人気ブログランキング |
<   2019年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
祝!とべのフタコブラクダ飼育復活~ その1 はじめましてブライアンくん
とべ動物園のラクダ系譜はヒトコブラクダのブービーくんが2017年に亡くなってからしばらく途絶えていたのですが、
以前はヒトコブ・フタコブ両方が暮らしていたそうで、フタコブラクダの飼育は16年ぶりだそうです。
早速会いに行ってきました。

まずブライアンくん。「ブライアン・御結び」(おむすび)という日本名もつけてもらっていました。
(※このブログではブライアンと呼称させていただきます。)
彼は、まだ1歳にもなっていないのに、はるばるアメリカから日本にやってきてくれました。
感謝するとともに、大切にして応援していきたいと思います。
c0188824_00513175.jpg
凛々しい少年ラクダさん。
c0188824_00563777.jpg
c0188824_00534517.jpg
c0188824_01010620.jpg
c0188824_02015551.jpg


2月に来日し春になって初めての換毛が始まったので、毛の感じがぼろぼろですが、
これはフタコブラクダの正常な状態です。初夏までには完全に夏毛になるはず。
c0188824_01000250.jpg
c0188824_01034917.jpg
ラクダのこぶの立ち方や形の個性があります。
幼いブライアンくんのこぶはまだへちょってなってるけど、成長につれて立派になってくれるはずです。
c0188824_01314551.jpg

そしてウランちゃん。
彼女には那須時代に何回か会っていたので(来園後2017/5, 2017/9, 2018/4 ほか)
場所を変えて久しぶりの再会です。
c0188824_01105414.jpg
寒い那須から来てくれたのですが、まだ換毛は始まっていませんでした。
c0188824_01115157.jpg
幼い時から頭の褐色の毛が繊細で美しい個でした。大きくなったね~
c0188824_01450142.jpg
c0188824_01130082.jpg
「超べっぴんさん」♪ この担当さんはラクダ審美眼をお持ちのようで素晴らしい!
ウランちゃんの展示開始のニュース報道でもこの文言が使われていました。

ウランちゃんは、那須のセトくんアシュちゃん、八木山のラッキーくんと一緒にオランダから来てくれました。
ラッキーくんは2015/10/12と具体的な誕生日がわかっているのですが、
ウランちゃんの正確な生年月日は那須側も把握していなかったようです。
今後は来園日3月11日がウランちゃんの記念日になりそうです。
c0188824_01150468.jpg

ウランちゃんの方のグラウンドにはロープで柵がされています。
c0188824_01382657.jpg
昔ここで暮らしていたラクダさんがモートに落ちたことがあったらしく、安全対策とのことです。
c0188824_01371041.jpg
でもウランちゃんには格好の暇つぶしのおもちゃです。
c0188824_01363496.jpg
c0188824_01404579.jpg

ブライアンくんとウランちゃんが並ぶとこの位体格が違います。
c0188824_01195779.jpg
ご挨拶。
ふたりで暮らすのもだいぶ慣れたようで、このような行動を見たのはこの1回だけでした。
c0188824_01421754.jpg
朝いらっしゃった担当飼育員さんからニンジンのおやつをもらっています。
関係づくりをちゃんとやっていただいていて流石です。
c0188824_01552770.jpg
c0188824_01530308.jpg
担当さんが離れると、切ない感じの目で追いかけていました。
心理的に担当さんをよりどころにしてくれているようです。
c0188824_01580369.jpg
c0188824_01583326.jpg

