人気ブログランキング |
<   2019年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
王子コアラ ウミちゃんの赤ちゃん その2 ママと健康診断
王子のコアラ ウミちゃんの赤ちゃんについてのお話、この記事のつづきです。
この日は健康診断の日でした。

ウミちゃんの様子を見に来た飼育員さんがユーカリの葉を開くと
お腹のところにいた赤ちゃんの姿が見えました。
c0188824_22244102.jpg
c0188824_22261887.jpg

持ち上げられるウミちゃん、お腹には赤ちゃんがしがみついています。
c0188824_22291557.jpg
c0188824_22565927.jpg

擬木につかまってもらいます。
c0188824_22574516.jpg

ママが検査を受けるのを間近に見守る赤ちゃん
c0188824_22593946.jpg
c0188824_23005552.jpg
お腹のところから赤ちゃんが出てきました。
c0188824_23022646.jpg
c0188824_23060255.jpg
ママの背中へ
c0188824_23101054.jpg
c0188824_23111763.jpg
c0188824_23142647.jpg
c0188824_23182986.jpg
検査が終わったので、またそのまま持ち上げて
c0188824_23190774.jpg
c0188824_23205407.jpg

元気に育った赤ちゃんを見て飼育員さんたちはとても嬉しそう。
c0188824_23253067.jpg
c0188824_23271061.jpg

はい、おつかれさま~
c0188824_23294350.jpg
検査怖くなかった?
c0188824_23331092.jpg

赤ちゃんはしばらくママの背中につかまっていてくれました。
c0188824_23351379.jpg
c0188824_23365688.jpg
もうかなり大きく育ってますね。
c0188824_23384073.jpg
赤ちゃんのペロリ☆
c0188824_23423227.jpg
つづく。。。
(6月30日撮影)









by rakudateikoraku | 2019-06-30 23:55 | 有袋類 | Comments(0)
王子コアラ ウミちゃんの赤ちゃん その1 ママ、だーい好き♪
最近は時々ママのポッケからお顔や手足を出しているのが垣間見れるようになってきていましたが、
今日は朝から全身が袋の外に出ているところに会えました。
はじめまして~
c0188824_21444651.jpg
c0188824_21445854.jpg
赤ちゃん、胸元を登ってきました。
c0188824_21493848.jpg
ママの顔をじっと見ています。
c0188824_21501210.jpg
ママさん、お疲れ様。
c0188824_21503853.jpg
ママどうしたの?
c0188824_21512535.jpg
ウミちゃんママが優しい表情で、赤ちゃんをペロッと舐めてあげました。
c0188824_21525279.jpg
c0188824_21534921.jpg

「ママだいすき♪」赤ちゃんがママにChu♪
c0188824_21545511.jpg

立派な腕。
ウミちゃん、はじめての赤ちゃんをしっかり育ててくれています。
c0188824_22052012.jpg

つづく。。。
(6月30日撮影)



by rakudateikoraku | 2019-06-30 22:10 | 有袋類 | Comments(0)
天王寺ニホンリスさんとの再会
天王寺のリスの家に暮しているニホンリスさん
可愛い姿で親しまれてきました
c0188824_00522842.jpg
c0188824_02194476.jpg
(2017年9月7日)


しかし、2018年9月に襲来した台風でリスの家が倒壊してしまいました。
c0188824_00501616.jpg
c0188824_00503930.jpg
(2018年9月8日)

りすの家は修復されたのですが、巣箱から出ている姿がなかなか見られなくなりました。
園のこの掲示などを見る限り、生存はしていて、担当飼育員さんは姿を確認されているはずですが、
私自身はそれ以来会えていませんでした。
c0188824_08500990.jpg

しかし、この日は運が良かったのかタイミングがたまたま合ったのか、
リスの家を通りかかると、巣箱の中に動物のシルエットが見えました。
c0188824_02213556.jpg

