人気ブログランキング |
タグ:天王寺動物園 ( 268 ) タグの人気記事
天王寺ニホンリスさんとの再会
天王寺のリスの家に暮しているニホンリスさん
可愛い姿で親しまれてきました
c0188824_00522842.jpg
c0188824_02194476.jpg
(2017年9月7日)


しかし、2018年9月に襲来した台風でリスの家が倒壊してしまいました。
c0188824_00501616.jpg
c0188824_00503930.jpg
(2018年9月8日)

りすの家は修復されたのですが、巣箱から出ている姿がなかなか見られなくなりました。
園のこの掲示などを見る限り、生存はしていて、担当飼育員さんは姿を確認されているはずですが、
私自身はそれ以来会えていませんでした。
c0188824_08500990.jpg

しかし、この日は運が良かったのかタイミングがたまたま合ったのか、
リスの家を通りかかると、巣箱の中に動物のシルエットが見えました。
c0188824_02213556.jpg

ニホンリスさんが、うとうとしているのが見えます。


姿勢が動いてお顔が見えました。
c0188824_02414206.jpg

しばらく観察していると、目を覚ましたようです。


眠そうな顔で表に顔をみせてくれました。
c0188824_01150089.jpg
c0188824_02544055.jpg
c0188824_01152710.jpg

でもこの後完全に目を覚ますと、すぐ巣箱の入り口から見えないところに隠れてしまいました。
生きていることは情報として知っていても、元気そうな姿を見れて安心しました。

時々でいいからまたお顔を見せてね。


(6月22日撮影)


by rakudateikoraku | 2019-06-24 02:58 | 齧歯類 | Comments(0)
天王寺のホオジロカンムリヅル近況~若鳥はどこへ?
久しぶりに天王寺のツル舎のホオジロカンムリヅルの部屋を訪ねてみると、
昨年9月に孵った若鳥2羽の姿がなく、両親2羽だけがいました。
若鳥の個体表示の掲示もなくなっていました。
また、コフラミンゴ舎に同居していた別の1羽(数年前に孵化)の姿もありません。こちらの個体表示も撤去されていました。
c0188824_00302230.jpg

カリメロは撮影した前日(2018年9月16日)に、そしてサプラは撮影当日に孵りました。
c0188824_00420914.jpg
c0188824_00400213.jpg
(2018年9月17日)

c0188824_00534797.jpg
(2018年9月24日)


今年3月の時のホオジロファミリー。ほとんど大人と同じ姿の左の2羽が若鳥です
(黄色のリング:サプラ、赤のリング:カリメロ)
c0188824_00342111.jpg
(2019/3/21撮影)

5月上旬に来た時にはまだ若鳥はいたことを確認していました。
c0188824_00383084.jpg
(2019年5月6日)

気になって飼育員さんに尋ねてみたところ、
バックヤードも含めてもう場所がないということで、5月に他の園に移動した後だということでした。
残念ながら行先を聞くことはできませんでしたが、移動先で元気にしていることを願っています。

しかし、実は昨年生まれの子のうち1羽だけ天王寺の鳥の楽園に移動したというのです。
早速会いに行きました。

目立つ姿なのですぐ見つかりました。黄色いリングのサプラですね。
c0188824_00494690.jpg
c0188824_00511929.jpg
シュバシコウや水鳥など、まわりは百戦錬磨(?)の逞しい皆さん。
その中でがんばっていました。サプラのこれからを見守りたいと思います。
会いにいって応援してあげてくださいね。
c0188824_00481035.jpg

(6月22日撮影)


by rakudateikoraku | 2019-06-23 00:58 | | Comments(0)
世界ラクダの日&天王寺のジャック近況
毎年6月22日は世界ラクダの日、人々にラクダの重要性を認識していただくための記念日です。