担当さんがお昼のごはんを入れてくれました。
緑が豊富な園内で採れた新鮮な野草もらえて美味しそう~
c0188824_01493372.jpg
樹枝も(カシの仲間?)
c0188824_01500307.jpg
c0188824_01502912.jpg
担当さんがグラウンドにごはんもって入ってくると
ブライアンくんは全力で走ってきました。危ない笑
c0188824_02102253.jpg
c0188824_02110678.jpg
ブライアンくんは干し草(チモシー)大好き
c0188824_02114697.jpg
c0188824_02130419.jpg
美味しそうに食べてくれていて何よりです。
c0188824_02135122.jpg
樹枝も嬉しそうでした。
c0188824_02150192.jpg
大きな枝を食べるのがおもちゃ的にも楽しそうです。
c0188824_02161000.jpg
スキンシップの練習。ブライアンくんは担当さんに懐いているようなので大丈夫ですね。
c0188824_02175483.jpg
ブライアンくんは野草はあまり好まないらしいのですが、食べる練習もしています。
c0188824_02200503.jpg
つづく。。。
(3月29日撮影)


by rakudateikoraku | 2019-03-30 02:24 | フタコブラクダ | Comments(0)
ジャックの選り好み
天王寺のおじいちゃんラクダのジャックです。
c0188824_12360944.jpg
ラクダの繁殖シーズンのこの季節、毎年ジャックはほとんどごはんを食べなくなります。
ジャックがおじいちゃんになってもそれは変わりませんでした。
朝ラクダ舎に行ってみると、前日の青草がまだいっぱい残っていました。
c0188824_12373015.jpg
新しいごはんを入れてくださっているのに反応なし。
c0188824_12382187.jpg
昼前にごはんの台までやってきましたが、
c0188824_12401228.jpg
青草だけでなく、ジャックの大好物の練り餌もおいてあるんだけど、ジャックは食べません。
鳩が集まってついばんでいるのを見ています。
c0188824_12414651.jpg
練り餌に少しだけ口をつけただけで、その場を離れました。
c0188824_12424264.jpg
c0188824_12440782.jpg
でも、
c0188824_12460056.jpg
グラウンドに生えてる草の新芽は食べているジャックでした。
c0188824_12470756.jpg
選り好みして、一番食べたいものだけ少しずつ食べているジャック。
あんまり食べないことは毎年心配になりますが、だいじょうぶだね♪
c0188824_12490031.jpg
(3月21日撮影)

by rakudateikoraku | 2019-03-27 12:51 | フタコブラクダ | Comments(0)
出目丸ちゃん ありがとう、元気でね
初めて会った、生まれて間もない出目丸ちゃん(生後8日目)
c0188824_23395917.jpg
ママにお尻を押してもらった外プールデビュー(生後28日目)
c0188824_23441781.jpg
ママに得意げ(生後42日目)
c0188824_23481615.jpg

ママを自慢しています(生後56日目)
c0188824_23505151.jpg
ママが先にケーキを食べてしまった1歳のお誕生会
c0188824_23544201.jpg
そうして見守ってきた出目丸ちゃん。明日(3月25日)には旅立ちです。

空路での移動による大きさの制約のため、移動箱が小さめ。
最初に入った時に転回ができず少しパニックになったため、移動前日でもやはり用心深くなかなか入れなかった出目丸ちゃん。
c0188824_00255812.jpg
c0188824_00022078.jpg
でも午後には無事奥まで入れました。本番の時もスムーズには入れればいいね。
c0188824_00063654.jpg
c0188824_00080519.jpg
c0188824_00100267.jpg
子供を送り出すのが4回目のナミコさんは落ち着いていました。
c0188824_00130369.jpg
それでも、何かアピールしている時も。
c0188824_00135308.jpg
息子よ~
c0188824_00221260.jpg
c0188824_00150414.jpg
「息子をよろしくお願いしますよ」
c0188824_00164279.jpg
たくさんの人がお別れを言いにきてくださっていました。
寄せ書きにもいっぱいのメッセージが。
c0188824_23581640.jpg

移動先でもきっとみんなに愛されると思います。
出目丸ちゃん、いままでありがとう。新天地でも元気でね。
c0188824_00195868.jpg
(3月24日撮影)

by rakudateikoraku | 2019-03-25 00:28 | 偶蹄目 | Comments(0)
王子シタツンガ 「こいとちゃん」(5月齢)とふたりのママ
こいとちゃんは3月15日で無事5月齢を迎えました。
美人さんになってきたね♪
c0188824_23232350.jpg