ニホンリスさんが、うとうとしているのが見えます。


姿勢が動いてお顔が見えました。
c0188824_02414206.jpg

しばらく観察していると、目を覚ましたようです。


眠そうな顔で表に顔をみせてくれました。
c0188824_01150089.jpg
c0188824_02544055.jpg
c0188824_01152710.jpg

でもこの後完全に目を覚ますと、すぐ巣箱の入り口から見えないところに隠れてしまいました。
生きていることは情報として知っていても、元気そうな姿を見れて安心しました。

時々でいいからまたお顔を見せてね。


(6月22日撮影)


by rakudateikoraku | 2019-06-24 02:58 | 齧歯類 | Comments(0)
天王寺のホオジロカンムリヅル近況~若鳥はどこへ?
久しぶりに天王寺のツル舎のホオジロカンムリヅルの部屋を訪ねてみると、
昨年9月に孵った若鳥2羽の姿がなく、両親2羽だけがいました。
若鳥の個体表示の掲示もなくなっていました。
また、コフラミンゴ舎に同居していた別の1羽(数年前に孵化)の姿もありません。こちらの個体表示も撤去されていました。
c0188824_00302230.jpg

カリメロは撮影した前日(2018年9月16日)に、そしてサプラは撮影当日に孵りました。
c0188824_00420914.jpg
c0188824_00400213.jpg
(2018年9月17日)

c0188824_00534797.jpg
(2018年9月24日)


今年3月の時のホオジロファミリー。ほとんど大人と同じ姿の左の2羽が若鳥です
(黄色のリング:サプラ、赤のリング:カリメロ)
c0188824_00342111.jpg
(2019/3/21撮影)

5月上旬に来た時にはまだ若鳥はいたことを確認していました。
c0188824_00383084.jpg
(2019年5月6日)

気になって飼育員さんに尋ねてみたところ、
バックヤードも含めてもう場所がないということで、5月に他の園に移動した後だということでした。
残念ながら行先を聞くことはできませんでしたが、移動先で元気にしていることを願っています。

しかし、実は昨年生まれの子のうち1羽だけ天王寺の鳥の楽園に移動したというのです。
早速会いに行きました。

目立つ姿なのですぐ見つかりました。黄色いリングのサプラですね。
c0188824_00494690.jpg
c0188824_00511929.jpg
シュバシコウや水鳥など、まわりは百戦錬磨(?)の逞しい皆さん。
その中でがんばっていました。サプラのこれからを見守りたいと思います。
会いにいって応援してあげてくださいね。
c0188824_00481035.jpg

(6月22日撮影)


by rakudateikoraku | 2019-06-23 00:58 | | Comments(0)
世界ラクダの日&天王寺のジャック近況
毎年6月22日は世界ラクダの日、人々にラクダの重要性を認識していただくための記念日です。

現在のほとんどのラクダは家畜ということもあり、世界キリンの日(夏至の日、今年は6月21日)など
他の動物の記念日と比べてあまり知られていませんね。
確かに現代ではヒトコブラクダはすべて家畜(あるいは家畜が逃げて野生化)ですが、
フタコブラクダはゴビ砂漠にわずかな数の野生種が今も暮らしており、絶滅危惧(IUCNレッドリスト CR)種なのです。
家畜としても、人間にとってどれだけ大事な存在だったかはシルクロードの歴史を見れば明らかですね。
そして最近はラクダミルクが産業として注目されています。

さて、天王寺のフタコブラクダ ジャックは安佐で1992年6月23日に生まれました。
世界ラクダの日の翌日なんですね。今年ジャックは今年27歳になります。
誕生日の前日のジャックに会いに行ってきました。