現在のほとんどのラクダは家畜ということもあり、世界キリンの日(夏至の日、今年は6月21日)など
他の動物の記念日と比べてあまり知られていませんね。
確かに現代ではヒトコブラクダはすべて家畜(あるいは家畜が逃げて野生化)ですが、
フタコブラクダはゴビ砂漠にわずかな数の野生種が今も暮らしており、絶滅危惧(IUCNレッドリスト CR)種なのです。
家畜としても、人間にとってどれだけ大事な存在だったかはシルクロードの歴史を見れば明らかですね。
そして最近はラクダミルクが産業として注目されています。

さて、天王寺のフタコブラクダ ジャックは安佐で1992年6月23日に生まれました。
世界ラクダの日の翌日なんですね。今年ジャックは今年27歳になります。
誕生日の前日のジャックに会いに行ってきました。

緑いっぱいのラクダ舎。ジャックは気持ちよさそうに眠っていました。
c0188824_21543277.jpg

朝ごはんの青草はもう置いてあるんだけど、
c0188824_22245647.jpg
4つの足の足裏が! マニア垂涎の風景(笑)
c0188824_22260661.jpg
首の可動範囲が広いね~
c0188824_22280446.jpg
少し時間をおいて見に行くと起き上がって青草を食べていました。
換毛は始まってはいますが、他園の若いラクダたちと比べると遅いですね。
年をとるにつれて遅くなっているように感じます。
c0188824_22314313.jpg
食欲もしっかりあって、むしゃむしゃ食べてます。歯もまだまだ健康♪
c0188824_22380568.jpg
飼育下のラクダの平均的な寿命は20年から30年くらい。
ジャックはいつのまにかおじいちゃんになりましたが、まだまだ元気です。
これからも長生きしてくださいね。
c0188824_22481755.jpg
(6月22日撮影)
by rakudateikoraku | 2019-06-22 23:01 | フタコブラクダ | Comments(0)
ジャックの選り好み
天王寺のおじいちゃんラクダのジャックです。
c0188824_12360944.jpg
ラクダの繁殖シーズンのこの季節、毎年ジャックはほとんどごはんを食べなくなります。
ジャックがおじいちゃんになってもそれは変わりませんでした。
朝ラクダ舎に行ってみると、前日の青草がまだいっぱい残っていました。
c0188824_12373015.jpg
新しいごはんを入れてくださっているのに反応なし。
c0188824_12382187.jpg
昼前にごはんの台までやってきましたが、
c0188824_12401228.jpg
青草だけでなく、ジャックの大好物の練り餌もおいてあるんだけど、ジャックは食べません。
鳩が集まってついばんでいるのを見ています。
c0188824_12414651.jpg
練り餌に少しだけ口をつけただけで、その場を離れました。
c0188824_12424264.jpg
c0188824_12440782.jpg
でも、
c0188824_12460056.jpg
グラウンドに生えてる草の新芽は食べているジャックでした。
c0188824_12470756.jpg
選り好みして、一番食べたいものだけ少しずつ食べているジャック。
あんまり食べないことは毎年心配になりますが、だいじょうぶだね♪
c0188824_12490031.jpg
(3月21日撮影)

by rakudateikoraku | 2019-03-27 12:51 | フタコブラクダ | Comments(0)
天王寺のハクビシン兄弟
今年7月、安佐から天王寺にハクビシンの兄弟が来園していました。慣れていなかったり夜行性ということもあり
眠っていたり陰に姿を隠していることが多かったのです。先日天気が悪い夕方に散歩していると2頭が活発に動いている
ところに遭遇できました。

顔の模様のパターンが違うので個体識別しやすいですね。
右側:ぱむ、 左側:こんこん
c0188824_17114872.jpg
c0188824_17143428.jpg


ぱむ
c0188824_17304393.jpg
c0188824_18021733.jpg
c0188824_18041708.jpg
こんこん
c0188824_18082811.jpg
長くて力強そうな尻尾
c0188824_18155544.jpg
この角度のお顔好きです
c0188824_18094637.jpg
c0188824_18114405.jpg