身体もだいぶ大きくなりましたが、
ウトナちゃんと並ぶとまだまだ小さくて可愛らしいです。
c0188824_23401801.jpg
同居しているため、ウトナちゃんはお客さんからこいとちゃんの母と勘違いされることがあります。
ウトナちゃんは王子の他の3頭のシタツンガたちとは血縁関係はなく、仲がよいとは言えない感じでした。
同居当初はこいとちゃんを追いかけることもありました。

しかし、2頭の関係は変化していきました。
こいとちゃんのお世話をするウトナちゃん。
c0188824_23491146.jpg
(この写真のみ3月9日撮影)

こいとちゃんもウトナちゃんによく懐いています。
今やウトナちゃんは立派な育ての親になったと感じます。
c0188824_00094354.jpg

別居している産みの母 アスカさんともしっかり結ばれていて、時々コミュニケーションをとっています。
アスカさんがぺろぺろ。
c0188824_00181296.jpg
c0188824_00244115.jpg

こいとちゃんも、アスカさんをペロペロ。アスカさんの娘らしい舐めっぷり。
グルーミングを受けているアスカさんの様子も微笑ましいですね。

しかし、アスカさんとそりが合わない時のウトナちゃんは、アスカさんとこいとちゃんが仲良くしていると介入してしまいました。
ウトナちゃんはこいとちゃんを自分のものと思っているのかも。
その中でもこいとちゃんはふたりのママどちらにも仲良くしています。
ふたりのママに愛されておとなになっていくこいとちゃんです。

観察している私のところにも来てくれたこいとちゃん。
c0188824_01141626.jpg
これからも元気でね。
c0188824_01202756.jpg
(3月17日撮影)

by rakudateikoraku | 2019-03-19 01:50 | 偶蹄目 | Comments(0)
カバの出目丸ちゃん、移動の練習中
王子のカバ 出目丸ちゃんが中国の動物園に転出することが発表されました
王子のスペースでは男の子のカバが大人になるまで父・母カバさんといっしょに暮らすことはできません。
出目丸ちゃんは1歳11か月、旅立ちの時なのです。

最後の同居の日の様子を見守りました が、翌日からは移動のための準備が始まりました。
出発まで出目丸ちゃんは左側の部屋でひとりで暮らし、移動箱に入る練習をしています。
ついたてが立てられた奥の右側の部屋にナミコさんがいます。

私が訪問した別居8日目。カバ舎に行ってみると出目丸ちゃんの姿は見えません。
移動箱の中の青草は手付かず。
c0188824_00510990.jpg
出目丸ちゃんはプールの水に身を隠していました。
c0188824_00590068.jpg
昼過ぎに出目丸ちゃんは姿を見せてくれました。
僕のママどこにいるか知らない?と聞いているかのように観覧者側を見つめてくる出目丸ちゃん。
c0188824_01061094.jpg
14時30分頃になってやっと箱の入口まで来ましたが、中に入ることができません。
c0188824_01181352.jpg
こっちにママがいるはずなんだけど。。。
c0188824_01163038.jpg
c0188824_01223328.jpg
c0188824_01230087.jpg
またプールに戻りました。
c0188824_01235382.jpg
c0188824_01253056.jpg
カバさんは新鮮な水を飲むが好きです。
出目丸ちゃんも好き。この場所から出ている水を飲んでいました。
c0188824_01105619.jpg
噴水よろしく水が吹き上がります。
こんな水遊びのような飲み方もママを見て覚えたのだと思います。
c0188824_01104133.jpg