緑いっぱいのラクダ舎。ジャックは気持ちよさそうに眠っていました。
c0188824_21543277.jpg

朝ごはんの青草はもう置いてあるんだけど、
c0188824_22245647.jpg
4つの足の足裏が! マニア垂涎の風景(笑)
c0188824_22260661.jpg
首の可動範囲が広いね~
c0188824_22280446.jpg
少し時間をおいて見に行くと起き上がって青草を食べていました。
換毛は始まってはいますが、他園の若いラクダたちと比べると遅いですね。
年をとるにつれて遅くなっているように感じます。
c0188824_22314313.jpg
食欲もしっかりあって、むしゃむしゃ食べてます。歯もまだまだ健康♪
c0188824_22380568.jpg
飼育下のラクダの平均的な寿命は20年から30年くらい。
ジャックはいつのまにかおじいちゃんになりましたが、まだまだ元気です。
これからも長生きしてくださいね。
c0188824_22481755.jpg
(6月22日撮影)
by rakudateikoraku | 2019-06-22 23:01 | フタコブラクダ | Comments(0)
シタツンガ ウトナちゃんの赤ちゃん 生後30日目~ママとお食事
シタツンガ舎の個体表示が刷新されました。
以前はアスカさん母子(こいとちゃん)、ウトナさん母子(アラトナちゃん)の4頭で同居し、グラウンド2面を
つなげて使っていました。現在は各母子で1面グラウンドを占有しています。
それにあわせてペアごとの表示です。今後はこのまま同居させないということでしょうね。

ウトナちゃんの赤ちゃん アラトナちゃんも作ってもらいました。
c0188824_00361296.jpg
c0188824_01090962.jpg

アラトナちゃん、いままで小屋に籠っていることが多かったのですが、
お外に出ていることがまた増えてきたようです。

外でお乳をもらっているシーンを久しぶりに見ました。
c0188824_00443305.jpg
でも草にも興味があります。
c0188824_00530363.jpg
ママといっしょにとことこ
c0188824_00541029.jpg
アラトナちゃんだけ立ち止まりました。
c0188824_00544894.jpg
ああ、そういうことですね。
アラトナちゃんが確かに♂であると確認できました笑
c0188824_00552793.jpg

ママと同じごはんを食べてますよ。これも初めて見ました。
いままで王子て見てきたシタツンガの子供たちは、生まれて数日するとお乳だけでなく
草を試してみるようになり、1か月もすると親と同じものを食べていました。
アラトナちゃんも順調に成長してくれていますね。
c0188824_00565919.jpg
ウトナ ママが食べているところを凝視するアラトナちゃん
c0188824_00595866.jpg
顔を近づけて。。。
c0188824_01010638.jpg

ママと同じものが食べたかったようですね。
c0188824_01021585.jpg
お顔を上げてくれました。
c0188824_01032745.jpg
もう凛々しい少年シタツンガの顔をしていますね。
c0188824_01050505.jpg
c0188824_01072679.jpg
(6月20日撮影)



by rakudateikoraku | 2019-06-21 01:14 | 偶蹄目 | Comments(0)
シタツンガ ウトナちゃんの赤ちゃん~ 命名 アラトナ
5月22日に生まれたシタツンガの赤ちゃん。
父 アラシくん、母 ウトナちゃん、両親から名前の一部をもらって、アラトナと名づけられました
そしてついに正式に性別が男だと発表されました。

ウトナちゃんの出産はとても難産で、飼育員さんが手伝ってあげられたのですが、
誕生直後の赤ちゃんを触診されおそらくオスであろうとわかっていたそうです。

アラトナ、ちょっとワイルドな感じのよい名前をつけてくださったと思います。

そう思って写真を見ると、男前シタツンガになる予感がする、オスっぽい顔をしていると思いませんか?
c0188824_01314568.jpg
c0188824_01371563.jpg
(以上6月8日撮影)


イケメンシタツンガの父アラシくん
c0188824_01442269.jpg
(6月2日)

力も強いがフレンドリーなナイスガイです。
c0188824_01465908.jpg
(6月8日)
そして母ウトナちゃん
来園した頃は可愛らしい感じの子でしたが、引き締まった美人さんになりました。美男美女カップルですね。
c0188824_01524123.jpg
(6月16日)
これが初産ですが、がんばって育ててくれています。
アラトナちゃんの健康診断にも立ち会います。
c0188824_02033311.jpg
(6月15日)