しかしハクビシンさんってこんなに可愛いお顔してるんですね~
でも流石牙はしっかりしていました。
c0188824_18182685.jpg

兄弟で仲良しです。
c0188824_18253483.jpg
お互いに毛づくろい
c0188824_18235550.jpg

展示場内の植栽の葉っぱをかじっていました。
食肉の動物だけど、樹葉を入れてあげたらよい気晴らしになるかもしれませんね。
c0188824_18205544.jpg

展示場を元気に動き回っていましたよ。


だいぶこの場所に馴れてきたようなのと、秋になって陽が落ちるのが早くなるので、これから姿を見れる機会も多くなりそうです。
その能力と魅力を引き出してくださるようなこれからの展示に期待です~
c0188824_18304296.jpg


(9月29日撮影)

by rakudateikoraku | 2018-09-30 18:32 | 食肉目 | Comments(0)
おじいちゃんフタコブラクダ ジャックの健康診断

今年6月で26歳になった天王寺のフタコブラクダのジャック。
飼育下のラクダの平均的な寿命は20年~30年くらいです。(記録に残っている世界最高齢はあのの野毛山のツガルさん 38歳まで生きてくれました)
日本のフタコブラクダ界は、数年前までは最高齢のツガルさんをトップに、埼玉のフタくん(享年29歳)、八木山のコブコさん(享年32歳) と高齢のラクダさんたちががんばっていたのですが、次々と亡くなってしまいました。
個体のデータを公開していない園もあるので間違っているかもしれませんが、いまやジャックは日本を代表するおじいちゃんラクダの1頭になっていました。

ジャックにこれからも元気で暮らしてもらえるよう、
天王寺では健康診断を定期的に行ってくださっています。
今回天王寺で今年初めて開催された「おもさくらべスタンプラリー」にて、ジャックの健康診断の様子を
公開イベントとして実施してくださいました。
c0188824_00545868.jpg

なんとイベントの公式Tシャツにもジャックが!
c0188824_00111761.jpg

イベント準備のためラクダ舎はまんなかの扉が閉じられ、ジャックは南側のエリアにいました。
c0188824_12310469.jpg
c0188824_00111761.jpg

南側はグラウンドの雑草がたくさん生えているので、ジャックは食べ放題です。
c0188824_12321976.jpg
でもお腹すいてるし、何事かあることを予想してるようで、様子を窺っています。
準備している様子が気になってしかたがありません。
c0188824_12331531.jpg
c0188824_12334817.jpg
健康診断に先立って、飼育実習生さんがラクダについてガイドをしてくださいました。
砂漠で生き抜くラクダの能力は何回聞いてもすごいです。

お顔の各パーツが砂漠での暮らしに適応しています。
砂埃を寄せ付けない長いまつげ。
鼻の穴を完全に閉じて砂嵐にも耐えられる。
c0188824_00561788.jpg
こぶの中身はなにかな?
c0188824_00564277.jpg
足の構造
柔らかい足裏で砂でも沈まない
c0188824_00570829.jpg
棘だらけのサボテンを食べても、棘が口の中に刺さらないようにして飲み込める、
乳頭突起という口の中の特殊な構造(参考: ナショジオの解説記事
c0188824_00573450.jpg
わかりやすい説明で素晴らしいガイドでした。

では始めましょう。阿吽の呼吸の担当さんとジャック。
c0188824_22042130.jpg
まずトレーニング棒にタッチ
c0188824_22063295.jpg
脇の方でおやつのペレットを食べてもらっている間に扉を開ける作戦でしたが、
c0188824_22104032.jpg
ご対面(笑
c0188824_22203144.jpg
c0188824_22235953.jpg
c0188824_22252245.jpg

