<   2018年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
天王寺のハクビシン兄弟
今年7月、安佐から天王寺にハクビシンの兄弟が来園していました。慣れていなかったり夜行性ということもあり
眠っていたり陰に姿を隠していることが多かったのです。先日天気が悪い夕方に散歩していると2頭が活発に動いている
ところに遭遇できました。

顔の模様のパターンが違うので個体識別しやすいですね。
右側:ぱむ、 左側:こんこん
c0188824_17114872.jpg
c0188824_17143428.jpg


ぱむ
c0188824_17304393.jpg
c0188824_18021733.jpg
c0188824_18041708.jpg
こんこん
c0188824_18082811.jpg
長くて力強そうな尻尾
c0188824_18155544.jpg
この角度のお顔好きです
c0188824_18094637.jpg
c0188824_18114405.jpg

しかしハクビシンさんってこんなに可愛いお顔してるんですね~
でも流石牙はしっかりしていました。
c0188824_18182685.jpg

兄弟で仲良しです。
c0188824_18253483.jpg
お互いに毛づくろい
c0188824_18235550.jpg

展示場内の植栽の葉っぱをかじっていました。
食肉の動物だけど、樹葉を入れてあげたらよい気晴らしになるかもしれませんね。
c0188824_18205544.jpg

展示場を元気に動き回っていましたよ。


だいぶこの場所に馴れてきたようなのと、秋になって陽が落ちるのが早くなるので、これから姿を見れる機会も多くなりそうです。
その能力と魅力を引き出してくださるようなこれからの展示に期待です~
c0188824_18304296.jpg


(9月29日撮影)

by rakudateikoraku | 2018-09-30 18:32 | 食肉目 | Comments(0)
いしかわのコビトカバ ミライくん(1歳8ヶ月)とファミリー再訪
約1年ぶりに、いしかわ動物園のコビトカバのミライくん(2016年12月23日生まれ)とご家族を訪ねました。
c0188824_01385220.jpg
ミライくんが生まれた約1ヶ月後に訪問した際の記録はこちらです: (1) (2) (3) (4) (5) (6)
そして当時の姿(生後38日目)
c0188824_02014293.jpg
c0188824_02005646.jpg
(ここまで2017年1月29日撮影)
そして生後231日後にも訪問した際も、母ノゾミさんと一緒に暮らしていました。


しかし今回訪問してみると、1歳8ヶ月になったミライくんはひとりで暮らしていました。
(屋外)左:ミライくん、右:父ヒカルさん
c0188824_02140447.jpg

コビトカバはだいたい5~8ヶ月親といっしょに暮らすそうです。
動物園では1歳くらいには親離れさせます。

c0188824_02092872.jpg
c0188824_02125147.jpg

若々しいけれど凛々しいお顔のミライくん
c0188824_02162411.jpg
まだ小さいですが、牙もしっかり育ってます
c0188824_02191838.jpg
でもこうして見ると、まだ少年コビトカバのお顔ですね。
c0188824_02211562.jpg
c0188824_02280583.jpg
お昼寝の寝顔も可愛いです。
c0188824_02300550.jpg
まだ細くて可愛い尻尾には毛も生えてません。
c0188824_02364591.jpg

父ヒカルさん
貫禄がある寝顔

c0188824_02321326.jpg
でもお口を開けたら、大きくてカッコイイ牙が
c0188824_02412200.jpg
かっこよい大人のコビトカバさんでも、上の牙は可愛いハートマークです笑
c0188824_02432971.jpg
しっかりした体格と大きなお顔
c0188824_02445485.jpg

尻尾は毛がふさふさ
c0188824_02344457.jpg

お父さんも可愛いところがあるんですよ。
c0188824_02392748.jpg

コビトカバは4~5歳で大人になります。
ミライくんはまだまだ大きくなります。成長した姿を見るのが楽しみです。

そして母ミライさん。大きくて優しい目をしていました。
優しく育てられたあなたの息子さんもきっと優しい好青年コビトカバになると思います。
c0188824_02494095.jpg
お母さん、子育てお疲れ様でした。
c0188824_02563457.jpg
大切に育てられたミライくん、
いっぱい食べて、これからも元気で、もっともっと大きくなってね。
c0188824_03020255.jpg
(9月22日撮影)

by rakudateikoraku | 2018-09-29 03:04 | 偶蹄目 | Comments(0)
おじいちゃんフタコブラクダ ジャックの健康診断

今年6月で26歳になった天王寺のフタコブラクダのジャック。
飼育下のラクダの平均的な寿命は20年~30年くらいです。(記録に残っている世界最高齢はあのの野毛山のツガルさん 38歳まで生きてくれました)
日本のフタコブラクダ界は、数年前までは最高齢のツガルさんをトップに、埼玉のフタくん(享年29歳)、八木山のコブコさん(享年32歳) と高齢のラクダさんたちががんばっていたのですが、次々と亡くなってしまいました。
個体のデータを公開していない園もあるので間違っているかもしれませんが、いまやジャックは日本を代表するおじいちゃんラクダの1頭になっていました。