子育てで疲れているのかグラウンドで眠り込んでいることも。
ママさんがんばって。
c0188824_01593544.jpg
(6月8日)


by rakudateikoraku | 2019-06-19 02:06 | 偶蹄目 | Comments(0)
出目吉くんと希望子さんの日々、そして出目吉くん移動へ
久しぶりに出目吉くんに会いに行ってきました。
目の表情の可愛らしさは変わってません。水の中からこちらを見てくれました。
c0188824_01222917.jpg
出目吉くんが壊した獣舎の天井はそのままになっています。
c0188824_01211738.jpg
希望子さんは夕食の後片付け
c0188824_01211011.jpg
食べ終わって寝転がってる希望子さん。壁の向こうの様子を伺う出目吉くん
c0188824_01231914.jpg
希望子さんどうしてるかな。。。
c0188824_01244323.jpg
ちらっ
c0188824_01255407.jpg
希望子さんもそれを見ていたはずです。
c0188824_01262500.jpg
やっぱり気になるな。。。
c0188824_01270562.jpg
c0188824_01280138.jpg
c0188824_01283448.jpg
c0188824_01290185.jpg
希望子さん、むくり
c0188824_01295621.jpg
c0188824_01311022.jpg
またその雰囲気が気になる出目吉くん
c0188824_01324163.jpg
c0188824_01332459.jpg
いったんプールに入ってみる
c0188824_01340238.jpg
c0188824_01343752.jpg
やっぱり気になるので身体を起こしてみてみたら
c0188824_01354923.jpg
希望子さんと目が合いました♪
出目吉くんの目が嬉しそうに見えるのは気のせいでしょうか。
c0188824_01364491.jpg
c0188824_01375992.jpg
希望子さん近くに来てくれました。
c0188824_01383920.jpg
c0188824_01394542.jpg

出目吉くん、よかったね~
c0188824_01421102.jpg
c0188824_01444296.jpg
希望子さんは、その後何回も出目吉くんのプールを覗きに来てくれていたのです。
カバって離れていても鳴きかわしでコミュニケーションを図りますが、
視覚的に会いに来ることも多いですね。この2頭での鳴きかわしには遭遇したことがありません。
c0188824_01462481.jpg
c0188824_01482391.jpg
もともと出目吉くんが2016年に姫路に移動したのは
ブリーディングローンによる移動ということで、婿入り先が無事決まり、それも広く開放的なプールを持つ施設
ということで彼にとって本当によかったですね。

でも、2年あまりの姫路での希望子さんとの暮らしは、直接的な同居こそなかったものの、
隣人どうしこころの交流があったのではと、今のふたりの関わりを見ていると思うのです。

生息地では本来群れで暮らす社会的な動物であるカバですが、長いこと独りぼっちだった希望子さん。
彼女にとっても隣人である出目吉くんは大事な存在だったのではと思うのです。
また逆に、希望子さんの存在を感じていられるから、寂しがりやの出目吉くんががんばってこれたと思うのです。
c0188824_01491550.jpg
移動した後は怖くて長いこと水に潜って隠れていたのですが、
園は辛抱強く対応してくださり、無事ふつうの暮らしを送れるようになりました。
施設の制約があるにもかかわらず受けれいてくださり、大切にしてくださった姫路のみなさんには感謝です。

出目吉くんの移動は今月末。
それまで移動箱に入る練習があり、移動、そして新しい施設に入居、新しい隣人とフィアンセとの対面と、
彼にとってたくさんのハードルが待ち構えています。
前回から2年で成長したと言っても、おそらくまだ怖がりの出目吉くん、まずは安全に移動できますように。
c0188824_01500983.jpg
(6月16日撮影)




by rakudateikoraku | 2019-06-18 13:26 | 偶蹄目 | Comments(1)
おかえり ブンタくん
足を痛めて静養中のブンタくんの様子を見に来ました。
治療を受けてだいぶよくなってきていると聞いていました。