基本動作の練習。
トレーニング棒の先の「ターゲット」にお口でタッチしてくれたら
c0188824_00554758.jpg
c0188824_00575764.jpg
協力してくれたお礼にペレットをあげます
c0188824_00585715.jpg
指でサインを出すと
c0188824_01005878.jpg
お口を大きく開いてくれます。
高齢動物は歯が衰えて健康に影響することも多いので、健康状態をチェックしてくださっています。
そして先ほどガイドで説明してくださった、ラクダの口の中の構造も垣間見させてくださいました。
c0188824_01014457.jpg
では体重計に誘導
c0188824_01085571.jpg
ちゃんと体重計の上で静止できますよ。今回の測定結果は510kgでした。
c0188824_01153866.jpg
この新しい大型動物用体重計が導入されてから毎月体重を測ってくださっているので、体重の変化を追うことができるようになりました。
5月:470kg
6月:490kg
(7月:未公表)
8月:508Kg
9月:510kg

繁殖シーズンになるとオスのラクダはほとんど食べなくなり、体重が激減するので、5月は少ない数字でした。
でも夏になって食欲が戻ってむしゃむしゃ食べてくれてるので、また増えてきました。
ジャックが初めて体重を測ってもらった2016年11月は545kgでした。秋にはそのくらいまで戻ってくれるといいな~

娘のラフちゃんは642kgだそうです。流石ですね。

体温(直腸温)の測定も慣れたものです。
c0188824_01220966.jpg
健康診断に協力してくれた後は、大好物の練り餌でねぎらいます。ありがとうね~
c0188824_23411407.jpg

高齢ということもあり、春先の食が細る時期はみんな心配していたのですが、
食欲が出て痩せていた身体も戻り、しっかり立っていたり歩く姿を見れて安心です。
ジャック、これからもまだまだ元気でいてくださいね。
c0188824_23445462.jpg
(9月24日撮影)

by rakudateikoraku | 2018-09-28 00:07 | フタコブラクダ | Comments(0)
ジャックとお花見
天王寺で一番桜が綺麗な場所のひとつ、ラクダ前。
今年もまたジャックと一緒にお花見できて嬉しいです
c0188824_00401845.jpg
ジャックも桜見てるね。
c0188824_00262184.jpg
今日は気温も高くていいお昼寝日和。
c0188824_00170582.jpg
c0188824_00240873.jpg

c0188824_00134076.jpg
すっかりおじいちゃんになったジャック。
また1年健やかに過ごせますように。。。
また来年も一緒に桜を見ようね。
c0188824_00340556.jpg
(3月29日撮影)





by rakudateikoraku | 2018-03-30 00:49 | フタコブラクダ | Comments(2)
ブチハイエナ 愛さん&レイくんの親密な時間

天王寺のブチハイエナ夫婦 レイくん♂(右)と愛さん♀(左)です。
レイくんがたたずんでいると後ろから愛さんが近づいてきました。
c0188824_00044014.jpg

ハイエナの世界は女性上位。愛さんに気がついたレイくん思わず一歩よけます。
c0188824_00273765.jpg
愛さんが出てくると逃げていくことが多いレイくんですが、この日の2頭はちょっと違っていました。
追いかけない愛さん、その顔に近づくレイくん。
c0188824_00361756.jpg
口元にタッチ?
c0188824_00424370.jpg
なにやら楽しそうなレイくん
c0188824_00491252.jpg
「目上」の愛さんにご挨拶かな?
c0188824_01013032.jpg

レイくんも愛さんも嬉しそうに見えます
c0188824_01025579.jpg
愛さんからも挨拶返してる♪
c0188824_01080464.jpg
ふたりともいい表情です。
c0188824_01093936.jpg
追いかけっこまで楽しそう。ほのぼの♪
c0188824_01171808.jpg
愛さんからいってますね。こんなに仲のよいシーンはあまり見れません。
c0188824_01200951.jpg
これからのふたりに要注目です。
c0188824_01234733.jpg
(1月21日撮影)