ジャックにこれからも元気で暮らしてもらえるよう、
天王寺では健康診断を定期的に行ってくださっています。
今回天王寺で今年初めて開催された「おもさくらべスタンプラリー」にて、ジャックの健康診断の様子を
公開イベントとして実施してくださいました。
c0188824_00545868.jpg

なんとイベントの公式Tシャツにもジャックが!
c0188824_00111761.jpg

イベント準備のためラクダ舎はまんなかの扉が閉じられ、ジャックは南側のエリアにいました。
c0188824_12310469.jpg
c0188824_00111761.jpg

南側はグラウンドの雑草がたくさん生えているので、ジャックは食べ放題です。
c0188824_12321976.jpg
でもお腹すいてるし、何事かあることを予想してるようで、様子を窺っています。
準備している様子が気になってしかたがありません。
c0188824_12331531.jpg
c0188824_12334817.jpg
健康診断に先立って、飼育実習生さんがラクダについてガイドをしてくださいました。
砂漠で生き抜くラクダの能力は何回聞いてもすごいです。

お顔の各パーツが砂漠での暮らしに適応しています。
砂埃を寄せ付けない長いまつげ。
鼻の穴を完全に閉じて砂嵐にも耐えられる。
c0188824_00561788.jpg
こぶの中身はなにかな?
c0188824_00564277.jpg
足の構造
柔らかい足裏で砂でも沈まない
c0188824_00570829.jpg
棘だらけのサボテンを食べても、棘が口の中に刺さらないようにして飲み込める、
乳頭突起という口の中の特殊な構造(参考: ナショジオの解説記事
c0188824_00573450.jpg
わかりやすい説明で素晴らしいガイドでした。

では始めましょう。阿吽の呼吸の担当さんとジャック。
c0188824_22042130.jpg
まずトレーニング棒にタッチ
c0188824_22063295.jpg
脇の方でおやつのペレットを食べてもらっている間に扉を開ける作戦でしたが、
c0188824_22104032.jpg
ご対面(笑
c0188824_22203144.jpg
c0188824_22235953.jpg
c0188824_22252245.jpg

基本動作の練習。
トレーニング棒の先の「ターゲット」にお口でタッチしてくれたら
c0188824_00554758.jpg
c0188824_00575764.jpg
協力してくれたお礼にペレットをあげます
c0188824_00585715.jpg
指でサインを出すと
c0188824_01005878.jpg
お口を大きく開いてくれます。
高齢動物は歯が衰えて健康に影響することも多いので、健康状態をチェックしてくださっています。
そして先ほどガイドで説明してくださった、ラクダの口の中の構造も垣間見させてくださいました。
c0188824_01014457.jpg
では体重計に誘導
c0188824_01085571.jpg
ちゃんと体重計の上で静止できますよ。今回の測定結果は510kgでした。
c0188824_01153866.jpg
この新しい大型動物用体重計が導入されてから毎月体重を測ってくださっているので、体重の変化を追うことができるようになりました。
5月:470kg
6月:490kg
(7月:未公表)
8月:508Kg
9月:510kg

繁殖シーズンになるとオスのラクダはほとんど食べなくなり、体重が激減するので、5月は少ない数字でした。
でも夏になって食欲が戻ってむしゃむしゃ食べてくれてるので、また増えてきました。
ジャックが初めて体重を測ってもらった2016年11月は545kgでした。秋にはそのくらいまで戻ってくれるといいな~

娘のラフちゃんは642kgだそうです。流石ですね。

体温(直腸温)の測定も慣れたものです。
c0188824_01220966.jpg
健康診断に協力してくれた後は、大好物の練り餌でねぎらいます。ありがとうね~
c0188824_23411407.jpg

高齢ということもあり、春先の食が細る時期はみんな心配していたのですが、
食欲が出て痩せていた身体も戻り、しっかり立っていたり歩く姿を見れて安心です。
ジャック、これからもまだまだ元気でいてくださいね。
c0188824_23445462.jpg
(9月24日撮影)

by rakudateikoraku | 2018-09-28 00:07 | フタコブラクダ | Comments(0)
コビトカバのコウメちゃん 東山の姉妹に会いに
東山では、コビトカバのコウメちゃんとコユリちゃんが暮らしていますが、
移動する前に、あの場所で姉妹と一緒にいるコウメちゃんに会いに行ってきました。

コウメちゃん
c0188824_12572798.jpg
コユリちゃん、おからでお口真っ白笑
c0188824_12585427.jpg
コユリちゃん(手前)のごはんを食べに来た食いしん坊さんのコウメちゃん(奥)
c0188824_09522956.jpg