この日ナミコさんも水を飲んでいました。
c0188824_01131814.jpg
c0188824_01151604.jpg


c0188824_01400411.jpg
c0188824_01410011.jpg
ママ見えないかな?
c0188824_01421954.jpg
観覧者通路側ものぞき込んでました。こっちにはママはいないよ。。。
c0188824_01432128.jpg
ナミコさんも気になる様子でした。
c0188824_01440904.jpg
他の日にはもっと早く入れた日もあったようですが、この日は夕方に16時を過ぎてやっと箱に入ることができました。
c0188824_01533054.jpg
c0188824_01541425.jpg
でもまた出てきました。
箱の中では身体を回すことができないので、そろりそろりとバックで。
c0188824_01554360.jpg
この日の箱に入る練習はここで時間となりました。
この日昼は結局食べませんでしたが、夜の間にごはんは食べられているそうなので
心配せずに見守ります。
c0188824_01594676.jpg
ベテランママのナミコさんは、落ち着いて食事をしていました。
c0188824_01583867.jpg
息子はちゃんと食べているのかしら?
c0188824_02024016.jpg

ちゃんと食べるよう息子に言っといてくださいね?
と言わんばかりにこちらを向いてバクバク食べるナミコさん
c0188824_02025639.jpg
出目丸ちゃん、なかなか慣れないだろうけれど、
がんばって乗り越えてね。出発まで見守りたいと思います。
c0188824_02064559.jpg
(3月17日撮影)

by rakudateikoraku | 2019-03-18 02:16 | 偶蹄目 | Comments(0)
はじめまして ニフレルのミニカバの赤ちゃん(生後20日目)
ニフレルで暮らしているミニカバ(コビトカバ)モトモトくんとフルフルちゃんに、2月21日に赤ちゃんが生まれました
そして今日から公開が開始されたので、早速会いに行ってきました。

可愛らしい記念カードやシールを配って盛り上げています。
c0188824_02091041.jpg
愛称も募集中です。
c0188824_02122636.jpg

安心して子育てしてもらえるよう、展示エリアは目隠しされています。
そこに開けられたのぞき穴から観察する仕組みです。
c0188824_20330928.jpg

開館してまもなく寝室の扉が開き、フルフルちゃんに続いて赤ちゃんがトコトコと出てきました。
いしかわのミライくんに会いに行った時は生後38日目
その時も小さくて可愛いと思っていたですが、
この赤ちゃんは生後まだ20日目ですから、さすがに小さいね~
※もともと手前側は深いプールがあるのですが、ふたがしてあります。



赤ちゃんでも歩きによちよち感はないです。
c0188824_20574515.jpg
展示場の一角が浅い温水プール(水温は26度くらいとか)になっています。
赤ちゃんはそこがお気に入りのようで、出てきたらすぐそこに入りました。
段差を一生懸命乗り越えるところが可愛くてたまりません。



のぞき穴以外にライブカメラでも見れます。
c0188824_21103611.jpg

ママが草を食べ始めると、赤ちゃんもプールから出てきて一緒にもぐもぐし始めました。


のぞき穴のすぐ前で、もぐもぐ
c0188824_21310792.jpg
この場所好きだね~
c0188824_21421055.jpg
ちんまり入浴
c0188824_21424158.jpg
こちらに歩いてきました。小さくてもしっかりとした男の子の顔ですね。
c0188824_21435949.jpg
c0188824_00380673.jpg

コビトカバの授乳期間は半年くらいと言われています。草に口をつけ始めているとは言え、
まだまだお乳が必要です。おねだりし始めましたが、まだママが食事中で、
この時は落ち着いて飲めていなかったように見えました。



ママを追いかける赤ちゃん。
赤ちゃんとフルフルちゃんとはこんなに身体の大きさが違います。
赤ちゃんは生後3日目で体長45cm、体重6.5kgだったとのこと。
それ以降測定ができていないそうですが、体重は10kgくらいではないかとのことでした。

c0188824_01585783.jpg

さきほどの温水プールの奥側は壁との間に隙間があります。
そこは赤ちゃんの身体がすっぽり収まって落ち着くのか、よくそこに入りこんでいました。


フルフルちゃんもプールに入ると横で遊んでいます


ママ眠いの?
c0188824_02270694.jpg
ぺろっ
c0188824_02272170.jpg

フルフルちゃんがプールの中で身体を横にして、赤ちゃんが後ろ足のところにきました。
c0188824_01563049.jpg
お乳を飲んでいるようです。
カバが水中で授乳するのに対して、コビトカバは一般に陸上で授乳します。
水中でも飲んでいるのは珍しいのでは。水中でも飲めるのですね。


