られるよ?
c0188824_00130459.jpg

ケンカ気味に
c0188824_00202672.jpg
さらに追っかけっこに発展。。。
c0188824_00230820.jpg

でもその直後にまた並んで立っていたり。
微妙な距離のふたり。
c0188824_00453691.jpg
いつも一緒のふたりのこれからに期待です。
c0188824_00470648.jpg

(つづく)
(2月8日撮影)



by rakudateikoraku | 2019-02-20 00:54 | フタコブラクダ | Comments(0)
東武の「ラクダのこぶこぶセミナー」
秋の東武のラクダ舎前はイチョウが綺麗です。
c0188824_23505335.jpg
気持ちのいい朝ごろごろしているマリーちゃんとジャンくん
c0188824_23591045.jpg
c0188824_00013671.jpg
だんだん調子が出てきました。ご機嫌な表情のジャンくん
c0188824_00050551.jpg
お散歩の表情のご機嫌な感じ
c0188824_00114830.jpg
c0188824_23450661.jpg

さて東武では毎週土曜日に「ラクダのこぶこぶセミナー」という魅力的なタイトルのイベントをやっているので
参加してきました。
c0188824_00501089.jpg
受付を済ませて「ラクダチケット」を受け取ります。
持って帰りたかったのだけれど、あとで返さないといけないので残念。。。
c0188824_00545577.jpg
マリーちゃんが連れてこられました。
スタッフさんは遊牧民風の衣装で登場です。
c0188824_00572514.jpg
c0188824_00582211.jpg
この時期のラクダさんにはサシバエがたくさんたかっています。
お客さんを迎えるイベントの前にハッカ油のスプレーで虫よけです。
c0188824_00590162.jpg
c0188824_01000002.jpg
お客さんに囲まれても落ち着いているマリーちゃん
c0188824_01012136.jpg
まず最初にマリーちゃんのこぶを触らせてもらいます。
c0188824_01015060.jpg
c0188824_01031220.jpg

そしてマリーちゃんに手づからニンジンをあげます。
c0188824_01042676.jpg
こちらに目が釘付けのジャンくん
c0188824_01033943.jpg
はいはい、ジャンくんにもおやつをあげられます。
ただ男の子なので、安全のため手渡しではなくて、ペレットをスコップですくってあげます。
c0188824_01215301.jpg
もう準備オッケーのジャンくん
c0188824_01222884.jpg
あーん
c0188824_01230747.jpg
やはりこのお口の先の動きが醍醐味です
c0188824_01234436.jpg
c0188824_01241705.jpg
ジャンくんにおやつをあげている間に、マリーちゃんにはドレスアップしてもらいます。
c0188824_01255928.jpg
最後はマリーちゃんと記念撮影。
おとなしいマリーちゃんなのでハグしても大丈夫
c0188824_01272877.jpg
これで「こぶこぶセミナー」はいったん終わりなのですが、
マリーちゃんに乗って写真が撮れる「こぶこぶフォトコーナー」という新しいイベントが続けて始まりました。
c0188824_00503183.jpg
マリーちゃんをラクダ舎のグラウンドから手前の砂場に出てきてもらいます。
c0188824_01281223.jpg
c0188824_01291293.jpg
衣装も用意してくださってます♪
c0188824_01191285.jpg
まだお試し中でこの日は小学生までのお子様のみ参加なので残念!
「大きいお友達」参加できるよう要望しておきました。いずれ実現しそうなので乞うご期待。
c0188824_01240392.jpg
マリーちゃん、ありがとうね♪
c0188824_01263519.jpg
(11月17日撮影)



by rakudateikoraku | 2018-11-21 01:30 | フタコブラクダ | Comments(0)
おじいちゃんフタコブラクダ ジャックの健康診断

今年6月で26歳になった天王寺のフタコブラクダのジャック。
飼育下のラクダの平均的な寿命は20年~30年くらいです。(記録に残っている世界最高齢はあのの野毛山のツガルさん 38歳まで生きてくれました)
日本のフタコブラクダ界は、数年前までは最高齢のツガルさんをトップに、埼玉のフタくん(享年29歳)、八木山のコブコさん(享年32歳) と高齢のラクダさんたちががんばっていたのですが、次々と亡くなってしまいました。
個体のデータを公開していない園もあるので間違っているかもしれませんが、いまやジャックは日本を代表するおじいちゃんラクダの1頭になっていました。

ジャックにこれからも元気で暮らしてもらえるよう、
天王寺では健康診断を定期的に行ってくださっています。
今回天王寺で今年初めて開催された「おもさくらべスタンプラリー」にて、ジャックの健康診断の様子を
公開イベントとして実施してくださいました。
c0188824_00545868.jpg

なんとイベントの公式Tシャツにもジャックが!
c0188824_00111761.jpg

イベント準備のためラクダ舎はまんなかの扉が閉じられ、ジャックは南側のエリアにいました。
c0188824_12310469.jpg
c0188824_00111761.jpg

南側はグラウンドの雑草がたくさん生えているので、ジャックは食べ放題です。
c0188824_12321976.jpg
でもお腹すいてるし、何事かあることを予想してるようで、様子を窺っています。
準備している様子が気になってしかたがありません。
c0188824_12331531.jpg
c0188824_12334817.jpg
健康診断に先立って、飼育実習生さんがラクダについてガイドをしてくださいました。
砂漠で生き抜くラクダの能力は何回聞いてもすごいです。

お顔の各パーツが砂漠での暮らしに適応しています。
砂埃を寄せ付けない長いまつげ。
鼻の穴を完全に閉じて砂嵐にも耐えられる。
c0188824_00561788.jpg
こぶの中身はなにかな?
c0188824_00564277.jpg
足の構造
柔らかい足裏で砂でも沈まない
c0188824_00570829.jpg
棘だらけのサボテンを食べても、棘が口の中に刺さらないようにして飲み込める、
乳頭突起という口の中の特殊な構造(参考: ナショジオの解説記事
c0188824_00573450.jpg
わかりやすい説明で素晴らしいガイドでした。