コユリちゃんは小顔で美人タイプ
c0188824_10021991.jpg
c0188824_10451377.jpg

一方、コウメちゃんは
大きなお目目

c0188824_22541041.jpg
ふっくらしたお顔がチャーミングな、
美少女タイプと言ったところでしょうか 笑
c0188824_22441762.jpg
ペロッ♪
c0188824_23081272.jpg
にこっ♡
c0188824_23321899.jpg

柵で分けられていますが、お互いのことは気にしていて、時々会話しています。
手前:コウメちゃん 奥:コユリちゃん
c0188824_23004384.jpg

コウメちゃん雨が降っていると特にテンションが高くなり、
運がよいとプールのこちら側で、可愛く足を乗せてお顔を出してくれることがあります。
お外のプールで暮らしている東山ならではの光景です。
c0188824_10070776.jpg

頭を出して手前の青草をむしゃむしゃ美味しそうに食べてくれました。



飼育員さんからおやつの落花生をもらっているところをたまたま見れました。
この日は本当に運がよかったです。(※注意:そういうイベントがあるわけではないです)



上の牙の♡型がコビトカバのチャームポイントのひとつです♪
c0188824_10215512.jpg
途中からは姉妹で並んでおやつをもらっていました。(左:コユリちゃん、右:コウメちゃん)
c0188824_10351151.jpg

こんな風に2頭で一緒に過ごせるのもあと少し。
c0188824_10313141.jpg
出発まで仲良くいっぱい思い出作ってね。。。
c0188824_10382353.jpg
まだ移動は少し先だと思うけど、神戸で再会できるのを楽しみにしています!
c0188824_10434153.jpg

(9月15日撮影)

by rakudateikoraku | 2018-09-19 10:47 | 偶蹄目 | Comments(0)
おめでとう♪ カバのナミコさん26歳のお誕生日と、出目丸ちゃんの成長
王子動物園のカバの偉大な母 ナミコさんが今日26歳のお誕生日を迎えました。
個体表示にファンの方が飾り付けしてくださいました、ありがとうございます。
c0188824_21343297.jpg

飼育員さんが豪華なお誕生ケーキを作ってくださいました。
青草とおからの台の上に、リンゴ、さつまいも、トマト、ニンジン、キャベツ、ぶどう。
いつも食べてる食材を使ったヘルシーなレシピです♪
c0188824_21382595.jpg

ナミコさんと出目丸ちゃんにはいったんお部屋に帰ってもらって
c0188824_21453702.jpg
c0188824_21514890.jpg
準備が終わったのでカバさんに出てきてもらいます。
ナミコさんが出てくると、
c0188824_21574155.jpg
必ず走って追い越す出目丸
c0188824_21582752.jpg
いつもと様子が違うので、いったん立ち止まって危険がないか確認するナミコさん
c0188824_22011622.jpg

この真ん中の島には、カバさんたちは奥側に回り込んで上がってくるのが通常コースです。
c0188824_22025157.jpg
c0188824_22042623.jpg
ケーキ確認 ナミコさんの目がキラーン☆
c0188824_22052398.jpg
c0188824_22065938.jpg
c0188824_22105896.jpg
美味しそうに食べているナミコさん。出目丸ちゃんはあまり食べたくないみたいです。
c0188824_22115554.jpg
おから~ 美味しそう
c0188824_22133533.jpg
退屈そうな出目丸ちゃん
c0188824_22152172.jpg
上がってきたけど、
c0188824_22171767.jpg
出目丸ちゃんは、ケーキよりも、この樹葉を引っ張って遊ぶ方に夢中になっていました。
c0188824_22250437.jpg
出目丸ちゃん、カッコいい~
c0188824_22274506.jpg
c0188824_22304037.jpg
それも飽きて、寝転がる出目丸ちゃん。
ナミコさんは最後まで綺麗に食べてくれました。
c0188824_22321588.jpg
c0188824_22331565.jpg

お誕生会が終わった後。
涼しくなって元気になったのもあると思いますが、今日の出目丸ちゃんは甘えモードでした。
c0188824_22345722.jpg
c0188824_22360373.jpg
c0188824_22374071.jpg
子カバの大好きな遊び。お口を大きく開いてアピール
c0188824_22390871.jpg
c0188824_22460957.jpg
まだまだ負けないわよとナミコさん
嬉しそうに食い下がる出目丸ちゃん
c0188824_22475064.jpg
c0188824_22494933.jpg
挑戦してくる子カバには
c0188824_22544583.jpg
威厳ともっと高い目標を見せるのも母カバさんの務め
c0188824_22560042.jpg
出目丸ちゃん、すくすく育ってこんなに大きくなりました。
大切に育ててくれたベテランママのナミコさん、いつもありがとうございます♪
1歳5か月になった出目丸ちゃん、いずれは独り立ちする日がくるでしょう。
それまでママにしっかり甘えておいてね。
c0188824_22571231.jpg