by rakudateikoraku | 2018-01-24 01:27 | 食肉目 | Comments(0)
フタコブラクダ ジャックのお宅訪問

天王寺のフタコブラクダ舎に入らせてもらう特別なイベントが開催されるというので、満を持して参加してきました。
c0188824_00503259.jpg
大勢で押しかけてジャックに負担をかけないよう、定員は20名と少な目に設定してくださっていました。
定員を超えた場合は抽選ということだったのでドキドキ。。。
魅力的な抽選箱も用意くださっていたのですが、
幸か不幸か、定員に収まる範囲の人数の参加でした。
c0188824_00591221.jpg
管理通路に入れていただきます。
c0188824_04050169.jpg
お待ちかねのジャックが近づいてきてくれました。
c0188824_04060913.jpg
c0188824_04071153.jpg
今日ガイドしてくださる実習生、大阪ECO動物海洋専門学校のMさんとともに、管理通路をさらに奥まで進みます。
c0188824_04082820.jpg
ラフちゃんに会いに行った時 には、管理通路の手前半分まで入らせていただきましたが、
当時はオスのラクダは危険だからという理由で奥にはは入れませんでした。
最近では、TVのロケの時などに入らせていただきましたが、やはり手前まで。

いよいよラクダ舎のグラウンドに足を踏み入れます。
長年天王寺でラクダを見てきたけれど、グラウンドに立ち入ったのはこれが初めてなので感無量です。
c0188824_04100396.jpg
c0188824_04111156.jpg
c0188824_04130231.jpg
c0188824_04211226.jpg
c0188824_04212239.jpg
まだなの?と飼育員さんを可愛い目で見つめるジャック 笑
c0188824_04221159.jpg
Mさんのガイドを聞きながら、ジャックのトレーニングのデモンストレーションを見学です。
この日はお昼ごはんをあげるタイミングを調整していたので、ジャックはやる気満々で、
飼育員さんを追いかけて歩く早さがとても早いです。


トレーニング棒の先の緑色のターゲットにタッチしてくれたらお礼のおやつ(強化子)をあげます。
c0188824_04540331.jpg
単にタッチでなく先をくわえています。きらきらお目目で、チュッという口になっているのが可愛いです。
c0188824_04551777.jpg
c0188824_05002983.jpg
c0188824_05013587.jpg
c0188824_05040204.jpg
このついて歩くトレーニングを活かして体重計に乗ってもらい、先日体重を量ったそうです。
なんと545kgの巨体。
おじいちゃんラクダのジャックの性格がおとなしいのでこんな風にふれあうこともできていると言えますね。
c0188824_05052265.jpg
ジャックが楽しんでトレーニングに参加していることが間近で感じられて、本当に嬉しかったです。
c0188824_05095468.jpg
歯などの健康状態をチェックするため、お口をあけてもらうトレーニング。
c0188824_05113146.jpg
c0188824_05130696.jpg
c0188824_05144752.jpg
ガイドの内容はとても充実していました。Mさんの解説も立派なものでした。
砂漠のような乾燥地帯で生き延びるためのラクダの凄い能力をたっぷり紹介してくださいました。
体温を36度から40度まで上下させ、まわりの気温に体温をあわせて汗をかかない能力
水分をほとんど含んでいないウンチ
鼻の穴をふさいで、息をする時に無駄な水分が外に出ない能力
そして飲み水になかなかありつけないので、水があったら一気に最大80リットルも飲める能力。これには
参加者の皆さんもびっくり。
※ラクダがたくさんの水を一気に飲む能力については、当ブログの昔の記事「大森山のラクダさん再訪~その2 ラクダはすごい勢いで水を飲む
にて動画でご紹介しているのでよろしければご覧ください。