ママも赤ちゃんもお昼寝の時間。母子ともにどうか健やかに。。。
c0188824_02063610.jpg
(3月12日撮影)


by rakudateikoraku | 2019-03-13 02:36 | 偶蹄目 | Comments(0)
カバの出目丸ちゃん 独り立ちへ
王子動物園のカバ ナミコさんと出目男さんの第4子 出目丸ちゃんが、独り立ちすることになりました。
母ナミコさんとの最後の同居の日の様子を見守りに行ってきました。
c0188824_02384477.jpg
朝ごはんを終えてすぐ島へ
c0188824_02400955.jpg
プールを泳いで反対側から上陸するのではなく、直接上がります。
c0188824_02412919.jpg
c0188824_02420343.jpg
ママをチラ見してから
c0188824_02430688.jpg
まとわりつく出目丸ちゃん、頭をあげて通してあげるナミコさん
c0188824_02435215.jpg
c0188824_02445483.jpg
c0188824_02470084.jpg
島で遊びたい出目丸ちゃn
c0188824_02491251.jpg
でもナミコさんはプールに入りたいみたい。
c0188824_02501749.jpg
c0188824_02531019.jpg

ひとりだけ朝ごはんの食べ残しをさらえてから
c0188824_02543098.jpg
c0188824_02553784.jpg
ママに合流したけれど
c0188824_02563192.jpg
やっぱり島でくつろぎたい出目丸ちゃん。ナミコさんを残して上陸しました。
c0188824_02580820.jpg
ママは上がらないの? でもすでにウトウトしているナミコさん
c0188824_02591724.jpg
楽しそうなお顔
c0188824_03002219.jpg
c0188824_03012418.jpg
ママが動き出すと
c0188824_03024297.jpg
ぴったりついていきます
c0188824_03033231.jpg
c0188824_03043380.jpg
c0188824_03053598.jpg
やっぱり、ひとりだけ上陸する出目丸ちゃん。
小さい時から自分の世界を持っていて、ママから離れて行動する時もある子でした。
c0188824_03062640.jpg
ここの草も食べ納め
c0188824_03081089.jpg
c0188824_03085820.jpg
c0188824_03094940.jpg

ナミコさんは見守ってるけれど上陸しません。
c0188824_03105538.jpg
眠くなってきた出目丸ちゃん
c0188824_03121223.jpg
その様子を見ていたナミコさん、腰をあげて
c0188824_03130234.jpg
その狭い隙間をぬけて
c0188824_03134429.jpg
c0188824_03145316.jpg
息子の顔を近くで見てから
c0188824_03155752.jpg
並んで寝そべりました。
c0188824_03173713.jpg
ママ来てくれたの♪と嬉しそう
c0188824_03191995.jpg
出目丸ちゃん、むくりと身体を起こし
c0188824_03202815.jpg
c0188824_03211881.jpg
大好きなママにさらにくっつきました。
c0188824_03222702.jpg
c0188824_03230218.jpg
幸せそうな表情のふたり
c0188824_03240800.jpg
ママ。。。
c0188824_03244821.jpg

いいでしょ?とママを自慢してました。
c0188824_03254676.jpg
まだ授乳してもらってました。
c0188824_03291197.jpg
ママと一緒の最後の昼ご飯。もちろん出目丸自身は知る由もありません。
c0188824_03315104.jpg
c0188824_03325091.jpg
そして食事のあとのお昼寝
夕方まで幸せそうに眠っていました。
c0188824_03340480.jpg
c0188824_03345020.jpg
c0188824_03352858.jpg
16時過ぎになって起きてきました。
c0188824_03374571.jpg
c0188824_03381550.jpg
ママの豪快な水しぶきに圧倒される出目丸ちゃん笑
c0188824_03385948.jpg
c0188824_03400735.jpg
c0188824_03404182.jpg
c0188824_03411971.jpg
立派に育ちました。
c0188824_03415147.jpg
母子での最後のお外の一日は終わりました。
c0188824_03432287.jpg
寝室での夕食。
飼育員さんの遊び心で、オカラに顔が 笑
c0188824_03435491.jpg
c0188824_03451883.jpg
ママと過ごす最後の夜を幸せに過ごしてね。
c0188824_03454587.jpg
(3月9日撮影)









