(9月16日撮影)




by rakudateikoraku | 2018-09-16 23:17 | 偶蹄目 | Comments(0)
コアラと緑のジュース その2
王子のコアラ ウミちゃん、飼育員さんが手に持った注射器から緑のジュースのようなものをもらっていました。
c0188824_00145745.jpg
これは、以前の記事「コアラと緑のジュース? 」でご紹介したように、病気などいざという時に経口で
ケアができるように、練習して備えています。記事では「コアラが甘く?感じるような成分が添加してある」と
書きました。
コアラが「甘い」を感じるかどうかは解明されていないとは思いますが、
実際飲んでいる様子を見ていると、舌でぺろぺろしていて、何か味わっているらしいこと、
また積極的に飲もうとしていて嗜好性があることがわかります。


飼育員さんにお聞きしたところ、ミルク由来の乳清のようなものを添加しているということでした。
それ以上細かいことは聞くことはできませんでしたが、興味深いですね。

飲ませてあげた後お口を拭いてあげるのですが、それはあんまり好きではないみたい笑
c0188824_00421385.jpg
こうして飼育員さんに触られることに慣れることも、普段のケアのストレスを減らし、
またいざという時の備えになります。
c0188824_00443629.jpg
お顔のところにユーカリの柔らかいところを近づけて
いっぱい食べて、元気に暮らしてね
c0188824_00510661.jpg
(9月9日撮影)

by rakudateikoraku | 2018-09-11 01:00 | 有袋類 | Comments(0)
市原のフタコブラクダ ドリーミーさん再訪
1年半ぶりに市原のラクダ舎を訪問しました。
2016年12月末に訪問した際にライドもさせてもらった、クララさんは残念ながら2017年9月17日に亡くなってしまい、
現在はドリーミーさん一頭で暮らしています。クララさんはドリーミーさんの娘さんでした。
c0188824_21513702.jpg

ドリーミーさんは26歳。
飼育下でのラクダの平均的な寿命は20~30歳くらいと言われているので、相当なおじいちゃんです。
日本のラクダは往年の高齢ラクダさんたちがここ数年次々に亡くなってしまったので、
ドリーミーさんは現在の日本のフタコブラクダの1番か2番目くらいの最高齢です。
(天王寺のジャック 1992年6月23日生まれで今年26歳です)
c0188824_21420481.jpg
昔はライドの仕事もされていましたが、現在は引退され、ここでのんびり暮らしておられます。
c0188824_21504458.jpg
高齢ラクダは足、特に前足の関節が悪くなりがちです。
ドリーミーさんもほとんど立ち上がることはありません。
数回、短時間ですが前膝立ちをしていました。
c0188824_22473997.jpg
c0188824_22554316.jpg
のんびり暮らしているドリーミーさんですが、一応フィーディング(おやつをあげる)のお仕事は
気が向いたらやってくださっています。
でも、この座っている場所では来園者からは届かないので、近くに連れてきてもらおうとしています。
いつも座っているドリーミーさん、ほとんど立たないけど立つことはできるというご説明でした。
来てもらえるでしょうか。
c0188824_23005318.jpg
ベテランのスタッフさんが声をかけると
c0188824_00155529.jpg
c0188824_00172987.jpg
c0188824_00193051.jpg
膝立ちのまま歩いてくるのかな?
c0188824_00253084.jpg
c0188824_00274198.jpg
立ち上がってくれました。
でもここで次の一歩がなかなか踏み出せない。
もう無理しなくていいよ。。
c0188824_00322785.jpg

膝立ちになって進んできます
c0188824_00430392.jpg
c0188824_00451005.jpg
ここまで来てくれました
c0188824_00461490.jpg


こんなに頑張ってくださったドリーミーさんにおやつを大奮発したのは言うまでもありません。
c0188824_01085533.jpg
ドリーミーさんの好物はバナナです。
c0188824_01102331.jpg
c0188824_01133167.jpg

皮ごとそのまま食べます。
c0188824_01055674.jpg
おやつをあげていると、ドリーミーさん自発的に立ち上がってくれていました。
めったにないそうです。
c0188824_01072331.jpg
喜んでもらえていたらいいな~
c0188824_00555348.jpg
ドリーミーさん、まだまだ元気でいてくださいね。
c0188824_01001020.jpg

夕方にはちゃんとお家に帰ってお食事できていることも確認できました。
c0188824_01022489.jpg

(9/1撮影)





by rakudateikoraku | 2018-09-07 01:15 | フタコブラクダ | Comments(0)



ASPアクセス解析