このイベントの予告されていた内容にはなかったのですが、
ここでサプライズ、参加者がジャックにニンジンスティックのオヤツをあげる機会をいただきました♪
ジャックにこちらに来てもらおうとしたのですが、
c0188824_05160875.jpg
ひざをついて
c0188824_05183092.jpg
座り込んでしまいました。こののんびりさや気まぐれさもラクダ、そしてジャックの個性であり魅力ですよね。
c0188824_05193113.jpg
トレーニング棒で呼んでみたら、立ち上がらず、匍匐前進の省エネ対応 笑
c0188824_05203065.jpg
近づくと期待に満ちたキラキラした目 笑
c0188824_02292871.jpg

しかたがないので、このトレーニングのあとにジャックが大好物のごはん「練り餌」をもらう場所に参加者が移動します。

c0188824_05240288.jpg
私もジャックにおやつをあげさせていただきました。
いくつかの動物園でラクダさんにおやつをあげる経験はしていますが、大人のオスラクダは初の経験ですし、
ジャックは身体が大きいのでドキドキします。
c0188824_05243811.jpg
c0188824_05251665.jpg
お口のモフモフと可愛いおめめ~
c0188824_05261249.jpg

嬉しそうな顔。練り餌も好きだけど、ニンジンもおいしいよ♪
c0188824_05273433.jpg
c0188824_02463276.jpg


ジャックがニンジンを一個口にする前に、都度、飼育員さんが手にしていたトレーニング棒を自発的にタッチしているのが律儀で面白いです。
c0188824_05425176.jpg
ジャックの一日の食事は、朝は青草、昼に練り餌、夕方に干し草をもらっています。
その中で「練り餌」は、ふすまや根菜、リンゴなどいろんなものが入っているので、
ジャックが楽しみにしている一番の好物のごはんです。
c0188824_05215396.jpg

お待ちかねの練り餌をあげます。
c0188824_05395238.jpg

ジャックが練り餌に夢中の間は、(管理下ですが)少しなら大丈夫ということで、身体に触らせていただきました。
ジャックの倒れたコブを手で持ち上げてみました笑。結構な重量です。
c0188824_05302438.jpg
可愛いお耳もつまませてもらいました。
毛皮越しでないジャックの体温を直に感じられて感激です。
c0188824_05380474.jpg
c0188824_05350074.jpg
身体のパーツもあちこち間近で観察させてもらいました。
c0188824_05295267.jpg

c0188824_05320542.jpg
ラクダの凄い能力や魅力を改めて学ぶことができ、そしてジャックと少しだけですがお近づきになれて
一生の記憶に残る素敵なイベントでした。
c0188824_05481484.jpg
食事を終えたジャックは座ってのんびり
c0188824_05492619.jpg
こういうじっとしている姿しか見たことがない方もいらっしゃるかもしれませんが、
でもこの日の朝はジャックは自発的にグラウンドを気分よく歩き回っていましたよ。お散歩トレーニングの成果があがっているのでは~
c0188824_05501951.jpg
c0188824_05514697.jpg
ジャック、これからも元気で長生きしてね。
c0188824_02570436.jpg

(1月21日撮影)





by rakudateikoraku | 2018-01-23 02:58 | フタコブラクダ | Comments(0)
天王寺のニホンリスさん
ここ数年空き家だった天王寺リス舎の左側の部屋に、福山市立動物園から2頭のニホンリスさんがやってきてくれました。
右:2017年5月10日生まれの男の子
左:2016年9月13日生まれの女の子
c0188824_01012955.jpg
尻尾がふさふさの方が男の子ですが、この日は寝転がって休んでいる時が多かったです。
c0188824_01064684.jpg
c0188824_01075639.jpg
c0188824_01090848.jpg
尻尾の毛は少し少ないけど、身体の大きいほうが女の子。活発に動いていました。
c0188824_01103941.jpg
c0188824_01112775.jpg
c0188824_01115849.jpg
c0188824_01133118.jpg
今は夏毛ですが、冬毛の姿の彼らに会えるのが今から楽しみです。
c0188824_01154708.jpg
(9月2日撮影)

by rakudateikoraku | 2017-09-06 01:16 | 齧歯類 | Comments(0)



ASPアクセス解析