by rakudateikoraku | 2019-03-10 03:49 | 偶蹄目 | Comments(0)
大森山のトナカイさん再訪(2019/02)その3~千葉から来たトナカイたちと群れのみんなの近況
大森山で暮らしている6頭のトナカイさんたちの冬の姿を紹介していきましょう。
雁来ちゃん(左の赤い頭絡、2013年6月12日釧路生まれ)と息子の春来ちゃん(2018年4月28日大森山生まれ)
c0188824_01111685.jpg
仲良し母子です。
c0188824_01121554.jpg
c0188824_01122959.jpg

ルドルフくん(2013年5月21日生まれ)
立派な角の持ち主なのですが、角が落ちてすっかりおとなしくなっていました。
c0188824_01201578.jpg
人懐こいのは同じ
c0188824_01205400.jpg

元気くん(2016年6月14日生まれ、故サクラさんの最後の子)。2歳でもうすっかり大人の仲間入り。
本来♂のトナカイはもっと早く角が落ちるのが普通ですが、2月なのにまだ角が残っています。
昨年夏に訪問した時はルドルフくんと元気くんで同居していたのですが、今回は別居していました。
c0188824_01004653.jpg
大人になったけど甘えん坊で近寄ってきます。ただこの角で近づいてくると危ないです。
c0188824_01083451.jpg
グラウンドから遠いところにいると、構ってほしそうな目で見つめていました。
c0188824_01065598.jpg

ルイくんとコマチさんは、千葉市動物公園の「家畜の原種ゾーン」の閉鎖 に伴い、
昨年6月大森山動物園に移動していたトナカイ さんです。

昼頃トナカイ舎の真ん中のグラウンドをのぞいてみると、ルイくんの姿がありました。
(2010年5月21日 多摩生まれ、撮影時8歳)
c0188824_00082927.jpg
c0188824_00371505.jpg

隣のフェンスの方へ
c0188824_00033032.jpg

春来ちゃんがやってきて、ルイくんと会話していました。
c0188824_00063321.jpg
舌を出しているルイくん。挨拶しているみたい。
c0188824_00074303.jpg

座って休んでいる雁来ちゃんと春来ちゃん、その向こう側でルイくんが水を飲んでいます。
c0188824_00111083.jpg
c0188824_00114901.jpg
振り向いたルイ君と目が合いました。
c0188824_00135645.jpg
ウシっぽい。。。
c0188824_00144763.jpg
c0188824_00164371.jpg
こちらを見ながら
c0188824_00170992.jpg
歩いてきました
c0188824_00173472.jpg
ルイくん、間近に来てくれました。
トナカイは「馴鹿(じゅんろく)」とも言われ、その名の通り人懐こい性格です。
このグラウンドのところは人通りが少ないので、私が珍しかったのかも。
c0188824_00185129.jpg
大きな目ともふもふしたお口が可愛いね~
c0188824_00190439.jpg

さて、コマチさん(2003年5月24日大森山生まれ 撮影時15歳)小屋の中にいることが多く、
グラウンドではレアキャラになっているそうです。
何回か見に行ったら、午後に1度だけ会うことができました。


雪を食べています。片方の角が少し残っています。
c0188824_00482854.jpg
c0188824_00531640.jpg
c0188824_00555623.jpg

暑い千葉からやってきた2頭が秋田の気候や環境、飼育方法にすっかり馴染んでいたのでよかったです。
特にコマチさんは高齢ですが、これからも健やかに暮らしてもらいたいです。