ブンタくんは外に出てケージで戯れていました。
c0188824_20104683.jpg
リラックスした表情、いい感じだね~
脚の痛みはだいぶ軽くなっているように思われます。
c0188824_20154147.jpg
c0188824_20161882.jpg
もしかしたらと思い声をかけると、見てはくれたのですが近づいてきてはくれません。
c0188824_20170618.jpg
c0188824_20171800.jpg
飼育員さんがペレットで釣ってみます。
c0188824_20263617.jpg
ブンタくんは躊躇していましたが、少し待つと食べてくれました。
c0188824_20280452.jpg
飼育員さんをなかなか追いかけません。やはり人間を警戒しているようです。
c0188824_20292882.jpg
やっときてくれましたが
c0188824_20320196.jpg
c0188824_20330320.jpg
一瞬嬉しそうな顔
c0188824_20333449.jpg
残りは器に入れてあげたのですが、やはり食いつきが悪いです。
c0188824_20373077.jpg
やっと食べてると、ウトナちゃんが近づいてきました。
c0188824_20385739.jpg
ウトナちゃんご挨拶してくれました。
現在、ウトナちゃんと赤ちゃんはこのグラウンドに入っています(右隣の区画とは切り離されています)。これも偶然の出会いですね。
c0188824_21320674.jpg
c0188824_21325745.jpg
飼育員さんが横から手を出して呼んでくださると
c0188824_21352795.jpg
ブンタくん、やっとここに顔を見せてくれました♪
c0188824_21374096.jpg
この日は天気が悪化して強い風が吹き荒れて、樹枝がたくさん飛ばされてきていました。
飼育員さんがそれをブンタくんにプレゼント
(※来園者は動物にエサや葉っぱをやってはいけません)
c0188824_21473177.jpg
c0188824_21482945.jpg
ブンタくんすっかりご機嫌を直してくれたようです。
傷めた脚の治療のためなのですが、みんなに捕まえられて注射されたりして、
人間不信になっていたのかもしれませんね。
c0188824_21532752.jpg
やっと戻ってきてくれたね。
ブンタくん、またいっしょにお散歩しようね。
c0188824_21503822.jpg

(6月15日撮影)







by rakudateikoraku | 2019-06-15 22:08 | 奇蹄目 | Comments(0)
シタツンガ ウトナちゃんの赤ちゃん 生後18日目~みんなとご対面
母子がグラウンドで一緒にいる姿が最近あまり見れません。
ウトナちゃんは赤ちゃんを隠しているつもりなのでしょうか?

おうちからひとりで出てきたばかりの赤ちゃん
全力で周りの様子を探っているので、通常よりも耳が大きく見えますね。
c0188824_19435643.jpg
つま先立ちがカッコいいね~
c0188824_19494122.jpg

赤ちゃんは右側のおうちから出てきて、大人女子3頭がいる左側のグラウンドに歩いてきました。
c0188824_19510297.jpg

「おねえちゃーん」こいとちゃんのにおいをかいでいます
c0188824_19515444.jpg
こいとちゃん今回は逃げませんでした。赤ちゃんも度胸が座ってますね。
c0188824_19525846.jpg
c0188824_19541095.jpg
アスカさんにもご挨拶できたかな?
c0188824_19545543.jpg
アラシくんのグラウンド側に座り込んだ赤ちゃん

c0188824_20544395.jpg
c0188824_20573098.jpg
赤ちゃんのことをガン見するアラシくん
c0188824_21041904.jpg

赤ちゃんとアラシくんの目が合いました。
アラシくん、きみの赤ちゃんだよ~
c0188824_21004673.jpg
この時はお互い変わったアクションはなく、アラシくんは立ち去っていきました。

流石アラシくんの子、まだ18日目でもイケメンになりそうな素質があふれるお顔ですね。
元気に大きくなってね。
c0188824_21075264.jpg
(6月8日撮影)

by rakudateikoraku | 2019-06-09 21:10 | 偶蹄目 | Comments(0)



ASPアクセス解析