では始めましょう。阿吽の呼吸の担当さんとジャック。
c0188824_22042130.jpg
まずトレーニング棒にタッチ
c0188824_22063295.jpg
脇の方でおやつのペレットを食べてもらっている間に扉を開ける作戦でしたが、
c0188824_22104032.jpg
ご対面(笑
c0188824_22203144.jpg
c0188824_22235953.jpg
c0188824_22252245.jpg

基本動作の練習。
トレーニング棒の先の「ターゲット」にお口でタッチしてくれたら
c0188824_00554758.jpg
c0188824_00575764.jpg
協力してくれたお礼にペレットをあげます
c0188824_00585715.jpg
指でサインを出すと
c0188824_01005878.jpg
お口を大きく開いてくれます。
高齢動物は歯が衰えて健康に影響することも多いので、健康状態をチェックしてくださっています。
そして先ほどガイドで説明してくださった、ラクダの口の中の構造も垣間見させてくださいました。
c0188824_01014457.jpg
では体重計に誘導
c0188824_01085571.jpg
ちゃんと体重計の上で静止できますよ。今回の測定結果は510kgでした。
c0188824_01153866.jpg
この新しい大型動物用体重計が導入されてから毎月体重を測ってくださっているので、体重の変化を追うことができるようになりました。
5月:470kg
6月:490kg
(7月:未公表)
8月:508Kg
9月:510kg

繁殖シーズンになるとオスのラクダはほとんど食べなくなり、体重が激減するので、5月は少ない数字でした。
でも夏になって食欲が戻ってむしゃむしゃ食べてくれてるので、また増えてきました。
ジャックが初めて体重を測ってもらった2016年11月は545kgでした。秋にはそのくらいまで戻ってくれるといいな~

娘のラフちゃんは642kgだそうです。流石ですね。

体温(直腸温)の測定も慣れたものです。
c0188824_01220966.jpg
健康診断に協力してくれた後は、大好物の練り餌でねぎらいます。ありがとうね~
c0188824_23411407.jpg

高齢ということもあり、春先の食が細る時期はみんな心配していたのですが、
食欲が出て痩せていた身体も戻り、しっかり立っていたり歩く姿を見れて安心です。
ジャック、これからもまだまだ元気でいてくださいね。
c0188824_23445462.jpg
(9月24日撮影)

by rakudateikoraku | 2018-09-28 00:07 | フタコブラクダ | Comments(0)
市原のフタコブラクダ ドリーミーさん再訪
1年半ぶりに市原のラクダ舎を訪問しました。
2016年12月末に訪問した際にライドもさせてもらった、クララさんは残念ながら2017年9月17日に亡くなってしまい、
現在はドリーミーさん一頭で暮らしています。クララさんはドリーミーさんの娘さんでした。
c0188824_21513702.jpg

ドリーミーさんは26歳。
飼育下でのラクダの平均的な寿命は20~30歳くらいと言われているので、相当なおじいちゃんです。
日本のラクダは往年の高齢ラクダさんたちがここ数年次々に亡くなってしまったので、
ドリーミーさんは現在の日本のフタコブラクダの1番か2番目くらいの最高齢です。
(天王寺のジャック 1992年6月23日生まれで今年26歳です)
c0188824_21420481.jpg
昔はライドの仕事もされていましたが、現在は引退され、ここでのんびり暮らしておられます。
c0188824_21504458.jpg
高齢ラクダは足、特に前足の関節が悪くなりがちです。
ドリーミーさんもほとんど立ち上がることはありません。
数回、短時間ですが前膝立ちをしていました。
c0188824_22473997.jpg
c0188824_22554316.jpg
のんびり暮らしているドリーミーさんですが、一応フィーディング(おやつをあげる)のお仕事は
気が向いたらやってくださっています。
でも、この座っている場所では来園者からは届かないので、近くに連れてきてもらおうとしています。
いつも座っているドリーミーさん、ほとんど立たないけど立つことはできるというご説明でした。
来てもらえるでしょうか。
c0188824_23005318.jpg
ベテランのスタッフさんが声をかけると
c0188824_00155529.jpg
c0188824_00172987.jpg
c0188824_00193051.jpg
膝立ちのまま歩いてくるのかな?
c0188824_00253084.jpg
c0188824_00274198.jpg
立ち上がってくれました。
でもここで次の一歩がなかなか踏み出せない。
もう無理しなくていいよ。。
c0188824_00322785.jpg

膝立ちになって進んできます
c0188824_00430392.jpg
c0188824_00451005.jpg
ここまで来てくれました
c0188824_00461490.jpg


こんなに頑張ってくださったドリーミーさんにおやつを大奮発したのは言うまでもありません。
c0188824_01085533.jpg
ドリーミーさんの好物はバナナです。
c0188824_01102331.jpg
c0188824_01133167.jpg

皮ごとそのまま食べます。
c0188824_01055674.jpg
おやつをあげていると、ドリーミーさん自発的に立ち上がってくれていました。
めったにないそうです。
c0188824_01072331.jpg
喜んでもらえていたらいいな~
c0188824_00555348.jpg
ドリーミーさん、まだまだ元気でいてくださいね。
c0188824_01001020.jpg

夕方にはちゃんとお家に帰ってお食事できていることも確認できました。
c0188824_01022489.jpg

(9/1撮影)





by rakudateikoraku | 2018-09-07 01:15 | フタコブラクダ | Comments(0)



ASPアクセス解析