みんな、またやってくる夏に備えてしっかり身体を作っておいてくださいね。
(2月10日撮影)



by rakudateikoraku | 2019-03-05 01:29 | 偶蹄目 | Comments(0)
大森山のトナカイさん再訪(2019/02)その2~雁来ちゃんトラと遭遇する
今日もトナカイのお散歩の時間です。
c0188824_00502306.jpg
最近の雪の動物園でのトナカイのお散歩はサクラさん(2018年2月没)が主に担当していました。
雁来ちゃんにとっては今冬は本格的なお散歩デビューですね。

トナカイのお散歩では猛獣舎の方まで歩いていきます。
c0188824_00525682.jpg

正面のアムールトラの運動場で、ヒロシくんが雁来ちゃんの方をガン見しています。
c0188824_00543837.jpg
ヒロシくんの方を見つめる雁来ちゃん

c0188824_01080457.jpg
雁来ちゃんはこちらに近づくのは慣れていません。
c0188824_01133798.jpg
c0188824_01172811.jpg

本当にこっち行くの?
c0188824_01181738.jpg
まあ試しに行ってみましょう
c0188824_01190743.jpg


サクラさんがここまで散歩に来た時はヒロシくんのことは全く気に留めていませんでした。
でも慣れていない雁来ちゃんはびっくりしたようです。むしろこれが普通の反応ですね汗
ヒロシくんも大興奮で遊んでくれました。
c0188824_01425624.jpg
つづく。。。
(2月10日撮影)







by rakudateikoraku | 2019-03-02 01:48 | 偶蹄目 | Comments(0)
大森山のトナカイさん再訪(2019/02)その1~トナカイさんとお散歩
半年ぶりに大森山の「トナカイとせせらぎの森」を訪ねました。
前回は真夏でしたが、今回は暑い日本でトナカイが一番イキイキしている真冬の訪問です。
しかも雪が積もった日でした。
c0188824_23521019.jpg
雁来ちゃん(左)とその息子 2018年4月28日生まれの春来ちゃん(訪問時 生後約9か月)です。
c0188824_00295761.jpg

春来ちゃんは、赤ちゃんの頃から通りかかる人についていく人懐こい仔でした。
今もその人懐こさは健在でした。
c0188824_00323702.jpg
近すぎるよ~

c0188824_00172151.jpg
今日はお散歩のイベントの日です。
飼育員さんが迎えに来ました。色めき立つ春来ちゃんと雁来ちゃん
c0188824_00355509.jpg
c0188824_00434373.jpg
お散歩担当は雁来ちゃんです。
c0188824_01173120.jpg
c0188824_01180592.jpg

トナカイさんが歩いているとカチカチ音がします。
群れで歩いている時に後ろから来る仲間を導くのに助けになるそうです。


面積の大きな足で、柔らかい雪にも沈まずに歩けます。
c0188824_01331911.jpg

飼育員さんは、集まってきたお客さんたちに雁来ちゃんを囲むように言いました。
動物のお散歩の時は後ろに立ったり囲むようなことは普通はするべきではないです。
しかしトナカイは群れで生きている動物で、むしろこうして囲まれている方が落ち着くのです。
c0188824_01345717.jpg
c0188824_01451463.jpg
雁来ちゃんの背中の毛を触らせてもらったら、毛の割と中の方まで濡れています。
c0188824_01463894.jpg

お散歩に出てから時間が経ってくると、雁来ちゃんの落ち着きがなくなってきました。
残してきた息子の春来ちゃんが気になってしまうのです。
おうちに戻りましょう。



春来ちゃんが迎えてくれました。お帰り~
c0188824_02120576.jpg
雁来ちゃん、また遊びにいこうね~
c0188824_02124190.jpg
つづく
(2月9日撮影)




by rakudateikoraku | 2019-03-01 01:10 | 偶蹄目 | Comments(0)



ASPアクセス解析